裸ん行hadaka'n-gyo(naked run) at Fu-ro-gu shrine in Okawa city of Fukuoka Prefecture.

나체달리기 행사는 매년 2월에 개최되는 행사입니다. 본 행사는 잠옷이나 흰셔츠에 반바지를 입은채로 횃불을 들고 씩씩하게 거리를 누비는 행사인데요.
2020년에는 2월 10일 19:30분부터 시작됩니다.
이 축제에 참여하고 싶으신분은 연락주세요!
환복장소나 숙박시설, 픽업서비스 등을 제공해드립니다!

Naked Run' event is held on ever

もっとみる
また読んでくださいね!

032 | 個人事業主が作りたい収入タイプ

福岡で商業デザインを本業としながら、Webマガジン『ミッケ!フクオカ』の編集長でもあるおしけんです。note投稿32回目。今回は『個人事業主が作りたい収入タイプ』です。

企業に勤めている場合は、どうしても『会社から給与をもらう』という認識で仕事をするので、なかなか考え方としては伝わりにくい部分があります。基本的に企業であっても個人事業主であっても、『発生するお金(収入)は他人の財布にある』という

もっとみる
ありがとうございます!感謝!
11

私が思うプロレスにおいてのバッドエンド

どうもまっとんです

新日本プロレスの1.5において世間では『バッドエンド』と呼ばれる終わり方に賛否両論ですが、これに関連にして私が思う事をお話しします

誰にとってのバッドエンドか

まず私が気に入らないのが、バッドエンドと言っている人達基準で話が進んでいる事
いやいや、中には偏屈な人もいるでしょうよ
勧善懲悪が飽きている人もいるでしょうよ
こうした前提を突き付ける事はどうなんでしょうか?

もっとみる

031 | 始まりました2020年

福岡で商業デザインを本業としながら、Webマガジン『ミッケ!フクオカ』の編集長でもあるおしけんです。note投稿31回目。今回は『始まりました2020年』です。

始まりましたよ、2020年の仕事。とりあえず休みは1月2日まで、あとはクライアントの連絡があり次第、徐々に動き出す感じで考えとりました。全部のクライアントが一気に動き出す感じではないので、慣らし運転としてはちょうどいい感じの滑り出し。

もっとみる
ありがとうございます!感謝!
6

030 | 2020年のご挨拶

福岡で商業デザインを本業としながら、Webマガジン『ミッケ!フクオカ』の編集長でもあるおしけんです。note投稿30回目。今回は『2020年のご挨拶』です。ほんと、ご挨拶なので簡単に。

今年は個人事業主として4期目。今のところすでにですが、今年は色々な変化がありそうです。(というか、あるように自分で進める)もっともっと、事業の幅を広げないといけないし。規模も大きくしていかなきゃいけない。

WE

もっとみる
ありがとうございます!感謝!
9

僕は裸でおどりたい

2020年

光のたくさんある元旦。

Open my heart

Why 女性は裸で海に入れない?

Body女性で生まれた僕は
沖縄の海での感動体験。

裸で海に入るということ。

数年後、日本でやりたいと思っていること。

sknydip

その実現のための

日々のこと感じたこと

これに書いていく

2020年はASKAの名曲「FUKUOKA」レビュー動画から

2020年は、まずASKAさんの名曲「FUKUOKA」レビュー動画をYouTubeにアップしました。

今回も、かんたんAITalk3の音声です。メンタリストDaiGoさんを参考に、標準よりも早口にしています。

動画作成は、想像以上に時間がかかるので、なかなか頻繁にアップはできないのですが、長い目で見ていただけたらと思います。

興味を持たれた方は、チャンネル登録をお願いいたします。

もっとみる
スキありがとうございます。これからも、よろしくお願いいたします。
6

029 | 2019年振り返り/WEBマガジン編

福岡で商業デザインを本業としながら、Webマガジン『ミッケ!フクオカ』の編集長でもあるおしけんです。note投稿29回目。今回は『2019年振り返り/WEBマガジン編』です。

2018年10月に創刊したWEBマガジン『ミッケ!フクオカ』は、無事に1周年を迎えることが出来ました。創刊からこれまで、本当にたくさんの人たちに関わっていただいて、現在も2ヶ月に1度のリリースを続けています。

世の中には

もっとみる
ありがとうございます!感謝!
7

FTOの大会を見て感じた事

どうも、まっとんです

先日FTOの大会を観戦して感じた事を書きまとめたいと思います

全員で作るプロレス

私が言うべき事ではないかもしれませんが、FTOの選手は、全員とても試合が上手いわけではないと感じます

ですが、プロレスというものを見事に表現している団体だと思います

プロレスには、善悪があってライバルがいていろんな思いが交錯するものです
その全てを観戦している人達に正面から、プロレスを

もっとみる

2007年10月18日の秋の夕空

この写真たちもSONYのDSC-T100で撮影。

SONYのWalkmanとこのカメラを常に持ち歩いてた。

もっとみる