パンデミックとわたしと

新型コロナウイルスによるパンデミック下の状況において、さまざまな人の日常や精神的・内面…

パンデミックとわたしと

新型コロナウイルスによるパンデミック下の状況において、さまざまな人の日常や精神的・内面的なレベルで起きているさまざまな記録を積み重ねていくnoteです。

マガジン

最近の記事

鉛筆(藤本玲未)/ぽろぽろぽろ(龍翔)

鉛筆2021年7月23日 このごろの心象風景は森の中だ。山のふもとで、適度に日の光が差し込み、川のせせらぎと鳥のさえずりがきこえる森だ。鬱蒼としてもいないし、じめじめと暗くもない。ただ一人である。一人で、木の根っこにつまずきそうになったり、ぬかるみに嵌まりそうになったり、そこらへんの実を食べてみたらあまりに酸っぱかったり。 それは私の不注意だ。そして雨が降るのは自然なことだし、暑くても寒くても、天候は仕方がない。こちらは備えるのみ。でも、備えてもどうしようもない場合がある

    • 桜は散り、ツツジは咲き、そして牡丹は(河嶌レイ)/[インタビューズ](竹内亮 )

      桜は散り、ツツジは咲き、そして牡丹は2021年5月10日 歩き慣れた歩道の脇には、たくさんの花々が咲いている。もうすでに桜は散り、木の枝は緑の葉に覆われている。そして色とりどりのツツジは満開を誇り、突然雨が降り注ぐ。季節は目や耳、そして匂いで感じ取るものだ。体が季節の記憶をたぐり寄せるから。 去年の春も、同じことを考えていた気がする。丸10年住んだシンガポールより帰国してから初めての春で、もう4月なのに、桜の花びらの上に雪が降り積もった日もあった。雪に抱かれた桜は、この世

      • ぱさぱさとしたところから(門脇篤史)/ラッキーガールの道行き(生田亜々子)

        ぱさぱさとしたところから2021年2月14日 去年の6月末頃、8年くらい通っているバーに久しぶりに行った。 緊急事態宣言が解除になって6月に入ると、空気はそこまで張りつめたものではなくなっていた。感染状況がぶり返して来る前に、そのバーに一度顔を出しておきたいと思ったのだ。バーは京都の繁華街にあり、私はそこから電車で1時間弱の郊外の街に住んでいる。 バーの扉を開けると、「久しぶり」とマスターが笑っていて、妙に安心してしまった。まだ他の客はいない。久しぶりの来店を詫びながら

        • 庚子はしりがき(十谷あとり)/去年の2月頃からのこと(とみいえひろこ)

          庚子はしりがき2020年10月7日 二〇二〇年の春から夏、どう過ごしていたか、思い出せることを書き出してみたい。一生活者の体験の断片も記しておくことで後々何かしら意味を持つかもしれない。そうであればいいと思う。 一月某日 中国の武漢という街で新型ウイルスによる感染症が出ているとのニュースを見聞する。観光客の移動に伴って、早晩大阪にやって来るだろう。今年の春節は一月二十五日。 二月某日 まだ手にしていない絶望もあるはず武漢のおんなら舞えり  髙瀬一誌 twitterのタ

        鉛筆(藤本玲未)/ぽろぽろぽろ(龍翔)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 著者名一覧
          パンデミックとわたしと

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          [インタビューズ](文月郁葉)/日記にも書けない(奈良絵里子)

          [インタビューズ]片方はなくなられたいのちのために灯す火。もう一本は今生きているいのちへの火2020年8月7日 ——この質問をお送りしているのが、全国の緊急事態宣言が解除されて、Go To トラベルキャンペーンが始まろうとしているタイミングです。暮らしている地域やご自分のいる環境によっていろいろだと思うのですが、そしてざっくりした質問なんですが、「コロナ禍」と言われ出してからここ最近はどうですか、お元気ですか。 現在、私はいわゆる観光地や別荘地と呼ばれている場所に職を得て

          [インタビューズ](文月郁葉)/日記にも書けない(奈良絵里子)

          パンデミック(多賀盛剛)/妖精・一秒の重さ(山本夏子)

