まきあやこ Perch.

料理家・ケータリングチームPerch.(パーチ)主宰 多彩なスタッフとともに、お弁当やケータリングをお届けしております。「おいしくてたのしい」瓶詰めや調味料は笹塚atelier Perch.とオンラインストアで。https://www.makiayacoonaperch.com/

まきあやこ Perch.

料理家・ケータリングチームPerch.(パーチ)主宰 多彩なスタッフとともに、お弁当やケータリングをお届けしております。「おいしくてたのしい」瓶詰めや調味料は笹塚atelier Perch.とオンラインストアで。https://www.makiayacoonaperch.com/

    ストア

    • 商品の画像

      【MAIL MAGAZINE】ご登録

      毎週金曜日の夜にMAIL MAGAZINE「Perch.のお手紙」をお届けしています。主宰まきの考える、日々のことをつらつらと、みなさんにお送りするお手紙の様な気持ちで書いています。ご購読をご希望の方はこちらをカートに入れて購入(無料です)のお手続きをお願いいたします。ご登録いただいたメールアドレスに配信をさせていただきます。*金曜日18時頃までのご登録で当日から、以降のご登録は翌金曜日からの配信となります。過去のアーカイブはnoteよりご覧いただけます。https://note.com/makiayaco_perch/-------------------------------------------------------------------インターネットの中に、Perch.の「おいしくてたのしい」を並べて、小さなお店を開店してみることにしました。お家にいるみんなが、いつでも訪れることができるお店です。インターネットの世界は広くて広くて、 ちょっと遠いから。そのお店に立ち寄ってくださるみなさんに、一人一人に 「いらっしゃいませ」とご挨拶をして、「これにはこんなおいしいや、こんなたのしいが詰まっているんですよ。」と。お料理や食べることだけでなくって、 わたしや私たちがどんな風に考えてものづくりをしているか、どんなメンバーで作っているのか、 そこに込めた思いいろいろを。伝えることができたらいいな、と思いました。お店を訪ねて、お店の人とちょっと立ち話をするように。季節やお天気に想いを馳せて、お店の中から外を眺めたり。ふむふむと、くすくすと、わくわくと、なったり。 たまには少し考え込んでみたり。そんな時間をお届けできたらいいな、と思っています。はじめまして!のみなさんにも、 これまでPerch.を支えてくださったみなさんにも。Perch.まきあやこ-------------------------------------------------------------------
      ¥0
      Perch.
    • 商品の画像

      【Perch.のギフト】季節のジャム詰め合わせ

      クリスマスや年末年始の贈り物に、おうち時間がおいしくたのしくなるようなギフトセットを考えました。Perch.自家製の季節のジャムに木のカトラリーを添えた、届いてすぐにおたのしみいただけるセットです。・季節のジャム3種【いちごとルバーブ】毎年必ずお作りしているPerch.の定番JAM。ルバーブをたっぷりと使用することでいちごでお作りするよりも、さっぱりとした仕上がりになっています。いちご甘い香りにルバーブの爽やかな酸味が、年代を問わず、どなたにもおいしくお召し上がり頂けるお作りとなっています。【ブルーベリーと赤ワインとスパイス】サングリアをイメージして構成したJAM。長野産のブルーベリーを使って、ピンクグレープフルーツとスパイスの香りを纏わせました。隠し味に少しだけ赤ワインを使っています。おいしいビスケットにクリームチーズ をのせて、このJAMをさらっと垂らしたら、即席のデザートの完成です!寒い季節には温めた赤ワインに入れたり、紅茶に入れてもおいしくお使い頂けますよ。【ワッサーとミントブレンドティー】桃とネクタリンを掛け合わせてできた果物「ワッサー」と使ってお作りしました。桃の香りと、ネクタリンの様な食感の艶っぽい果物です。teteriaさんのミントとラベンダーがブレンドされたお茶でほんのりと香りを纏わせています。ヨーグルトにたっぷりとかけて、ガリっと焼いた鶏もも肉のグリルのソースにもおすすめです。・木のマスタードスプーン / 木のバターナイフ どちらか1本 お好きな方をおひとつお選びください。▼マスタードスプーン詳細はこちらhttps://cateringteamperch.stores.jp/items/636c6b91f3de5c1c5e5723a4▼バターナイフ詳細はこちらhttps://cateringteamperch.stores.jp/items/636c6a57c808a42570ad2c49ギフトボックスにお詰めしてリボンのラッピングをしてお届けいたします。ジャムがぴったりと収まる特製ギフトボックスは、役目を終えたあとも箱としてお使いいただきやすいよう、シンプルでしっかりとした作りに仕上げました。ポストカードサイズのメッセージカードをお付けすることも可能です。ご希望の場合は、ご購入時にオプションより「メッセージカード(100円)」をお選び下さいませ。旬の果物の甘い香りに「いつもありがとう」の気持ちを乗せて、たくさんの方に届きますよう。
      ¥2,980
      Perch.
    • 商品の画像

