tesla

注文後の仕様変更トライ!



本日YouTubeのTAKAさん/テスラChさんにお礼のコメントをさせていただいたところ昨夜からModel3も白の内装が選択できるとの情報を頂戴し、早速デザイン編集から白内装に変更+¥126,000注文変更が出来ました。ちなみに19inchのホイールセットも洗濯可能になっていました。

もっとみる

テスラmodel3 ポチリました!

昨日、テスラmodel3スタンダードレンジプラスを注文しました!

以前から気になっていたのですがちょっと高くて買えないなと思っておりました。しかし昨年末にエコカー補助金が国から80万円、都から30万円と合計110万円の補助が頂戴できるとのことでテスラの試乗に行ってきました。

国(経産省/環境省)の補助金詳細

https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201

もっとみる

父親の照れた顔

こんにちは。小池です。

冒頭からさっそく宣伝。

昨日はTeslaのオートパイロットの基板をご紹介している動画をYouTubeにupいたしましたのでぜひご覧ください。私がご紹介しているのはNVIDIAVer.

Autopilot 3.0コンピューターはチップの数は1つ減り、性能は上がっています。NVIDIAのDrive Xavierチップの7倍強力らしいとTeslaは主張しています。

AIチ

もっとみる
( ˘ ³˘)♥ すき!倍返し
14

CASEに関わる最新海外動向 (12月)

~2021年1月10日

この期間の重要な動向

■ Teslaの株価上昇を追い、特に中国振興EV企業はハイテック企業型のバリュエーションを得てIPOに持ち込み、数千億円規模の開発・製造投資が容易に行える様になっている。一方、VW CEOがOld Autoと呼ぶ既存自動車会社では、開発投資の基本的な原資は経常的な売上拡大とコスト削減、経営効率改善であり、両者の投資環境(競争原理)は全く異なって来て

もっとみる

テスラオーナーズミート倉敷に参加してきました。

こんにちは。TOSHIKIです。

今回は2020年11月1日、岡山県倉敷市内にある、鷲羽山 第二展望台駐車場にて開催された、テスラオーナーズミートに参加してきました。

ツイッターのフォロワーでもあるオーナーさんからの誘いで、初めて大きなイベントへの参加です。

残念ながらぼっち参戦でしたが、当日の様子を写真を中心にご紹介します。

テスラオーナーズミートとは、テスラオーナーによるオフ会なのです

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!
1

テスラモデル3SR+で大阪-東京往復してみた(20201024)

今回は2020年10月24日から25日にかけて、友人と秋葉原まで弾丸旅行したときの記録です。

これまでの最高距離は名古屋往復だったので、それを越える距離になります。

さて、満充電で400kmしか走れないSR+で、無事に帰ってこられるのか?

実証スタート!

1.往路編

まずは出発前に充電。

自宅から最寄りの急速充電で95%まで充電しました。

ここから京都に住んでいる友人を迎えに行き、そ

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!
2

テスラモデル3 納車一ヶ月体験記

どうもです

こんな風に高らかに納車を宣言してから早1ヶ月が経ちました

テスラの購入については、僕も事前にブログやTwitterなど参考にしてました
巷の皆さんの記事、大変参考になったのですが・・・

・結構クルマ好きの方が書く記事が多くて、ド素人の僕にはちょっと高度すぎた
 *マイカーは2台目 2020年に初めて買って半年で乗り換えw
・東京のマンション暮らしの視点で、コスト面の「正味どうなん

もっとみる

TESLA💹ガンガンロケット🚀夢に投資したい

本日は久々に僕なりの投資の話をしたいと思っております。僕の尊敬するイーロンマスク氏のテスラ社の株式がガンガン📈🚀昇り龍🐉になっております。結論、僕は人に投資する🚀💰

元々、僕がTESLA💹を購入したのはイーロンマスク氏の南アフリカからお金のない状態でカナダでアルバイト、そしてスタンフォード大学に入っても自分の夢の為に。すぐに中退する行動力⚡️

インターネット、クリーンエネルギー、宇

もっとみる

Teslaの時価総額が72兆円を突破した理由

Teslaの時価総額が、従来の自動車企業の世界上位6社のトヨタ、フォルクスワーゲン、GM、フォード、ホンダ、フィアット・クライスラー・オートモービルズを上回った記事に対する考察です。

Teslaが展開する三大事業

最近、下記の動画でEVを含むTeslaの三大事業について解説しましたが、TeslaはEV企業として電力を使う側だけでなく、作る側としても2つの事業を大規模に展開し、東京電力にスマート

もっとみる
ありがとうございます!引き続き、宜しくお願いします(^^)
1

Teslaに対抗する自動車企業に勝算がない理由

フォルクスワーゲンやダイムラーなどのドイツ勢の自動車企業がEV投資を本格化し、テスラに対抗する構えという下記の記事に関しての考察です。

Teslaのミッション

まず、Teslaのミッションは「持続可能社会の実現」なので、イーロンマスクはこの流れを大いに歓迎していると思います。
または、今のところ、下記3種類のEV充電プラグの形が存在しますが、アダプター(Tesla購入時に提供される)を使用すれ

もっとみる
ありがとうございます!引き続き、宜しくお願いします(^^)
1