見出し画像

あなたの就活が変わる日

#21年卒 #さよなら就活 #ミギウデ人材 #ミギスカ #Gnet #中小企業



はじめまして、愛知学院大学3年生の
北川かずきです。

私は、現在就活活動をしています。
まだ内定はもらえていませんが、
「就活」を「やらなくてはいけない」
という後ろ向きな気持ちではなく、
「やりたい!」という前向きな気持ちで
取り組めています。


なぜ、就活を「前向き」に捉えることが
できるようになったのか、

今回は、就活をしている21年卒のあなた
(もしくは就活で悩んでいる学生を
知っているあなた)に向けて、
私の体験を紹介していきたいと思います。


私の「就活」前夜

突然ですが、こんな悩みを持っていませんか?


☑️自分に良いところがなかなか
見つからない

☑️星の数ほどある企業、
どうやって自分に合った企業を
探して良いか分からない

☑️ナビに載っている企業は
「いいな」とは思うけど、
心の底から「行きたい!」とは思わない

☑️周りの友達がちらほら
内々定もらってて、
だんだん不安になってきた

☑️リクルートスーツで就活、
ちょっと堅苦しいな

☑️「ESで良いことを書かなくては」と
思っているうちに、
本当の自分が分からなくなってきた




私も4ヶ月前まではみなさんと同じく、
就活=形式ばった堅いものという
イメージを持っていました。

なんとなく、「就活」に対して
心臓をえぐられるような「恐怖感」、
先が見えない「不安」があったのです。



しかし、あるイベントに参加したことで
私の「就活」は変わりました。



そのイベントを紹介してくださったのは、
インターンでお世話になっていた
G-netのキャリアコーディネーターの棚瀬さん。

「こんなイベントあるんだけど、参加してみない?」


このようなメッセージと
一緒に送られてきたURLを開くと、
それは「スカウト型求人イベント『ミギスカ』」
のホームページでした。

ミギウデスカウト型求人ホームページ



ホームページに載っていた、
コピーに私は惹かれました。


本音と建て前の忖度、

わけのわからない慣習、

みんな同じ服を来て、同じ髪型をして。


もっと、やりたいこと、なりたい自分に素直に、

就活したって大丈夫。


「#さよなら就活」という
普通の就活では絶対見ることない言葉に出会い、
ちょっと肩の力がふっと抜けるような
感覚を味わいました。

「肩肘張らなくてもいいんじゃない?」

「もう少し自分に素直になれば
いいんじゃない?」

そう誰かに言われているような
気持ちになったので、
「ミギスカ」に挑戦しようと決めました。

これが就活を「後ろ向き」から
「前向きな」に捉えることが
できるようになったきっかけです。




私の就活デビュー


2019年11月16日某会場で、
21年卒初のミギスカが行われました。
11月にしては肌寒かったのを覚えています。

私は、このミギスカが就活デビューでした。
(就活デビューが私服なんて思ってもみなかった)

ミギスカは以下のような流れで進んでいきます。



①自己PRプレゼン


まず、「ミギスカ」の代名詞である
60秒の自己PRプレゼン。

東海エリアの面白い企業約10社、
G-netの職員、参加学生約10名の前で
プレゼンをします。

プレゼンと言っても、
「○○を言うと企業の受けが良いよ」と
いったテンプレートはありません。

自分の言葉で、自分にしかない魅力を
企業さんにプレゼンをします。

ちなみに、自己PRは事前に
G-netのコーディネーターと一緒に
ブラッシュアップしていくシステムです


私は、人前で話すのが苦手で、
プレゼンする際に、
木村愛さんから「北川かずきさん」と
名前を呼ばれたときは、
体中の水分が吸いとられたかのような
感覚になるぐらい緊張しました。

目の前には社長や人事担当者が座っていて、
目をあまり合わすことができませんでした。

でも、このプレゼンのおかげで、
面接の自己PRではあまり緊張しなくなりました。





②指名タイム



次に、指名タイムです。
自己PRプレゼンと、
当日までに学生が準備する資料をもとに、
どの学生と話したいか、
企業が指名=スカウトします。

この指名をもとに、
どの学生と企業が個別面談をするか、決まります。



③個別面談


そして、企業×学生の個別面談を
8回ほど行います。

個別面談のブースには、
ジブンノートや自己PRプレゼンで
伝えきれない、自分らしさを
思う存分表現していきます。


私は、自分らしさを表現する
アイテムとして、
G-netに出会うきっかけとなった
「20代に伝えたい50のこと」
(著者はG-net創業者の秋元祥治氏)、
中学時代にソフトボールを
やっていたときの白いグローブ、
中日ドラゴンズグッズなどを飾りました。




「どんな企業さんが来てくれるかな」と
ドキドキしながらブースの前に立ち、
企業さんを迎えます。


前半は、雑談タイムです。
ブースで企業さんとお話していて、
面白いなと思ったのが、
企業さんによって、自分に対して
尋ねるポイントが違ったということです。

グローブやドラゴンズグッズを見て、
野球の話題で盛り上がったり、
就活の悩みを聞いてくださる
社長さんもいたりと様々でした。

そして、不思議なことに
だんだん話していくと、
企業さんとフィーリングが
合うか分かってきます。


後半は、企業があなたのどこを
見てスカウトしたのか、
何を任せたいか、

あなたから自分はどこで活躍できるのか、
双方伝えていく時間でした。




④ネクストステップ


それぞれの個別面談での振り返り、
企業と自分のマッチ度合いの評価を行い、
もう一歩進みたい企業があれば
説明会や選考に進んでいきます。


私は、カーディーラー2社、
住宅会社1社、電力会社1社、
ものづくり系1社の計6社の
説明会に行くことにしました。



就活の軸探し



私がミギスカに参加して
良かったと感じたのは
「就活の軸」ができた点です。

私は、ミギスカに参加する前は
どうやって自分の合う企業を
探すのか分かりませんでした。


しかし、ミギスカに参加して以降、
企業の人事担当者や社長と
直接対話をして「価値観」
(フィーリング)が合うかを
大切にしています。

「友達探し」と似ています。

なんとなく「価値観」が合う
企業をピックアップをして、
それらの共通点を探していきます。



結果、以下の4つを大切にしている
企業を注目しています。


①結果的にお金を地域に
落とすことに繋がるか

②この企業でしかできないことか

③お客さんまたは自社のメンバーに
提案することができる仕事か



まだこれらの軸は
完ぺきではありませんが、
以前よりも自分に合いそうだなと
いう企業が見つかるようになってきました。



さらに、多くの企業の関係者と対話して、
企業選びの「軸」を固めるべく、
2月22日のミギスカに参加します。



最初は「感覚」で企業を
選んでみてもよいかもしれません。

企業さんとフィーリングが合うか、
ミギスカで確かめてみませんか?



ミギスカは、
あなたの就活が変わる日になるはずです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします
10
静岡県浜松市出身の22歳。現在は大学で東アジア史を学んでいる。学芸員資格の取得中で、今年は北名古屋市の昭和日常博物館で学芸員実習予定。2020年夏、武者修行に参加。佐渡相川の魅力に取りつかれる。趣味はプロ野球観戦で大の中日ドラゴンズファン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。