シェアビレッジ

コミュニティづくりの民主化のためのプラットフォーム「Share Village」のアカ…

シェアビレッジ

コミュニティづくりの民主化のためのプラットフォーム「Share Village」のアカウントです。一人ひとりの参加によって運営が成立する「共創型コミュニティ」をつくることを目指しています。

マガジン

  • シェアビレッジの回覧板

    プロダクトや会社についてのお知らせをお届けします。システムのアップデート情報やFAQもこちらから。

  • システムアップデート・バグ修正レポート

    Share Villageのコミュニティオーナー向けWebアプリや、メンバー向けiOS、Androidアプリのアップデート情報をお届けします!

  • コモンズの再発明

    様々な領域や産業において共創型コミュニティを作り出し、プレイフルに社会のありようをシフトさせていくにはどうしたらいいのだろうか。その鍵になりえる「コモンズ」「共」についての調査や対話、検討の過程を共有し、コモンズの再発明について考えていく。

  • 語ってみた

    Share Villageに集まるキュレーターやコミュニティオーナーたちと焚き火を囲むような雰囲気で語っています。

  • 村づくりのニュースクール

    開催レポートなど、「村づくりのニュースクール」についての情報をまとめていきます。

最近の記事

2024年2月のアップデート情報

こんにちは、Share Villageの開発リードをやっている渡部です。このマガジンではShare Villageのコミュニティオーナー向けWebアプリや、メンバー向けiOS、Androidアプリのアップデート情報を随時お届けします! 支払履歴と領収書ページができました コミュニティへの支払履歴を、年単位、月単位でまとめて確認できるページができました。また、月単位で領収書を表示するページもあり、Webページを印刷することでも可能となっています。 バッジ機能を改善しました

    • 半径30km圏内の資源を生かして作るネオ集落「森山ビレッジ」の今までとこれから

      こんにちは。シェアビレッジ広報の鈴木です。 今日は森山ビレッジのWebサイト公開と一般宿泊受け入れ開始を記念して、丑田代表にネオ集落の魅力をお聞きしました! 公開した新Webサイトはこちら! ネオ集落「森山ビレッジ」って?鈴木:まずは、ネオ集落や森山ビレッジについて簡単に説明をお願いします。 丑田:森山ビレッジは、五世帯が言い出しっぺとなって建設を始めた、半径30km圏内の資源を生かして作る共同住宅です。 五城目にそびえる森山の森林資源を活かし、今まで取り組んできた茅

      • オーナー同士のつながりからコミュニティがつながる【コミュニティホッピング in 静岡】

        こんにちは!シェアビレッジ広報の鈴木です。 先日、静岡を舞台にコミュニティオーナーさんたちのトーク企画を開催しました。今回の記事では、そこで印象に残った場面を紹介します。 まだ動画を見ていない方はこの記事を読んでから気になるシーンをご覧ください! ゲスト紹介 ふるえる書庫 daichiさん 大阪府にて、本をコモンズとしたコミュニティ「ふるえる書庫」を運営。 ご自身もお寺のお坊さんで、住職のお父様の所有している本を管理する目的で、書庫を設立。家族だけで利用するのはも

        • 野生を探求する男達が謎パワーを感じた山で一晩泊まる前日談「再野生化の魔法」vol.2

          この記事は2023年10月14日(土)に開催されたzoom 談話を文字に起こした内容です。 トークしているのは「ラーニングビレッジ」代表の澤正輝(さわ・まさき)さんと「カイタク団」団長の滝沢久輝(たきざわ・ひさてる)さんと「ちんたら村」村長の山本和志(やまもと・かずし)の3人。 2023年11月11.12日に開催される高宕山合宿に向けての心境や期待を語り合う前日談となります。 自らの感覚と身体性を頼りに「再野生化の魔法」を探っていこうとする3人の話を楽しんでいただければ

        2024年2月のアップデート情報

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • シェアビレッジの回覧板
          シェアビレッジ
        • システムアップデート・バグ修正レポート
          シェアビレッジ
        • コモンズの再発明
          シェアビレッジ
        • 語ってみた
          シェアビレッジ
        • 村づくりのニュースクール
          シェアビレッジ
        • Share Villageはじめて講座
          シェアビレッジ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          お金についてぶっちゃけトークしたら現代の共助の形が見えてきた【暮らしのポートフォリオ】

