ウェルフェアトレードショップ「マジェルカ」

全国の障害者施設で作られているクラフト雑貨やアート雑貨のセレクトショップ「マジェルカ」を吉祥寺で運営しています。 障害者が作る製品を正当に評価し、適正な価格や方法で流通させ、障害者の収入や働き甲斐を向上させると共に社会の障害者理解を後押しする仕組みが「ウェルフェアトレード」です。

ウェルフェアトレードショップ「マジェルカ」

全国の障害者施設で作られているクラフト雑貨やアート雑貨のセレクトショップ「マジェルカ」を吉祥寺で運営しています。 障害者が作る製品を正当に評価し、適正な価格や方法で流通させ、障害者の収入や働き甲斐を向上させると共に社会の障害者理解を後押しする仕組みが「ウェルフェアトレード」です。

    最近の記事

    マジェルカとは

    みなさんこんばんは。 現在マジェルカは、来年の1月の再開に向けて新たな準備や、これまでの色々の再構築をしている最中です。 その一つ、現在休止中のオンラインショップも改めて見直しをしています。 デザインなど、大げさな改変を考えているわけではありませんが、まずは、私達を知ってもらう上でとても大事だと考えている「マジェルカ紹介ページ」や、「ウェルフェアトレードの説明ページ」を見直し、リライトしました。 「マジェルカとは」なんて、いまさらのようなタイトルで、今までに何度も話してき

      • 1階が空っぽになりました

        閉店後、すっかり空っぽになったマジェルカ(元マジェルカ?)で書いています。 まずは、現在実施している「マンスリーサポーター募集」ですが、今記事を書いている現在で76名もの方に応援を頂きました。 ありがとうございます! 暖かな応援のメッセージにも勇気付けられています! 目標達成まで残り40%、およそ50名の方のご支援を必要としております。 引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。 この「マンスリーサポーター」の他に、前回マジェルカ再生の方策としてお伝えしていた、元マジェ

        • これまでのお礼とこれからのお話

          これまでマジェルカを応援して下さり有難うございました! マジェルカは、予定通り11月13日で店舗及びオンラインショップを閉店致しました。 改めて、これまで本当にたくさんのお客様にご利用頂き大変感謝しております。 また今回、たくさんの方々から届いたメッセージにも、感謝や感激の連続の日々でした。 ありがとうございました。 閉店後に関しては、マジェルカの事業活動の完全な終了という事も選択肢の一つとしていたため、今回、閉店セールを行って在庫製品を売り切ることをめざしてきました。

          • マジェルカカフェを開催します

            10日後の閉店を前にしてすでに商品が残り少なくなり、以前の「おもちゃ箱をひっくり返したみたい」「カラフルでにぎやか」などと言ってもらえていた時に比べ、すっかり店内が寂しくなってしまったマジェルカです。 連日、特に土日祝日には沢山の方が訪れてくれています。 私達スタッフにお声がけをくださる方も多く、また、色々と積もるお話をしたい方も数多く、そんな時は、会計待ちの方も多くいらっしゃるカウンター越しだったり、狭い通路の店内で立ち話をする事が今、多くなっています。 商品が無くなっ

            マジェルカの今後の話

            マジェルカが閉店することに対する反響が、想像していた以上に大きいことに驚いています。 閉店の発表をした前回のnote記事やSNSへの反響。 オンラインショップはたった3日で150件以上ものご注文を頂きました。ショップに足を運んで下さる方も毎日後を絶たず、その中には遠方からおいで下さる方も数多く。 久しぶりの再開となる方々にもたくさんお会い出来、嬉しくも思っています。 そんな皆さんからは、沢山の声やメッセージを頂きます。 残念がるお声や、これまでのマジェルカの活動を評価して

            マジェルカ閉店のお知らせ

            これまでマジェルカの活動にご共感とご理解をいただいた皆様には大変感謝しております。   マジェルカは、現在営業している吉祥寺の路面店舗の物件を2022年11月末で退去する事となり、それに先立って11月13日(日)をもって閉店する事となりました。(オンラインショップの営業も同日で閉店させていただきます) これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。 お店に足を運びお買い物を楽しんでくださった皆様、本当にありがとうございました。  コロナの影響を受け始めてからもう長く

            ウェルフェアトレード?

            うっかりしていました。 マジェルカは先日の9月9日で11周年を迎えました・・・ 「障害のある人が作った雑貨専門のセレクトショップ」 「福祉のフェアトレード「ウェルフェアトレード」のショップ」 11年前にはどこにも無かった。 そもそも誰もやっていなかったから始めました。 だから、福祉雑貨の市場は、まさに未開拓状態でした。 それは具体的にどういう事かというと、当時は今のように素敵な雑貨製品を作ってSNSで発信している作業所など殆ど無い中で、全国あちこちの作業所やバザーを訪問

