新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アートファームBulldozerがポストコロナのイノベーション創出に向けて甘えて欲しい3つのこと

家にいる時間が長くなってから久しく、もはやコロナウイルスが流行する前の生活スタイルを忘れ始めてしまったが、どれくらいの人の生活が変わったのだろうか。

3月は個人として、会社としてできることが何なのか、いまいち見つけることができなかった。しかし、今月に入ってからできることが見えてきた。
緊急事態の中でこれまでの当たり前がどんどん崩れていくのを見る中で、ポストコロナに起こるイノベーションの息吹も感じワクワクし始めたからだ。
このイノベーションの種をムーンショットにしていくためには、これまで通りに冷静に客観的に分析していける思考力に加えて、こうした予測不能な事態の中で、いかに柔軟に変化していけるのか、自分の正解を正解にしていくのかというアートシンキングでやっているような要素も重要になってくると感じた。

ポストコロナ後を立て直すための人材育成・能力開発が急務だと感じ、私自身も自己研鑽期間として過ごす中で、提供できるものが形になってきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ポストコロナのイノベーション創出に向けて甘えて欲しい3つのこと


①リモートワークの放課後 Wisdom Share部

リモートワーク の放課後 WisdomShare部


<内容>
自分にとって当たり前の知識や習慣は、誰かにとってのWow!かもしれない。デンマークKaospilot留学時にクラスメイトから教えてもらったもので、当時はサーカスで働いていたスウェーデン人のクラスメイトがシェアしてくれた宙に浮かぶ体験が印象的だった。

<ポイント>
✔️Zoomで毎晩20時から40分間で2トピック、10名ほどが参加
✔️職種・国籍の異なる参加者から、想像を超えたインプットがある
(モロッコ人のエンジニア、元看護婦のバンライファー、コンサルタント等)
✔️無料で参加出来る

<なぜやるか?>
BulldozerにとってWow!という感覚は、とっても大切なもの。デンマークで感じたWow!を、外出できない今こそ共有したいと思った。
#Stayhomeで刺激不足の人の役に立ってこそ、パラダイムシフター(私の肩書き)。ポストコロナに向けて、自己研鑽の目的でも活用いただきたい。

スクリーンショット 2020-04-07 20.38.36

<参加方法>
オフラインながら良い場の雰囲気を醸成するために、セーフティースペースとなることを心がけています。FBのBulldozerのページ、もしくはTwitterよりメッセージでお問い合わせください。
https://www.facebook.com/Bulldozer2018
https://twitter.com/emiwatson1

②新入社員向けオンライン研修1ヶ月パック

スクリーンショット 2020-04-08 12.06.56


<内容>
ビジネスマナーから、ロジカルシンキング、最先端のアートシンキングまでを最短で身につけられる。Zoomを活用して、毎日2時間、座学やグループ演習などを組み合わせたカリキュラムを構築。非常事態なこと、オンライン活用することから、これまでの経験で実践の中で重要だと感じるポイントを凝縮したプログラムを提供。

<ポイント>
✔️オンラインで一気通貫で必要な内容がカバーできる
✔️ポストコロナに対応できる実践力の育成
✔️先見性・柔軟性のある未来のリーダー人材の育成


<なぜやるか?>
コロナの影響で経済活動が停滞し、企業売上が減少する中で、低コスト短期間で集中的に、実践力と先を見越して行動できる柔軟性を持った人材育成が急務だと感じている。しかし、企業の中は緊急対応でそれどころではない。新入社員が自宅待機するだけで育成できていない現状に、もどかしさを感じていた。そんな中、自分の外資系コンサルティングファーム勤務の経験や、アートシンキング事業から、弊社でなら幅広く対応できることに気づき、パッケージ化。

<資料請求方法方法>
info@bulldozer.site宛てに、件名に「新入社員向けオンライン研修1ヶ月パック」を入れてご連絡ください。


③10枚でわかるアートシンキング

オリジンベースド・ アートシンキング (アート思考) (1)

アートシンキングのエッセンスをまとめた10枚をスライドシェア等に格納予定です。出来上がったら、またFacebook, Twitter, note等でご案内いたします。


最後に、、、
この人どんな人なんだろう?って思った方、こちらをご覧ください!
https://www.asahi.com/ads/start/articles/00271/
https://an-life.jp/article/1207

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様に頂くサポートは、私がインスピレーションをシェアできているという事を理解するキッカケとなります💡パラダイムシフトを起こすまで、wowを届ける原動力をお願いします💛

Bulldozer 嬉しすぎて全速力!
19
元IBMコンサルタント。クリエイティビティを求めcoconogaccoで学んだ後、デンマークKaospilotへ留学。ロジカルとクリエイティブを掛け合わせた、独自のアート思考を開発。常識の枠を超え「速く、たくさんの解」を導くイノベーションファーム株式会社Bulldozer設立。

この記事が入っているマガジン

Bulldozerのアートシンキング
Bulldozerのアートシンキング
  • 27本

アートシンキングの中でも、ビジネスで実践できるフレームワークが唯一体型立てられた"オリジンベースド・アートシンキング"。芸術家の思考回路からイノベーションの種が見つかる脱常識思考として、解説や世の中の考察を記事にしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。