          こんにちは! 暮らしのポートフォリオシリーズ。今回はお仕事とお金について話してみました。 気になっていてもなかなか話しづらいテーマから、現代社会における共助についてまで、いろいろお話しています! 今回お話するメンバー 丑田:シェアビレッジ代表。五城目でネオ集落「森山ビレッジ」を建設中。 akapos:立川で会社員をしながらラッパーとして音楽活動をしている。 清田:フリーランスとして沼津や東京などでバイオリンを弾いている。 澤:フリーランス。以前は島根県の隠岐の島で活動し

          お金についてぶっちゃけトークしたら現代の共助の形が見えてきた【暮らしのポートフォリオ】

          【新】ちんたら村との新しいプロジェクト「再野生化の魔法」が始まります。

          この記事は、2023年9月5日(火)に開催されたオンラインでのトークイベント「再野生化の魔法」のダイジェスト版です。 トークしているのは「ちんたら村」村長の山本和志(やまもと・かずし)さんと「ラーニングビレッジ」代表の澤正輝(さわ・まさき)の2人。2023年は春と夏に2泊3日の企画をちんたら村で主催し、秋以降の企画を検討していく中で出てきたキーワードが「再野生化」でした。 ヨーロッパやアメリカを中心に広まりつつある言葉で、2人は「実は違和感がある」と口をそろえつつ、その可

          【新】ちんたら村との新しいプロジェクト「再野生化の魔法」が始まります。

          感情の赴くままに一歩踏み出してみる【暮らしのポートフォリオ】

          こんにちは。今回の暮らしのポートフォリオシリーズは、前回に引き続き「ブックスマートで生きるかストリートスマートで生きるか」の後編です。 お先に前編をお読みいただくと倍楽しめます! ブックスマートで生きるかストリートスマートで生きるか①【暮らしのポートフォリオ】|シェアビレッジ (note.com) ブックスマートとストリートスマート今回の記事では「ブックスマート」と「ストリートスマート」をこのように定義しています。 ブックスマート:知識の中で生きていくことに長けている人

          感情の赴くままに一歩踏み出してみる【暮らしのポートフォリオ】

          狩猟採集民から学ぶ「育てない」という感覚

          「育てる」「所有する」「管理する」「生産性を上げる」「定住する」 あたりまえじゃん!と我々が思っている概念の結構な多くは、農耕社会がはじまってから定着してきた。 都市化や資本主義の発展、教育システムも、そのパラダイムと地続きにある。 農耕的な概念や営み(「農耕OS」と呼んでみる)は、生存のための基盤をつくり、社会を安定させ、様々なストックを生み出してきた。 同時に、それが故に、集団内のヒエラルキーが生まれたり、所有による争いが生まれたり、画一的な評価のものさしが生まれた

          狩猟採集民から学ぶ「育てない」という感覚

          akaposゼミ第二弾「旅するクリエイターゼミ」

          こんにちは!akaposです。 ラーニングビレッジで第一期となるゼミ「ストリートからコミュニティをはぐくむ」が終了してから早2ヶ月が経過しました。 この2ヶ月間を使って、あらゆる方ともっと面白いことが起きるような、第二期のゼミの企画を考えてました。 妄想が固まってきたので、この記事では、第二期のakaposゼミの企画の公表と募集をしようと思います!! (執筆後記) 想いのまま記事にしたところ、なかなかの文量になってしまったので、第二期のakaposゼミのサマリをまとめてみ

          akaposゼミ第二弾「旅するクリエイターゼミ」

          【コミュニティ交流企画】 ふるえる書庫×ぬまつー(村)

          こんにちは。Share Villageキュレーターの清田です。 実は私、ぬまつー(村)の村長でもあります。 今回はコミュニティ交流企画ということで、ぬまつー(村)のメンバーと一緒にふるえる書庫を訪問してきました。 まずはそれぞれのコミュニティと、今回ご参加いただいたコミュニティメンバーの皆さんをご紹介します。 ぬまつー(村)静岡県沼津市のローカルメディア『ぬまつー(仮) 』のライター、読者による、沼津をもっと楽しむためのコミュニティ。 しまやん(右) ぬまつーライター

