立教男子ラクロス部SAINTS 報道班

立教男子ラクロス部 報道班の情報発信アカウントです。 「選手特集記事」「対談記事」「ハイライト動画」等を発信していきます!

立教男子ラクロス部SAINTS 報道班

立教男子ラクロス部 報道班の情報発信アカウントです。 「選手特集記事」「対談記事」「ハイライト動画」等を発信していきます!

    マガジン

    最近の記事

    【選手名鑑Vol.13 安藤一樹】ーSaints1熱い男が今、語ることー

    今回取材に応じてくれたのは、3年MFの安藤一樹だ。Saints入部理由やコロナ禍で思うこと、自身の目標などから安藤一樹という人物を説いていく。 1  SAINTS へ入部  「もともと大学では遊ぼうと思ってた」  そう答えたのは、SAINTS きってのラクロスに熱量を注ぐ安藤。そんな彼から発せられたの は意外な言葉だった。  小さい頃からスポーツに打ち込んできた彼は、高校で野球を三年間やり切ったこともあり、 大学ではサークルに入ろうと思っていた。だがサークル勧誘の日。

    スキ
    10
      • 【選手名鑑Vol.12 土田尚輝.土田光里】ープレーする側とサポートする側。立場は違えど見ているものは同じ。彼らが目指す目標の先にある景色とはー

        今回取材に応じてくれたのは、4年ATの土田尚輝と、1年STAFFの土田光里の兄弟である。SAINTS入部の背景にはどんなものがあったのか。またそれぞれの目指す目標はどこにあるのか。これらについて、彼らのありのままの言葉をもとに述べていきたい。 1 ラクロス部入部のきっかけ もともと小学生から野球を続けてきた土田尚輝。 彼は小学校6年生の時にベースターズジュニアに、800人ほどの受験者から18人しか通らないという高倍率の中から合格し、また高校では県ベスト8に入るなどその活

        スキ
        12
        • 【選手名鑑 Vol.11 小泉真.貞弘海】 ー引き継がれ、引き継いでいく。彼らが語る立教FOの未来とはー

          今回対談するのは、3年FO小泉と、同じく3年FO貞弘。 高校時代から同じ部活動に所属していた二人に迫った。 彼らが語るFOの未来とは。 1.なぜ、SAINTSに 「もう、剣道にはケジメを付けたいと思った。」 と、彼らは言う。 貞弘は12年間、小泉は11年間と、学生時代の大半を剣道に注いできた彼ら。 両者とも県大会出場や全国大会入賞など、華々しい結果を残している。 10年間以上の年月をかけて続けてきたスポーツに区切りを付け、ラクロスという新たなスポーツに挑戦する。 その

          スキ
          9
          • 【選手名鑑Vol.10 後藤駿太】ーFOリーダーを担う彼が、自身の原点であるフェイスオフについて語ること。その先にある未来とはー

            「部員のモチベーションの源泉になりたい」 自粛期間のいつかのzoomミーティングで、後藤はこう言っていた。 現在ではチーム内に留まらず、ラクロス界全体にも影響を与える後藤。学連委員長や副将として度々脚光を浴びてきた彼だったが、彼の原点は今までも、そしてこれからもフェイスオフ(FO)というポジションにある。今回は、FOとしての後藤の素顔に迫る。 ラクロスの試合はこのフェイスオフ(FO)をもって開始される。審判の笛を合図にフィールドの中央で2人がボールを激しく奪い合い、会場

            スキ
            20

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【選手名鑑】礎世代(現役4年)
            立教男子ラクロス部SAINTS 報道班
          • 【選手名鑑】ROOKIES(1〜3年生)
            立教男子ラクロス部SAINTS 報道班
          • 【対談記事】
            立教男子ラクロス部SAINTS 報道班

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【選手名鑑Vol.9 佐久山颯人】 ーSaintsの絶対的エースのラクロス人生ー

            チームの絶対的エースである佐久山。順風満帆に見える彼のラクロス生活に秘められた本当の思いとは。 苦悩と成長幼少期から高校までサッカーに明け暮れていた佐久山。中学時には埼玉県選抜に選ばれ、高校時代にはその圧倒的な実力でチームを牽引するエースとして活躍した。 そんな彼であったが大学ではラクロスを選んだ。「小さい頃からサッカーの日本代表に憧れていた。サッカーでは叶わないかもしれないが大学から始められる、努力でどこまででも実力を伸ばせるラクロスで日本代表になって、周りから憧れられ