          パンデミック 2020年8月2日 5月にかいた日記をよんだ、 2020/05/11 19:23 うちくだかれた予期が、 たくさんあって、 ぼくらのいきていきかたに、 えいきょうあたえてる、 これはアンドレブルトンが ゆうたことを、 ぼくが日記にかいた、 この日にゆうてない、 アンドレブルトンは もうしんでる、 何十年もまえにしんで、 これはしぬ何十年もまえにゆうた、 もう、 おこらへんかったことの、 つづきとしていまがあるような、 これから、 こうやって書きすすめるこ

          パンデミック(多賀盛剛)/妖精・一秒の重さ(山本夏子)

          自称エッセンシャルワーカー (大橋春人)/諦めるにはまだ早い(福山桃歌)/春の転校生(涸れ井戸(海音寺ジョー))

          自称エッセンシャルワーカー2020年7月25日 準備ならできていたはずだったのにウィルスは来る満ち潮のごと サッカーも野球も欠けた週末をただ働いて過ごすのみなる 日常は押し寄せてくるコロナコロナみんなコロナと口に出しつつ 「十日ほど待ってくださいメーカーもコロナのせいで困ってるんです」 (こんな時期にメガネが欲しいと言う人のまぶたの奥のお花畑よ) 「コロナとか知ったことかよ出来るだけ早く眼鏡を作ってくれよ」 (日常は続くだろうにウィルスを言い訳にするお前が憎い)

          自称エッセンシャルワーカー (大橋春人)/諦めるにはまだ早い(福山桃歌)/春の転校生(涸れ井戸(海音寺ジョー))

          古本屋は『普通』に開いているほうがいい(みつづみゆきこ)/パンデミックとわたしと詩歌(笹川諒)

          古本屋は『普通』に開いているほうがいい 2020年7月23日 じわじわと日常が奪われていってしまうのではないか。そう思えた2020年の春。 まちのちいさな古本屋である「古書みつづみ書房」は、書店、古書店、図書館が動きを止める中でも休まず通常営業していた。それは7月の今も続けていて、結局わたしは、大半の人が過ごしていた「巣篭り」「自粛」生活を経験していない。 店を休業して自宅でじっとしていなかったのは、会社勤めの夫がリモートワークでずっと家にいることになったため、リスク分

          古本屋は『普通』に開いているほうがいい(みつづみゆきこ)/パンデミックとわたしと詩歌(笹川諒)

          [インタビューズ]私の職業は消防士です/雨虎俊寛(後編)

          2020年7月11日 (前編よりつづく) ——2月あたりからの睡眠や食事、体調や精神的な変化はありましたか? 4月から極端に変わりました  4月から極端に変わりました。4月からは休みの日に寝溜めするようになりました。免疫力を保つために酒量も減らすようにしたので体調が思わしくないということが無いように過ごしました。 発熱すれば出勤禁止になりますし、周囲へ不安をかけることになるので健康管理には気を使いました。精神的には漠然とした将来への不安感はありましたが、持ち前の「な

          [インタビューズ]私の職業は消防士です/雨虎俊寛(後編)

          [インタビューズ]私の職業は消防士です/雨虎俊寛(前編)

          2020年7月11日 ——「自粛の要請」や「三密の回避」「Stay at Home」などによる影響はどんなものがありましたか?  恥ずかしながら浅学なもので文章が拙く、分かりにくい内容があるかと思いますがお許しください。  私の職業は消防士です 私の職業は消防士です。自粛の要請に関しては4月に入って職場からは世間一般の方より厳しめの禁止を含むものを言い渡されました。禁止の内容としては出勤以外の外出禁止(例外として生命維持のための最低限の買い物のための外出は許可する)、及

          [インタビューズ]私の職業は消防士です/雨虎俊寛(前編)

          令和二年春(曾根 毅)/新たな旅びと・はじめてでいち度きり(ミカヅキカゲリ)/ハワイ~回生の時(シンタニ優子)

          令和二年春 2020年7月1日 花篝から戻り来て手を洗う 花曇り孤独の上に本を積み 手作りのマスクのねじれ都市封鎖 クラスターがクラスターを生む節分豆を雪の模様のネイルで弾く 体中スパイスでいっぱいにしてウイルスたちをびっくりさせたい ウイルスが月光に会う剃刀のような冷たい風が吹くとき プロフィール 曾根 毅(そね・つよし) 俳誌「LOTUS」同人。現代俳句協会会員。句集『花修』(深夜叢書社)。 2020年、第二回笹井宏之賞大森静佳賞、第八回俳句四季新人賞受賞。

