WBG6D

『アドベント19』 / #パルプアドベントカレンダー2019

この作品は上記世界の物語です。

「相変わらず他では見ないくらい混んでるね」
「そうだな。普通、ダンジョンで人を避けて動くとか並んでモンスターを待つなんて有り得ないものな」
超大規模VRゲーム【BlackGate】内、プレイヤー街【フィフスノート】。冒険者《エクスプローラー》でごった返す一画を、僕と黒川さんは歩いていた。
有志で運営される大型プライベートヴァース上に築かれた、紛うことなき【街】は、

もっとみる
ありがとうございます
30

暗洞に声よ響いて #10

最初から
前回へ

「あ、ああ、あの」
さっき声をかけた青年冒険者さんから、今度は反対に声をかけられた。やたらと切羽詰った感じで。
「あなた、オールコントロールなんでうか?」
噛んでるし。私は返事代わりに首を縦に振る。

「うお……そんな細かい仕草まで……じゃなくて、手伝って欲しいことがあってですね」
こんな初心者丸出しの私に? と思うが黙って聞いてみる。
「この先に有るクエストエリアのボスがオー

もっとみる
ありがとうございます
12

暗洞に声よ響いて #9

【最初から】
【前回へ】

そして、行く先々で既に狩場が使用され、やんわりと向けられる(ここ使ってんですけど)オーラに抗えず退散を繰り返し、さりとてダンジョン自体から出ることは出来ず、その結果私は第5階層にまで来てしまっていた。
『この階層より上に行くと、一気に敵が難化するようですね。今の装備では攻撃が通じない場合があります』
「このフロアで狩場を見つけたいなあ」
元々はボスが設置されていた”区切

もっとみる
ありがとうございます
12

魔族砦で放課後を #1

「砦を取りに行こうよ!」
ふわふわの髪を跳ねさせて、せんちゃんが例によってそんなトんだ発言をしたのは、私達が放課後の部室で『各々猫動画を見て最強の猫動画を決める決定戦』をしているときだった。

「ゑーと……最初から話して」
指をくるくる回しながらよーこちゃんが言う。なに? その仕草。
「えとね、BGのハウジングシステム? ってのがあって、その一環でフィールド上の施設を奪える機能があるんだって! 昨

もっとみる

暗洞に声よ響いて #8

最初から
前回へ

実装前から新要素獲得競争の戦いは始まる。けして先走って実装前なのにダンジョンを走り回ってたというわけではないのだよ。

そうしておよそ一日かけて探し回った結果、試練の塔5階が件の新アイテムドロップイベントが発生するんじゃないかと目星をたてた。詳しく言えば、このフロアの隅にある、【崩壊領域】と呼ばれる塔オブジェクトが倒壊したmob無popエリア。前から何かあるぞ何かあるぞと噂され

もっとみる

ダンジョンに装甲変身ヒーローがいていいのだろうか#3(終)

前回へ

『アーマーの強化にあたり、まず関連スキル【装甲服作成】を取得してください』
「追加で? 痛いな」
『コストは最低です。今のところ』
ほんとだ。1ポイントだ。実質タダ。
取得済みスキルに関連するスキルはコストが跳ね上がる【調整】がされている場合があるので、このコストは破格だ。今後何らかの情勢変化……このスキルセットが大人気になったりしたら……スキル取得・育成に必要なポイントが【調整】され、

もっとみる
ありがとうございます
15

ダンジョンに装甲変身ヒーローがいていいのだろうか#2

前回へ

「うわ、速っや」
普段は命中回避の判定に使われるだけのステータスが実パラメーターとして反映され、一足で数メートルを跳ぶ。遺跡の敵エリアへはあと数歩。敵の反応がうっすらと赤く視界に映る。この調子なら壁走りすら出来るかもしれない。

『おはようございます。戦闘行動を開始しますか?』
その時、耳元で聞き慣れない女性の声が響いた。
「えぇ!? だれ!?」
『付属型戦闘支援AI、リリイフラワーです

もっとみる

ダンジョンに装甲変身ヒーローがいていいのだろうか#1【W.B.G番外編】

565>>【朗報】なんだかよくわからんが「装甲変身」とかいう新スキル覚えた
566>>この書込みは削除されました
567>>またまたご冗談を
568>>嘘乙
569>>この書込みは削除されました
570>>新実装かな?新スキル久しぶりだね

新実装でした。



ダンジョン【月遺跡】表面層。
新しく覚えたスキル、【装甲変身】を試すべく、俺はこんなとこまで来ていた。特段旨味のないmob構成、そして

もっとみる
ありがとうございます
15

暗洞に声よ響いて #7

最初から
前回へ

然程ひどい顔はせずに、家に帰って来れたと信じたい。

『お帰りなさい、レイコ様』
「うん、只今」

キッチンに買い物の袋を置き、また水を飲む。今度は水道水だけど。
『お食事のあとは、ダンジョンに行かれますか? それでしたらまた次の攻略情報を……』
「今日は、もういい」
『……左様ですか』
サンデイがなんだか少し嬉しそうだった気もするが、気のせいだろうか。だが、私は無性に”れいん

もっとみる

暗洞に声よ響いて #6

最初から
前回へ

「……ふはっ」
ゲーム内から戻ると、一瞬息を忘れて大きく息を吸う。いつもの癖だ。
『現時点でキャラクター作成に使用したポイント分は稼げましたが、目標額はこの約10倍ですから、ペースが不安ですね、レイコ様』
「配信に向けて練習もしたいから、休みの明日か、ギリギリ明後日くらいまでが期限だね。半日でこれだと、もっと効率のいいところじゃないと……」
狩場、というらしい。私もあっちも実際

もっとみる
ありがとうございます
11