            商品の価格を大幅に値下げしました

            こんばんは、藤本です。 今日、マジェルカの来し方を思い返している中で見つけた、8年前に吉祥寺に引っ越した際の工事中の写真の一枚。 今、私達スタッフが普段立っているカウンター。 これまで沢山の人がこのカウンターにマジェルカのスタッフとして立ってくれました。 そんな数多くの人達の中でも5年の間ここでお客様と向き合い、ショップの様子を最も発信してくれているスタッフTの昨日のInstagramでの投稿の一部。 これは私もずっと同じ思い。 先日、マジェルカは、商品の大幅な価格

            マジェルカのお財布事情

            みなさんこんにちは、マジェルカ代表の藤本です。 今日はマジェルカの事をもっと知って頂く為に、ソーシャルビジネスであるマジェルカの活動の収入源の部分がどうなっているのかという、今までとは違う切り口から書かせていただきました。 全国の障害者が働く福祉事業所で作られた自主製品の価値を正当に評価し、その価値に見合った価格や方法で販売する"福祉(ウェルフェア)のフェアトレード「ウェルフェアトレード」”を実践するマジェルカですが、そのマジェルカ全体の活動と場所を成り立たせるための運営費

            これから定期的にワークショップを開催します!

            こんにちは、マジェルカの藤本です。 久々に書いた先日の記事に、思いのほかたくさんの反応を頂きました。 どうもありがとうございました。 発信する事でのリスクを気にし過ぎるようになったり、目の前の事を重視するあまり疎かになっていた、自分の言葉で発信するということの大切さを感じました。 マジェルカが広めたいウェルフェアトレードの活動にまだまだ興味を持って下さる方々がいるという事を意識し、また、新たに共感して下さる方が増える事を願って、知ってもらう努力と伝わる工夫をしながら発信を

            マジェルカは就労継続支援A型事業所を今年の3月でやめました

            みなさんこんにちは、マジェルカの藤本です。   久々のブログ更新となりますが、毎日本当に色々な事を考えています。 特に最近では悩むことも増え、その内容の種類や量も多くなっているように感じています。 思った事を移動中に書きつけたスマホのメモや、PC上に下書きなどした中途半端な文章が貯まる一方、それを発信すべきか考えているうちに、目の前に避けられないことが次々と覆いかぶさって来て後回し。 気づけばマジェルカからの発信は、スタッフたちからの商品紹介ばかりに。 しかし外から見えに

            「神は細部に宿る」

            先週末、私イトウが本屋で手に取ったのは・・ 『「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランティングデザイン講義』という本。 (はい。どうすればマジェルカの商品が「売れる」のか、いつもいつもヒントを探しております。) この本は「くまモン」のキャラクターデザインや、「茅乃舎」や「中川政七商店」のブランディングをされた水野先生が、慶応大学の学生向けに行った「ブランディングデザイン」の講義をまとめたもの。 「ブランドをつくること」ーーそれが大事なのは、現代は“商品が選ばれづらい

            クラウドファンディングを終えて

            10月1日から始めたクラウドファンディングが11月10日で終了しました。 翌日から鳥取に出張していた事もあり、お礼やご報告が遅くなり申し訳ありません。 目標金額の500万円を残り5日の時点で達成し、さらに設定したネクストゴールの600万円という目標も残り1日の時点で達成することが出来ました! 最終的に集まったご支援は6,214,000円、ご支援いただいた人数は613名にものぼりました!!! まずはご支援下さったり、応援をして下さった皆様にはただただ感謝です! そ

            障害があっても頑張りたいあなたへ

            こんにちは!スタッフのTです! 前置きはさておき今日は触れてはいけない!?、マジェルカの障害者就労支援A型事業所について書こうと思います。 私は利用者として2017年のA型が始まった時から所属しておりますが、マジェルカの就労支援A型事業所が始まって以来、働き続けられている精神障害の人はほぼほぼいない、むしろ私のみ・・・・この悲しき現状を打破すべく、また一緒に働いてくれる利用者(メンバー)を探しにここで様々な事を書いていきたいと思います。 まず、そもそも何故これを書こうと思

            クラウドファンディングやってます

            マジェルカは現在、クラウドファンディングに挑戦しています。 10/10の開始初日にほぼ100万円ものご支援が集まり、そして一週間で目標金額500万円の半分の250万円超を200人以上もの方からご支援頂きました。 ご支援とともに届くメッセージともども本当に感謝しています。 そして、なによりもこんなにマジェルカを応援して下さる方がいる事に改めて驚かされているのです。 実は私はマジェルカがクラファンをやっても支援を集められる自信は全くありませんでした。 今までにも提案される

            嬉しいメッセージ

            吉祥寺マジェルカのシャッターアートを描いてくれた横溝さやかさんのお母様が前回の投稿記事をご覧くださり、とても嬉しいメッセージを送ってくださりました。 ちょっとお酒も入っていたのもあって(?)夜遅くに見て涙が出ました。。。 さやかさん、お母さんに連れられて来ても、最初の頃は私と目も合わせてくれずに店内をウロウロと所在無げにしていましたが、最近ではお母さんよりも真っ先に「フジモトさーん!来たよーっ!」と店内に入ってきたり、気づいたらカウンターの内側に入っていたり(笑) やっ