マガジンのカバー画像

mineoのギタリスト列伝

6
中学生の頃より齢27になろうとしている今現在まで、ひとつだけ続いていることといえばギターを弾くことです。それも何かといえば、世の中には生半可、中途半端、そういった決心と鍛錬では到… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

エディ・ヴァン・ヘイレンがすごい本当の理由

〜Audiostockにて楽曲販売中です。詳細はこちらから。〜

 2020年の秋口、時代を創り上げてきた素晴らしいミュージシャンが空高くジャンプしたきりそのまま戻って来なかった。追悼の意を込めて彼が如何様に素晴らしいギタリストであったか、という自分なりの思いをここに記したい。

私とVan Helenの出会い 中学生の頃だった。キムタクが主演のドラマやCMなどの効果でQueenが小さく流行ってい

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。

Mark Speer〜ビートルズでさえできなかったことをやったKhruangbinのギタリスト〜②

〜Audiostockにて楽曲販売中です。詳細はこちらから。〜

 前回からの続き。前回はKhruangbinというバンドのことについて書いたが、今回はMark Speer(マーク・スピアー)というギタリストに焦点を当てて考察していく。 

新時代のギターヒーロー かつて、ジミ・ヘンドリクスがいた。彼はそれまでのエレクトリックギターの弾き方を根本から覆した。次に、エドワード・ヴァン・ヘイレンが70

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。

Mark Speer~ビートルズでさえできなかったことをやったKhruangbinのギタリスト〜①

 mineoのギタリスト列伝第二回は、昨年のフジロックではトリも努めたアメリカのトリオバンド、KhruangbinのMark Speerさんです。

Khruangbinとの出会い
 最初に、YouTubeでやっているNPRのTiny Desk Concertでこのバンドを初めて見てその音楽を聴いた時、”まだバンドやってて全然いいんだ”と思った。リアルタイムで聴いてて心からかっこいい、とても良いと

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。

キャンディー・ダルファー・バンドのギタリスト、ウルコ・ベッドへのインタビュー

 プリンスとの共演でも知られているベルギー出身のサックス奏者、キャンディー・ダルファーのライブを観に行ったときに、キャンディー・ダルファー・バンドのギタリストであるウルコ・ベッドに思いがけず短いインタビューをしたときの話です。見出しの写真の頃は、見知らぬ人からもピスタチオと呼ばれて虐げられていました。

2015年10月13日

 その日は21:30スタートのセカンドショウを観に行く予定だったので

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。

mineoのギタリスト列伝〜第一回"Ritchie Blackmore"〜②

前回からの続き

ギターで最初にコピーした曲 そうして自分のギターを手に入れて一番初めに弾いた曲というのは、言わずもがな、”Smoke On The Water”である。初心者であっても耳コピで弾けてしまうほど簡単なリフだ。しかし、この曲はリフだけしかとりあえずコピーできなかった。耳コピではAメロサビと何やってんだかよくわかんなかったし、ギターソロなんてとんでもなかった。

 早速吹奏楽部のメンバ

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。

mineoのギタリスト列伝〜第一回"Ritchie Blackmore"〜①

 mineoのギタリスト列伝第1回目は、イギリスのハードロックバンド”Deep Purple”や”Rainbow”などでの活動でお馴染みRitchie Blackmoreさんです。

出会い 中学生当時、オレンジレンジやYuiなどのJ-Popが大流行りしている中、”こいつらこぞってこんなもん好き好んで聴きよって、アホくさ”とか周囲の友人知人に対して思っていたひねくれものである自分はまず、かねてから

もっとみる
ありがとうございます、今後とも覗きに来ていただけると幸いです。