      【Perch.のギフト】オリジナルグローサリー定番3種

      クリスマスや年末年始の贈り物に、Perch.オリジナルグローサリーの定番3種セットをご用意しました。使ってももらっても嬉しい、いつもの食卓がおいしくたのしくなるセットです。・カフェやケータリングでも人気の調味料「トマトハリッサ」https://cateringteamperch.stores.jp/items/5ec51bfa5157627d942df2c1・いちごのふくよかな香りにルバーヴの爽やかさか絶妙な「いちごとルバーヴのJAM」毎年必ずお作りしているPerch.の定番JAM。ルバーブをたっぷりと使用することでいちごでお作りするよりも、さっぱりとした仕上がりになっています。いちご甘い香りにルバーブの爽やかな酸味が、年代を問わず、どなたにもおいしくお召し上がり頂けるお作りとなっています。・別添えのお塩がポイント、国産小麦の「塩パンケーキミックス」https://cateringteamperch.stores.jp/items/5ead7e7755fa0369d43e2978慌ただしい朝は、ヨーグルトやパンにジャムを合わせて簡単においしく。ちょっとおいしいお肉を焼いてハリッサを添えれば、おつかれさまの夜ごはんも華やかなごちそうになります。ゆっくり過ごす週末のブランチには、塩パンケーキにジャムをたっぷり。カリッと焼いたハムエッグの味変にトマトハリッサを。ギフトボックスにお詰めしてリボンのラッピングをしてお届けいたします。特製ギフトボックスは、役目を終えたあとも箱としてお使いいただきやすいよう、シンプルでしっかりとした作りに仕上げました。ポストカードサイズのメッセージカードをお付けすることも可能です。ご希望の場合は、ご購入時にオプションで「メッセージカード(100円)」をお選び下さいませ。
      ¥3,300
      Perch.
    • 商品の画像

      【MAIL MAGAZINE】ご登録

      毎週金曜日の夜にMAIL MAGAZINE「Perch.のお手紙」をお届けしています。主宰まきの考える、日々のことをつらつらと、みなさんにお送りするお手紙の様な気持ちで書いています。ご購読をご希望の方はこちらをカートに入れて購入(無料です)のお手続きをお願いいたします。ご登録いただいたメールアドレスに配信をさせていただきます。*金曜日18時頃までのご登録で当日から、以降のご登録は翌金曜日からの配信となります。過去のアーカイブはnoteよりご覧いただけます。https://note.com/makiayaco_perch/-------------------------------------------------------------------インターネットの中に、Perch.の「おいしくてたのしい」を並べて、小さなお店を開店してみることにしました。お家にいるみんなが、いつでも訪れることができるお店です。インターネットの世界は広くて広くて、 ちょっと遠いから。そのお店に立ち寄ってくださるみなさんに、一人一人に 「いらっしゃいませ」とご挨拶をして、「これにはこんなおいしいや、こんなたのしいが詰まっているんですよ。」と。お料理や食べることだけでなくって、 わたしや私たちがどんな風に考えてものづくりをしているか、どんなメンバーで作っているのか、 そこに込めた思いいろいろを。伝えることができたらいいな、と思いました。お店を訪ねて、お店の人とちょっと立ち話をするように。季節やお天気に想いを馳せて、お店の中から外を眺めたり。ふむふむと、くすくすと、わくわくと、なったり。 たまには少し考え込んでみたり。そんな時間をお届けできたらいいな、と思っています。はじめまして!のみなさんにも、 これまでPerch.を支えてくださったみなさんにも。Perch.まきあやこ-------------------------------------------------------------------
      ¥0
      Perch.
    • 商品の画像

