note連載

【Wet Towel #1】 - その常識を塗り替える挑戦がはじまる -

ついに、始動しました!! 株式会社シンコーのnote企画!! その名も、 Wet Towel -ウェットタオル- この企画は、前回の記事でも書いたとおり、 ”noteのマガジン機能を活用して会社の「強み」とは何か?を広く深く掘り下げていきたい連載企画” になります。 前回の【準備編】と題した記事では、この企画を始めるまでの動きや、企画としての狙い、記事を作成する際のポイントを備忘録的に書いたものです。 一読していただけると、よりこの連載企画を楽しんでいただけると思い

スキ
17

写真に洗剤をつけて、ティッシュでこすったらどう変化する?【#ポジティフルチャレンジ7】

株式会社ハッピースマイルの広報担当です。 #ポジティフルチャレンジ の第7弾です! 今回は、現像機でプリントした写真と家庭にあるインクジェットプリンターでプリントした写真に洗剤をつけて、ティッシュでこすると、写真はどう変化するのか検証してみました! それでは早速検証してみましょう!!! 写真の準備前回同様に今回も3枚の写真を用意しました。 (左)家庭用インクジェットプリンターでプリントした光沢紙の写真 (真ん中)家庭用インクジェットプリンターでプリントした印画紙の写

スキ
44

💥note連載(不定期)Non-Fiction❗私の緊急入院💉顛末記2📔💦

私の緊急入院💉顛末記2📔💦(投げ銭方式ですので無料で読めます) 2020年12月8日深夜「病院へ運ばれる・・・。」 やってきた救急隊員  2020年12月8日の深夜、 やって来たのは3人の救急隊員でした。 そのうちの隊長的隊員さんが、映画監督の木村大作さん(注・1)のような、大声で、べらんめえ口調で話す方だったのです。 (注1・映画監督。代表作は、「劒岳 点の記」「散り椿」など(監督・脚本・撮影)である) wikipedia木村大作より 動画 BSAsahi 

スキ
99
有料
10,000

自分を知ることはシンプルに生きること

きょうは、編み物とヨガのはなし これは今日仕上がったセーターです。 編み物は、5歳の頃に母から教わって、いろいろなものをたくさん編んできました。複雑な模様のセーターも何枚も編んで、ゲージの取り方や、自分のサイズと本の図案のサイズとの調整の仕方も母から教えてもらいました。 編み物歴は、48年!ということに! 母は、いつも何かを編んでいましたが、わたしもいつも何かを編んでいたい。 でも最近は、目が悪くなってきたのと、何も考えずに、ただ瞑想のように無心に編みたいので、シン

スキ
14

💥note連載(不定期)Non-Fiction❗私の緊急入院💉顛末記1📔💦

💥私の緊急入院💉❗顛末記1📔💦(投げ銭方式ですので無料で読めます) 2020年12月8日 火曜日深夜 救急搬送される  2020年12月8日 火曜日 深夜1時過ぎ頃・・・。 私は「ハア、ハア、ハア」と肩で息をしながら水を飲もうとして、やっとの思いで台所まで行って水道の水で口をすすいだ。 そして、少しだけ水を飲んで戻ろうとしたところで・・・。 とうとう私は、その場に倒れ込んでしまったのです。 そして心の中で「もうだめだ、これ以上、体を動かす事が出来ない・・・」と

スキ
91
有料
10,000

Berndとの出会いと別れのお話⑥

*story-6*初夏のドイツそして別れ これは、3年半前に亡くなった、パートナーのべアンドとの出会いと別れのお話の六話目です。スピリチュアルなお話を含むノンフィクションです。 今回は、ドイツの病院のことも少し書いてあります。 (是非、一話目から読んでいただけると嬉しいです↓) トッスンからのメッセージにすぐに気づいたわたしは、即座に返事をしました。 「すぐにチケットを取るから!」 そして、自分の仕事のスケジュールを確認し、クラスを休むことを生徒さんたちにお知らせしな

スキ
14
有料
300

💥note連載(不定期)Non-Fiction❗私の緊急入院💉顛末記📔💦プロローグ

💥note連載(不定期)Non-Fiction❗私の緊急入院💉顛末記📔💦プロローグ(投げ銭方式ですので無料で読めます)  某国会議員の話題  世間では、某国会議員が入院待ちの1万人以上の人々や入院できずに自宅で亡くなる人が大勢出ているにもかかわらず。 それらの人々を押しのけて、自分だけが入院したと話題になっています。  しかしこれは、まるで自分だけ、今だけ、金だけの現在の政治をそのまま体現しているような事柄だと思います。 彼は国会議員で無症状であるのだから、家族

スキ
88
有料
10,000

活動 #おかしな転生 @ラゾーナ川崎プラザソル 12/3~6 脚本 #WISH~奇跡を願う甘い夜~@ファンファーレ東新宿12/22~27脚本 #カフェあめだま @ルナラパン演劇部毎週火曜日 #パレット奮闘記 毎月15日 #note連載 #ルナラパン演劇部 中野南口徒歩4分

スキ
1

第9章 「MOTHER 」魔女の奇異な人生

「 母の思うようにはなりませぬ 」小さい頃からお花屋さんになりたい。と思っていたけど、小学生頃には「あれ?!お花屋さんになりたいのは,お母さんじゃないか?!」と気付いてしまった。親は、子供に自分の夢を被せてくるものだ。それも、すごく自然にゆっくりとじわじわと入れてくるから、意外と多くの人が自分で決めているようで、知らず知らずに親の希望や、夢と同化して、まるで自分の意志であるように生きてしまっている人も多いんではないかと思う。 何らかで自分というものを知った人間、或いは、反抗

スキ
5

第8章魔女の奇異な人生 「 着ぐるみも使いよう」

「エアー着ぐるみ装着高校生活」高校生になった魔女。中学2年生の時、最愛のおじいちゃんを無くしてから、人生が一転。どうやって生きていったらいいのか分からなくなり、「死んだらどこに行っちゃうの?」「何処から来て何処へ帰るの?」相変わらずそんな事ばかり考えている毎日。そのうち言葉にできない知りたい事を、いつの間にかカラスや精霊たちに教えてもらい、少し安堵して、いつの間にか高校生活も終えることができた。 そもそも、高校へ行くなら陸上が強い私立高校へ行きたかった。四人兄弟の我が家は余

スキ
4