            スキ
            19

            【選手名鑑Vol.8 津金澤拓】 ーDFに捧げた10年間 。その裏には、彼の徹底した「準備思考」があったー

            【ディフェンス(Defense)】:スポーツ競技において、得点されるのを防ぐ目的でオフェンス(攻撃側)の意図を読み、これを邪魔することである。あるいは、守備側のサイドや守備にあたる選手そのものを指す。 (ウィキペディア引用) 『立教DFの礎』 誕生。 今年、立教のディフェンスに新たな規範が誕生した。これまで曖昧だったDFの戦い方を纏めたもので名付けて『立教DFの礎』。 今年のDFコンセプトである、『個で負けないマンツーマンDF』や『ポゼッションを奪い、攻撃に繋げるDF』

            スキ
            22

            【選手名鑑Vol.7 星一生】 ー学生コーチとエース。前代未聞の二足草鞋に挑戦する彼の野望に迫るー

            自粛期間、SAINTSで最も大きな決断をした一人の男がいた。 今回の主役、星一生。 ATとして活躍し、昨年はBチームをFinal4に導いた。 そんな彼がした大きな決断とは。 またそれに秘めた想いとは。 現在の胸の内を、赤裸々に語ってもらった。 1、勝因になった実感 昨年、Bチームは全国準優勝という功績を収めた。 Bチーム史上初のFinal4進出に、チームは最高潮の盛り上がりを見せたことは、言うまでもない。 しかしそんな華々しい成績を収めたBチームも、発足当初は練習

            スキ
            10

            【選手名鑑特別版 元学生コーチ河野瑞希】-SAINTSに革命を起こした『礎』の立役者-

            「WILL」 「BITE」 「無双」 「FORCE」 歴代のチームスローガン。 各代の「想い」が一つの言葉へと集約されてきた。 そして、今年のスローガンは『礎』。 継続的な強い立教を作りあげるため、立川筆頭に大規模な組織改革が行われてきた。 しかし、 『礎』という言葉を語るにあたって、重要な男が1人。 「接点」「卍」… 数々のパワーワードをSAINTSへと生み出してきた男。 今回の主役は、元学生コーチ河野瑞希。 今の4年が1年の頃、彼らを関東制覇へと導いた。

            スキ
            17

            【選手名鑑Vol.6 根谷崎天音】 −「出来マネ」 そう言われ続けるのには理由があった。確かな実力と信頼でスタッフを牽引する彼女に迫る−

            「四年間捧げて、正解でした。 あと少し、全力でやりきる準備はできています」 誇らしい表情でそう語るのは、スタッフリーダーの根谷崎天音だ。 選手、スタッフ、コーチ陣。全方面から圧倒的な信頼を集める彼女の軌跡に、密着した。 1、セインツとの出会い 「『絶対今年一部に上がるから! そんな組織を、支えてみないか』 って、すごく自信満々に*たろいちさんに言われたんです(笑)」 *現在プレイングコーチを務める19卒川島市太郎 両親の勧めもあり体育会への入部を考えていた彼女は

            スキ
            17

            【選手名鑑Vol.5 瀬下有加】ー 「スタッフは雑用係じゃない」 天真爛漫・SAINTSの元気印。  彼女が本気で目指すスタッフ像とはー

            「大学以前までは、行き当たりばったりのハッピーライフを送ってきました。」 そう恥ずかしそうに笑いながら話すのは、今回の主役である2年マネージャーの瀬下有加。選手名鑑史上初のスタッフの登場である。 新入生に向けた栄養説明会の開催、部員を対象とした栄養情報発信用のインスタグラムの開設、度々行われる幹部ミーティングにも2年生でありながら意欲的に参加する。 ついこの間まで「人懐っこい甘えん坊の1年生」という印象だったが、現在は様々な場面で意欲に溢れ、頼もしい姿を見せる。今回はそ