      【Perch.のギフト】季節のジャム詰め合わせ

      クリスマスや年末年始の贈り物に、おうち時間がおいしくたのしくなるようなギフトセットを考えました。Perch.自家製の季節のジャムに木のカトラリーを添えた、届いてすぐにおたのしみいただけるセットです。・季節のジャム3種【いちごとルバーブ】毎年必ずお作りしているPerch.の定番JAM。ルバーブをたっぷりと使用することでいちごでお作りするよりも、さっぱりとした仕上がりになっています。いちご甘い香りにルバーブの爽やかな酸味が、年代を問わず、どなたにもおいしくお召し上がり頂けるお作りとなっています。【ブルーベリーと赤ワインとスパイス】サングリアをイメージして構成したJAM。長野産のブルーベリーを使って、ピンクグレープフルーツとスパイスの香りを纏わせました。隠し味に少しだけ赤ワインを使っています。おいしいビスケットにクリームチーズ をのせて、このJAMをさらっと垂らしたら、即席のデザートの完成です!寒い季節には温めた赤ワインに入れたり、紅茶に入れてもおいしくお使い頂けますよ。【ワッサーとミントブレンドティー】桃とネクタリンを掛け合わせてできた果物「ワッサー」と使ってお作りしました。桃の香りと、ネクタリンの様な食感の艶っぽい果物です。teteriaさんのミントとラベンダーがブレンドされたお茶でほんのりと香りを纏わせています。ヨーグルトにたっぷりとかけて、ガリっと焼いた鶏もも肉のグリルのソースにもおすすめです。・木のマスタードスプーン / 木のバターナイフ どちらか1本 お好きな方をおひとつお選びください。▼マスタードスプーン詳細はこちらhttps://cateringteamperch.stores.jp/items/636c6b91f3de5c1c5e5723a4▼バターナイフ詳細はこちらhttps://cateringteamperch.stores.jp/items/636c6a57c808a42570ad2c49ギフトボックスにお詰めしてリボンのラッピングをしてお届けいたします。ジャムがぴったりと収まる特製ギフトボックスは、役目を終えたあとも箱としてお使いいただきやすいよう、シンプルでしっかりとした作りに仕上げました。ポストカードサイズのメッセージカードをお付けすることも可能です。ご希望の場合は、ご購入時にオプションより「メッセージカード(100円)」をお選び下さいませ。旬の果物の甘い香りに「いつもありがとう」の気持ちを乗せて、たくさんの方に届きますよう。
      ¥2,980
      Perch.
    • 商品の画像

