じん

軽やかに、ふわっと。飛び上がるための整理。重い思いはおもいっきり抱きしめて、さようなら。

当たり前だと、笑っている。透明なんだと、眺めている。つながりをどこで得るのか感じている。遊びながら学んでいる。おおよその嘘は、おおよその過剰をもって輝いている。…

持ち上げた金具

「初めに光あれ」それは魔法、この世最高のまじないだ。照らしてしまえ。闇を明るく照らしてしまえ。「できました、ありがとう、感謝します」と唱えればよいらしい。言霊と…

花を飾って待っている

遠くなる、それは「私はここにいる」という実感である。いつも、どこでも飛び交う情報によって、個人の質感は失われ、色の濃い、いや声の大きい、いや、見た目の派手な物事…

無価値を抱く君へ。

君はきっと比べていて、自分ができないこと、勇気が持てないこと、目の前に並べ立ててこう呟く役者を演じているだろう。「私は無価値だ」。深く、鈍く揺れる幻を眺めている…

ドラマから出る。

見えるもの、形あるもの、私たちの物質的に共有できることが現実とされている。「令和」は作られた。それはそういう習わしで伝統、手続きあってとメディアで説かれると納得…

あなたは自分の体を感じていますか?

自分の身体を大切にしようと思っている。 暴飲暴食、運動不足、過労、食生活。 ふと思った。僕は僕の身体についてどれだけ知っているだろうか。 武井壮さんがいつか「自分…