大和ヌレガミ@小説家

小説家。別名義で本を出しています『ミッドナイト』(リトルモア刊) 関西出身、都内在住。 映画や小説、漫画にゲーム、物語と呼ばれるもの全般が好きです。 ゆらゆらと生きていきたいです。 #フォロー嬉しいです#フォロー返し致します
    • 若気の至りポエム

      • 15本

      二十代のときに書いていたポエムが載せてあるノートを発掘しました。ひねくれてしまった今、読み返すと気恥ずかしいものもありますが、こんなことで傷ついたり悩んだりしていたのか?と若い日の自分をヨシヨシしてやりたくなります。

    • ヌレガミの短編

      • 10本

      大和ヌレガミの短編です。ジャンルばらばらですが気軽に読んでやってください。

ポエム「にぎやかな部屋」

テレビをつけたまま家を出る。 電気をつけたまま家を出る。 スマートフォンは忘れずに。 近くのコンビニに雑誌を買いにいくだけ。 一人は淋しい。 それを認めるとき、…

「恋せぬふたり」2話感想

ここ最近、同棲から始まる物語が増えた気がします。なんらかのメリットにより、同棲する男女がいて、そのうち本物の恋愛に発展していくドラマが多いように思えます。逃げ恥…

短編小説「アナログ・エロス・トレーダー」

 俺の中での三大至福のとき。それは山頂で飲むエスプレッソ。こたつの中でいただく冷凍みかん。仕事中に読むエロ本……ん? 最後のは異論しかないやて? 若いな。尖って…

短編小説「ジェリーフィッシュ・キッカー」

 昼間の三時過ぎ、俺は海辺の公園を宮本と歩いていた。おっさんが二人。それに犬のポックン。リードを持つ宮本はおっかなびっくりだ。ポックンは中型犬とはいえ、ひっぱる…

短編小説「RPGモブキャラクター」

 都内の一日感染者数が二桁代におちたころ、俺はひさしぶりに友人の宮本を飲みに誘った。ほんの数ヶ月前はファミレスでも食事するときはマスクをしてくださいと店員に注意…

短編小説「ジローインスパイア・タイムトラベラー」

 ラーメン屋の食券機について俺は思う。店員の注文を省略し、客の回転を速くする目的もあるだろうが、それだけではないと思う。たとえば行列店で後ろに客がひかえていると…