絵本風味のものがたり・詩など

4

うまれたそのしゅんかんに

あなたに

大きな声で泣くという才をあたえましょう

ことばをはなすことはできません

じぶんでおきあがることも

ねがえりをうつこともできません

ただ

大きな声で ちからいっぱいに

泣くという才をあたえましょう

 

声をだしてわらうことも

えがおのひょうじょうを つくることも

さいしょは できません

まず なによりも

泣くという才をあたえましょう

それがゆいいつ

あなたが 

もっとみる
ありがとう。げんきがでました!٩(๑´0`๑)۶
30

はらぺこぽこねんのうた

はらぺこ ぽこねん

ぺこ ぽこ ねん

おなかが すいたよ

ぺこ ぽこ ねん

やかんが ふっとう

ぽこ ぽこ ぽこ

かっぷに そそいで

こぽ こぽ こぽ

かんづめ あけて

ぺこ ぺこ ぺこ

もひとつ おまけに

こっぺぱん

はらぺこ ぽこねん

ぺこ ぽこ ねん

ぽこ ぺこ ぐう ぐう

ぱく ぱく ぱく !

ぺこぺこ ぽこねん

ぱく ぱく ぱく !

おなかも ぽっこり

もっとみる
うれしいですっ(๑˃̵ᴗ˂̵)و 今日もよい日を!
13

はるって なあに?

「もうすぐ はる が やってくるのよ」

おかあさんねこは うれしそうに いいました。 

ふゆのはじめに うまれた こねこ。 

まだ はるを しりません。

「おかあさん はるって なあに?」

「そうねぇ。 はるは、 ぽかぽかして きもちのいいものね。 

 おかあさん はる が だいすきなの」

ふうん、と こねこは つぶやいて。 

しばらくして パッ と 目をかがやかせました。 

もっとみる
ありがとうございます(*´-`*) しあわせ〜
5

ちいさな木 の ものがたり

ある もりのはずれに ちいさな木が ありました。

ちいさな木は ふしぎでした。

「まわりは みんな せのたかい にいさん ばかりなのに 

 ぼくは どうして こんなに ちっぽけなんだろう」 

ちいさな木は ちょっと かなしかったのです。

せのたかい にいさんたちは ちいさな木より 

ずっと ずっと うえのほうで

ざわざわ ざわざわ。

いつも たのしそうに おしゃべりしているようでし

もっとみる
あー、めっちゃうれしいです。ありがとう☆*
6