      【Perch.のギフト】オリジナルグローサリー定番3種

      クリスマスや年末年始の贈り物に、Perch.オリジナルグローサリーの定番3種セットをご用意しました。使ってももらっても嬉しい、いつもの食卓がおいしくたのしくなるセットです。・カフェやケータリングでも人気の調味料「トマトハリッサ」https://cateringteamperch.stores.jp/items/5ec51bfa5157627d942df2c1・いちごのふくよかな香りにルバーヴの爽やかさか絶妙な「いちごとルバーヴのJAM」毎年必ずお作りしているPerch.の定番JAM。ルバーブをたっぷりと使用することでいちごでお作りするよりも、さっぱりとした仕上がりになっています。いちご甘い香りにルバーブの爽やかな酸味が、年代を問わず、どなたにもおいしくお召し上がり頂けるお作りとなっています。・別添えのお塩がポイント、国産小麦の「塩パンケーキミックス」https://cateringteamperch.stores.jp/items/5ead7e7755fa0369d43e2978慌ただしい朝は、ヨーグルトやパンにジャムを合わせて簡単においしく。ちょっとおいしいお肉を焼いてハリッサを添えれば、おつかれさまの夜ごはんも華やかなごちそうになります。ゆっくり過ごす週末のブランチには、塩パンケーキにジャムをたっぷり。カリッと焼いたハムエッグの味変にトマトハリッサを。ギフトボックスにお詰めしてリボンのラッピングをしてお届けいたします。特製ギフトボックスは、役目を終えたあとも箱としてお使いいただきやすいよう、シンプルでしっかりとした作りに仕上げました。ポストカードサイズのメッセージカードをお付けすることも可能です。ご希望の場合は、ご購入時にオプションで「メッセージカード(100円)」をお選び下さいませ。
      ¥3,300
      Perch.
    • もっとみる

    最近の記事

    いつかのいつもの

    **************************************** Perch.のお手紙 #107 **************************************** 6月8日からはじまった「いつかの朝」展もあっという間に後半戦。 今日は私のソウルメイトでもある森亮介くんの朝をご紹介します。 余談ですが、今回書いてくれたお友達は、押し並べて本を読む習慣のある人たち。 お料理を作ることが好きな人は、おいしいものを食べることが好きな様に。

      • 荒天の彼

        **************************************** Perch.のお手紙 #106 **************************************** 「雨女」とか、「晴れ男」とか、私はそういうのはあまり信じない。 自分が「晴れ女」だと思っていて雨が降ったらなんだか自分にがっかりしそうだし、そもそもそういう「自分ってラッキー!」みたいなオプティミストでは、全然ない、自信もない。 しかしながら、あの彼は雨男だったなぁ、間違い

        • バロメーター

          **************************************** Perch.のお手紙 #105 **************************************** 先週末は「東京蚤の市」に参加させて頂きました。 3年ぶりの開催で、主催の手紙舎さんのことを思うと準備の段階からちょっとグッと来てしまう様な思いで過ごしました。 さすが、というか、みなさん心待ちになさっていたんだなぁ、ということがひしひしと伝わる大盛況な開催となって、私たちも

          • デラシネ

            **************************************** Perch.のお手紙 #104 **************************************** 南の島の朝は早い。 渓谷の狭間から現れる嘘のようなオレンジの朝焼けが見る間に明るくなり 今日もお任せください、と言わんばかりの力強い光がぐいぐいと満ちる。 この島で、神様が太陽をつかまえたそうだ。どうりでいつも朝が神々しい。 キッチンの小さな窓はサッシが白いペンキで塗ら

            共感し、ない。

            **************************************** Perch.のお手紙 #103 **************************************** 親しい友達が、とても落ち込んでいるのを見て、ふと「共感」について考えた。 私は大学の学部生から修士前期の6年間、臨床心理学を専攻していて、それは高校生までの人生の中で、自分が人の気持ちが全然わからないことに問題を感じていた事が大きかったと思う。 臨床心理学において「共感」と

            シラナイホシ

            **************************************** Perch.のお手紙 #101 **************************************** GWの記憶をもうひとつ。 仕事関係のたのしい旅から戻って、山のお家に向かう間のとある1日。 5月特有の透き通った青い空ときらきらとした陽射しに、衣替えの準備をしながら、溜まった洗濯物も、シーツもタオルも冬用の毛布もどんどん洗って、ベランダにたなびかせていく。 窓を開けて、

            GW2022

            **************************************** Perch.のお手紙 #100 **************************************** 3年ぶりののびのびとしたGW。 街も人も賑わって、軽やかな雰囲気にリラックスします。 今週末はこの2年間で、繰り返し訪れた山のお家に来ています。 妹ようちゃんの勤める会社が持っている山中湖畔の森の中にある小さな別荘は、東京からちょうど良い距離で、食材とビールとワインをたくさん詰