          【コミュニティ交流企画】 ふるえる書庫×ぬまつー(村)

          ブックスマートで生きるかストリートスマートで生きるか【暮らしのポートフォリオ】

          久しぶりの「暮らしのポートフォリオ」シリーズです! 今日は「ブックスマート」と「ストリートスマート」についてお話していきます。 今回お話するメンバーは、ブックスマート?ストリートスマート? 今回の記事では「ブックスマート」と「ストリートスマート」をこのように定義しています。 ブックスマート:知識の中で生きていくことに長けている人 ストリートスマート:現場で生きていくことに長けている人 半田理人 ビールと郷土料理を愛するシェアビレッジ町村の家守。大学卒業後、銀行員、大

          ブックスマートで生きるかストリートスマートで生きるか【暮らしのポートフォリオ】

          2023年6月のアップデート情報

          こんにちは、Share Villageの開発リードをやっている渡部です。このマガジンではShare Villageのコミュニティオーナー向けWebアプリや、メンバー向けiOS、Androidアプリのアップデート情報を随時お届けします! バッジ機能 コミュニティメンバーにバッジを付与できる機能をリリースしました!コミュニティのオーナーは好きな画像を使ってバッジを作成でき、任意のメンバーに付与することができます。 先月リリースしたイベント機能と組み合わせて、イベントを完了した

          2023年6月のアップデート情報

          2023年5月のアップデート情報

          こんにちは、Share Villageの開発リードをやっている渡部です。このマガジンではShare Villageのコミュニティオーナー向けWebアプリや、メンバー向けiOS、Androidアプリのアップデート情報を随時お届けします! イベント機能【2023/5/7】 コミュニティの活動への参加や、コミュニティに関する様々な体験を促したり状況を管理できる機能をリリースしました! コミュニティオーナーは管理ページからイベントを登録したり、参加者の一覧を確認したりできます。

          2023年5月のアップデート情報

          「本気」を出す機会が減ってきている?~暮らしのポートフォリオ~

          このシリーズも、早くも4回目。前回のテーマは「暮らしを良くするためにやっていること」でしたが、今回は「暮らしを良くするためにやってみたいけど、できていないこと」についてお話していきます。 今回お話するメンバー 半田:Share Villageキュレーター。秋田県五城目町在住。クラフトビールづくりについて研究中。 akapos:Share Villageキュレーター。東京都立川市を拠点にラッパーとして活動している。 清田:Share Villageキュレーター。2021

          「本気」を出す機会が減ってきている?~暮らしのポートフォリオ~

          akaposゼミ「ストリートからコミュニティをはぐくむ」 #1〜11総まとめレポート

          こんにちは!akaposです! 昨年10月より、トライアルから始めたakaposゼミ「ストリートからコミュニティをはぐくむ」が、4月をもって第一期を終了いたしました。 ラーニングビレッジとしても、自身としても初めてのゼミの開講ということで、総まとめ的なレポートですが、ゼミオーナーとしての苦悩や葛藤にも触れていきたいと思います。 立ち上げのきっかけラーニングビレッジの運営メンバーとして、「何かゼミをやってみないか」というのがきっかけでした。 もともと、「ヒップホップとコミュ

          akaposゼミ「ストリートからコミュニティをはぐくむ」 #1〜11総まとめレポート

          シェアビレッジ町村の宿泊受け入れを再開します。

          【シェアビレッジ町村、再開します】 こんにちは!Share Villageの半田です。 5月2日はシェアビレッジプロジェクト周年記念日。 そして開村8周年となる本日、シェアビレッジ町村の稼働再開をお知らせします。 これまでのシェアビレッジ町村 シェアビレッジ町村は、「年貢を納めて村民になろう」という合言葉のもと、茅葺古民家を村に見立て、地域内外の人々と村づくりを行ってきました。 そんなシェアビレッジだからこそ、コロナ禍により村民が往来できない状況が続き、大変苦しい期間

          シェアビレッジ町村の宿泊受け入れを再開します。