note毎日更新

「レンアイ漫画家」5話。疑似恋愛の共同ミッションを乗り越えた2人。

清一郎があいこと屋外でハグをしちゃいました。

ハグの練習だと言いながらも、内心はしたくなったのでしょう。

あいこは驚きながらも手を回して受け入れてしまっていました。

あの表情からすると驚きの方が大きかったかもしれないけど、嬉しかったでしょうね。

通行人のおかげで現実に戻るような2人。

恥ずかしさが微笑ましかったですね。

展開に勢いづけたあいこの姉るりこ(観月ありさ)の登場は2人にとって

もっとみる
貴重な時間を割いて下さり、ありがとうございます!
1

わずか10日でフォロワー300人達成‼️の秘密‼️

どもーん👋💓まさかのまさかのnote始めて10日でフォロワー300人やった(*・ᴗ・*)وヨシ!🙋🏻‍♂️

まさか行くとは思わなかったなー(´ー`*)ウンウン

でもね、note始めた時の初日での目標がね

フォロワー1ヶ月で500人🙋🏻‍♂️✂️⸜( •᷄ὤ•᷅)⸝フォォォォ🔥

まずはね、ここを目指すの🙋🏻‍♂️✂️

後、200か〜うん頑張ろっ‼️‼️‼️‼️

改めて、

もっとみる
ありがとうございまーす🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️
24

イラストで配色のマンネリ化を打破したい時は〇〇をしよう



普段、自分があまり配色に使わない色を使ってみたらどうなるか実験的にやったものです。髪の毛の色って、私の場合は無意識に金色とか茶色とか黒色を選んでしまうので、あえて青とかオレンジも塗ってみようと思いました。

この絵ではみんな子供ですが、この子たちを大きくしたら乙女ゲーとか女性向けゲームに登場するようなイケメンになる…のかもしれません。

こどもの日に出しておけばよかったかな。まあ、他にも描き溜

もっとみる
ありがとうございます!お礼の宝石です💎(色は5種類)
15

ジェンダー意識を持つこと マカピーな日々#0402

マカピーです。

ジェンダーが専門の会社同僚が「ジェンダーと開発」についてZoom講義してくれました。

彼女は20年間もジェンダーに取り組んでいるプロで、英国の大学院でも学び国連ともかかわっている方でした。

マカピーは彼女の講義の後での感想に、山田洋二監督の『男はつらいよシリーズ』を例に、「シリーズを年代順で観て行くと、それぞれの時代の社会的な性別的役割分業の変遷が分かる」と意見を述べました。

もっとみる
もっともッと「スキ」がもらえるように頑張ります
25

まじめな人ほど英語学習に失敗する理由3選

みんな、頑張り過ぎなんだわ。

現代人って、多くの人が英語をやってるよね。

身を粉にして働いて、週6日くらい電車に揺られ、帰宅する頃には毎日クタクタ。そんな中でスキマ時間を見つけて、英語を必死で学んでいる。

しかし、そのうち何割がきちんと成果を出して、納得のいくレベルで自分の目標を達成できるまで、英語学習を続けられているだろうか?

体感値としては、せいぜい3割くらいだろう。

2:8の法則(

もっとみる
ありがとうございます❗❗英語なら任せてね👌🌟
32

🎹指が動かないんだ指が🎹

2021/05/08 21:05 コード譜を追記しました。2021/05/07 20:53 音源アップしました。
ご感想お待ちしております。
音楽的ツッコミも大歓迎です🤗

▼ 音源配信前の記事 ▼

ごきげんうるわしゅう。
諸君の味方、すみかです🤗

先日書いた「 Within 10 min. #35  」。

歌詞をイメージして書いたものでした。

せっかく書いたし、ということで曲をつけてみ

もっとみる

51歳の教訓 21.5.6

僕は元から失敗は多いほうだったが、50歳を超えて、とみに集中力の欠如を自分でも自覚せざるを得ない。

この文章を書いている日の前々日、スーパーに行き、そこの敷地内にあるATMで、お金を下ろしてきた。いつもだと、通帳やカードを置き忘れがないか、何度か見たり指差し確認(!)したりするのだが、その時はたまたま後ろに人が並んでいて、一瞬気にはなったものの、そのまま帰った。

で、家に帰ってからあらためて通

もっとみる
どんな時でもユーモアを忘れずに
5

自然に癒させる。砂が気持ちいい。できたら砂風呂に全身埋めたい。

ありがとうございます!
1

今日もおいしいもの、いただきました〜。バクラヴァとドンドルマと言うアイスクリーム。トルコのデザートです。

Mahalo! ありがとうございます!
8

|お客様が他社へ足を向けた時あなたの技量が問われる|  Always always bridal

・・・・・・・・・・



こんなことがありませんか?



よく聞く話でもあり、よく悩んでいる姿でもあります。どうにかしたいけど、どうにもできずにいる、答えがでない状態です。



それは、新規接客の後、ご一緒したお客様が、次の予約店舗へいかれる時、自分の中で…。


「そこへ行かないでほしい」「行かせたくない」「次の店で、契約されたらどうしよう?」そんな気持ちが、

もっとみる
ありがたいです!
3