            読書のすすめ

            **************************************** Perch.のお手紙 #99 **************************************** ゴールデンウィークはじまりましたね。 わくわく。 私がお休みにしたいことと言ったら、読書、読書、読書。 後はプールがあれば言うことなし、です。 今日は最近読んだ中で、おすすめのもの本を紹介しようかなぁ。 『母親になって後悔してる』オルナ・ドーナト このタイトルを見たとき、衝撃と

            初心、とか

            **************************************** Perch.のお手紙 #98 **************************************** 愚痴を言わないことにしている。 大学院を卒業して、新卒で入った会社は事務職での入社だった。 同期の入社は女性ばかりで、その職掌の先輩全員も女性だけだった。 噂や愚痴に花の咲くお昼休み。 今なら、そういうコミュニケーションがあることや、心の底から嫌だと思っている訳ではないこ

            女子会の行方

            **************************************** Perch.のお手紙 #97 **************************************** 命がけでお布団を干してくれたお話で有名な祖母が、来週から施設に入ることに。 孫の私たちには急なお知らせで、コロナが落ち着くまでは面会に行くことができないらしい、自由に電話ができないらしいから携帯電話も解約するらしい、という連絡を、昨日妹ようちゃんから受け取りました。 会えると

            春に思うこと

            **************************************** Perch.のお手紙 #96 **************************************** コロナが本格化したのが2020年の春頃だったので、春がやってくると、あー1年経ったなぁ、あー2年経ったなぁ、と「あれから」を振り返る季節になっている。 そういえばこのお手紙も、2020年にECサイトを立ち上げるにあたって、その宣伝の一貫を兼ねて始めたものだったのであった。 ち

            コスパについて考える

            **************************************** Perch.のお手紙 #95 **************************************** 「コスパ」って、私はちょっと苦手な言葉でした。 アトリエを始めて、口コミのあるサイトに掲載をされると、いろいろなご感想を頂くことになります。 そこで、「おいしくてお店もかわいいのだけれどもコスパがもっと良かったらいいのに。」というご意見を頂くことがあります。 昨日、ちょっと

            いつかの朝、つづき

            **************************************** Perch.のお手紙 #94 **************************************** 5月にアトリエで自分たちの企画で展示を行おうと考えています。 タイトルは「いつかの朝」。 先日のメールマガジンでも、そのイントロダクションに当たるお話を掲載しました。 この2年間の不自由さの中、旅に出ることはいつもちょっと罪悪感を伴う様な経験でした。 去年の3月末、妹のよ

            春の雨揺れ

            **************************************** Perch.のお手紙 #93 **************************************** 真夜中の地震、怖かったですね。 「怖いなぁ」という気持ちは、身体の中に冷たく硬いしこりの様になって、私の中に留まる。 すぐに溶けて解けることもあれば、ずっとずっと残って、硬く固く身体の中に残り続けることもある。 すぐに消えてしまうもの、長く長く留まるものの、その違いはなんな

            いつかの朝

            **************************************** Perch.のお手紙 #92 **************************************** その朝 僕らは遠い空の下にいた 仕事をして ごはんを食べ 泣いたり 笑ったり 困ったり 怒ったり 悩んだりうれしかったり 寝たり起きたり する街から 遠く離れて 目覚めた朝の その空気を吸い込むために ぼくらはそっと 扉を開ける

            夕暮れの缶ビール

            **************************************** Perch.のお手紙 #91 **************************************** 理不尽に奪われた、という記憶が長く人を苦しめるように思う。 理不尽に、というのは、自分は悪いことをしなかったのに、自分にはその苦しみを受ける理由がなかったのに、という言葉に言い換えられるような気がする。 なぜその苦しみが自分を選んで訪れたのか、あらゆる理由を考えたり、納得のい