            スキ
            19

            【選手名鑑Vol.4 松葉由剛】ーSAINTS絶対的守護神の苦難と展望ー

            立教大学男子ラクロス部SAINTS、3年にしてユースのアメリカ遠征でも大活躍、鉄壁の守護神である松葉。 彼はいかにしてラクロスと出会い、ゴーリーというポジション転換を決断し、ゴーリーにのめり込んでいったのか。 ラクロスとの出会い幼少期から野球を続けてきた松葉。松葉は高校の野球部を引退した直後に立教大学の硬式野球部から声がかかるほどの実力者でもあった。しかし松葉は大学では勉学に勤しむことを決めていたためその誘いを断った。そんな中、中学時代の野球部の先輩であり、ラクロス部でAT

            スキ
            20

            【対談】主将×副将 ー新入生に今、伝えたいこととはー  立川将希・後藤駿太

            2020年7月18日。立教大学男子ラクロス部の入部式が行われた。例年であれば厳かな立教大学のチャペルで開かれる毎年恒例の入部式が、今年は異例の形式、オンライン上での実施となった。総勢150名を超える部員・コーチ陣が画面越しに集結した。 このような状況の中、39名の新入生が当部へ入部を決めた。ラクロスという新しいスポーツ、セインツという組織に期待と不安を交えつつも、これから過ごす日々に胸を躍らせているセインツ新入部員たち。 そんな彼らに今、主将・副将が伝えたいこととはーーー

            スキ
            27

            【選手名鑑Vol.3 丸田篤幸】 ー学生コーチへ転身した裏側にはー

            立教男子ラクロス部には150名を超える部員が所属しており、それぞれが様々な方法で部に貢献している。フィールドプレーヤーからゴーリーへの転身、治りづらいとされる怪我など色々な経験をしてきた4年丸田。そんな彼は学生最後の一年間、部に貢献する方法として「学生コーチ」という道を選んだ。彼の秘めた想いに迫る。 悔しい経験中学・高校と一生懸命に部活をやり切ったとは言えなかった丸田。 入学してすぐの4月の新歓でラクロス部の雰囲気に惹かれた丸田は、最後の学生生活くらいは打ち込んで、努力でき

            スキ
            42

            【選手名鑑Vol.2 井上翔太】 「まだ追いつける」 ー全治10ヶ月の大怪我から悲願のAチーム入り。3年の彼が見据える未来とはー

            2020年2月29日 リーグ戦メンバー発表当日。 ヘッドコーチの口からロングミッドフィルダーとして2名の選手の名前が挙げられた。 そのうちの一人が今回の主役、3年 井上翔太。 全国強化指定選手である4年高貝亮太に続いての選出だった。 現在、ラクロス協会での委員会活動や経営学部の学生としても活躍している彼は、どのようにして成長してきたのか。なぜAチーム入りを果たすことが出来たのか。彼の過去に迫った。 -------------------------------------

            スキ
            11

            【選手名鑑Vol.1 高島遊】 Bチームから世界へ ー躍進を支えた職人並みの愚直な努力ー

            2020年1月初旬、一人の男がアメリカでの世界トッププレイヤーとの激闘を終えてSAINTSへと帰ってきた。彼は今回のブログの主役である高島遊。新4年AT(アタック)で背番号は6番。今年からチームのATリーダーを務める。U25日本代表のメンバーに選ばれた彼は元旦から7日間、アメリカ・カナダのナショナルチームと激戦を繰り広げた。 ー最初の挫折ー現在では日本代表に選ばれるまでに成長し、順風満帆なラクロス人生を歩んできたように思える彼だが、そこに至るまでの道のりは決して平坦ではなか

            スキ
            15

            ㊗️立教男子ラクロス部 報道班note開設

            初めまして、立教男子ラクロス部の報道班です。 この度、報道班の情報発信媒体としてnoteの専用アカウントを開設致しました! とはいえそもそも、 ・立教男子ラクロス部って? ・報道班って?    という疑問が生じると思います。以下簡単にご説明をします。 ✔️ 立教大学男子ラクロス部とは? 関東学生一部リーグに所属している、部員120名の体育会ラクロス部です。関東地区のラクロス部42校のうち、上位12校が一部リーグに所属します。 私たちは2017年に悲願の一部昇格を果

            スキ
            13