          令和二年春(曾根 毅)/新たな旅びと・はじめてでいち度きり(ミカヅキカゲリ)/ハワイ~回生の時(シンタニ優子)

          存在としての言葉(池田彩乃)/耳澄まし(草野浩一)/数に滅びる(風野瑞人)

          存在としての言葉2020年7月7日 正当性に溢れた有益なツイートで氾濫したタイムラインの濁流を眺めていたときの、足が竦む感覚を覚えている。「今、この濁流に言葉を放ったら死ぬんだろうな」と思った。言葉が死ぬ。怒りを伝える言葉、誰かを納得させるための言葉、有益である存在、無益な感情、誰のためでもない意味のない言葉が許されないことは恐ろしい。 4月に『観光記』という本を刊行した。 不要不急の本を作ってしまったと後ろめたさを感じていたけれど、落ち込んでいる暇もなく有り難いことに納品

          存在としての言葉(池田彩乃)/耳澄まし(草野浩一)/数に滅びる(風野瑞人)

          著者名一覧

          ※( )内の日付は原稿受取日です。 藤本玲未(2021年7月23日) 龍翔(2021年10月17日) 河嶌レイ(2021年5月10日) 竹内亮(2021年6月28日) 門脇篤史(2021年2月14日) 生田亜々子(2021年3月20日) 十谷あとり(2020年10月7日) とみいえひろこ(2021年1月29日) 文月郁葉(2020年8月7日) 奈良絵里子(2020年8月25日) 多賀盛剛(2020年8月2日) 山本夏子(2020年8月2日) 大橋春人(2020年

          永遠に撃つ(漕戸もり)/パラダイムシフト ピンチはチャンスか?(稲泉真紀)/二〇二〇、春(八上桐子)

          永遠に撃つ2020年6月7日  兄と弟に挟まれて育ったので、家には武器みたいな玩具しかなかったせいか、それが兄弟喧嘩の原因で、仲が良い理由でもあった。特に、引き金を引くと撃つたびにぴろぴろと鳴る武器は、戦隊シリーズ番組の、主役で五人組のリーダーであり、人一倍正義感の強いAの秘密兵器だった。他にB、C、D、Eというメンバーもそれなりの武器を持っているので、兄弟三人別々の武器を買ってもらえばいいものを、三人ともAのぴろぴろが欲しい、とサンタクロースに手紙を書いたので、三人はおな

          永遠に撃つ(漕戸もり)/パラダイムシフト ピンチはチャンスか?(稲泉真紀)/二〇二〇、春(八上桐子)

          [インタビューズ]笑福亭智丸/Saint Lucaの聖磔(クルス)のそらに(李花業平)/不要不急の短歌(牛隆佑)

          [インタビューズ]空気のような春/笑福亭智丸 2020年6月3日 ——緊急事態宣言前、宣言中、宣言解除後、どんな心境だったりどんな行動をとっていたか教えてください。 宣言より前の2月下旬からどんどん仕事が無くなり収入も無くなって途方にくれていました。これを書いているのは6月の頭ですが、今も半ば途方に暮れています。行事ごとは世の中の経済活動よりもどうしても自粛に敏感で、復活は後手に回らざるをえないので厳しい時期は続きそうです。宣言解除後も宣言前も宣言中も今のところ変わって

          [インタビューズ]笑福亭智丸/Saint Lucaの聖磔(クルス)のそらに(李花業平)/不要不急の短歌(牛隆佑)

          二〇二〇春のフォトブック(藤田千鶴)/公園へ(飯田和馬)

          二〇二〇春のフォトブック2020年6月3日  きのう、フォトブックが届いた。この春に撮っていた花の写真を一冊にまとめたものだ。14cm角、24ページのほんのちいさなフォトブック。写真は21枚。  3月、新型コロナウィルスの流行はすでに始まっていたけれど、京都市内に勤務し、1時間をかけて通勤する日々にあっても、実感はまだなかった。3月の歌会や講演会はつぎつぎに中止になった。でもまだまだ意識は低かった。14日には大阪在住の息子がやってきていっしょに焼肉屋へ行き、翌15日は滋賀県

          二〇二〇春のフォトブック(藤田千鶴)/公園へ(飯田和馬)