【娼婦に愛された男】在住9年フィリピン「夜の仙人」インタビュー|リアルな女遊び情事

どうも、ミムラです。

このnoteは、フィリピンマニラに在住して9年目になる日本人「夜の仙人」ことSさんへのインタビューです。Sさんは国内外含め、私が知る限り一番の女好きで絶倫男です。

もうすぐ50歳を迎えるそうですが、見た目は若々しくエネルギーに溢れ、その性欲には天性のものを感じます。

また本業とは別に株や為替(FX)の相場をやっておられ、リスク管理や損切りなどをそのまま女遊びに当てはめ、

もっとみる

ばかども!? 〜ARE YOU SURE〜

うちのチャイニーズスタッフがばか過ぎて呆れたという話です。私の送り会をやろうとして、レストランを予約してご飯を食べる所まではまあ至って普通だったので、ありがとうって言ってあげても良かったけど、帰り道でどうしてもKTVに行こうっていって譲らない。

くそが!って内心思いながら一緒に行ったのである。いきなり爆音のカラオケスタートして、そして頼んでもない女の子を横につけて来る。いらなければいらないっては

もっとみる
ありがとうございます。フォローやコメントもお待ちしております。
6

【中編】アジア圏で一番好きになってしまったフィリピン・マニラの夜遊び情報~初心者向け~

お待たせしました!

前回、大好評だった(己の中で)フィリピン・マニラ夜遊び情報中編をお届けします。

前編こちら▽

明後日9日から、またマニラに行ってまいりますので、自分の中のいろんな”欲”を高める為にしっかりと思い出し書きしていきますよー!

キャバクラってこんなに楽しかったっけ?

さて、前回どこまで書いたか見直してきました(笑)

そう、エロ可愛い広瀬すず似の女の子が登場したところでした

もっとみる

【前編】アジア圏で一番好きになってしまったフィリピン・マニラの夜遊び情報~初心者向け~

7月29日より8月1日までフィリピン・マニラで開催されたAPPTに参加してきました。

ポーカーイベントには3つ、4つ出るつもりで臨んだのですが、実際に参加したのは1つのイベントのみ!

その理由は、、、

夜遊びが楽しすぎて、カジノに行かなかった!!!

です笑

いやーマニラの夜最高!!!!

もうね。

本当によかった、、、としみじみ言いたい。。。

このnoteでは

フィリピン夜遊びのど

もっとみる

オジサンのバンコク夜遊び旅行日記 NO.8

深夜3時過ぎにパタヤからバンコクに戻ってきました。

それでも朝6時には起きてしまいます。

長く社畜生活を送っているので、体が覚えているんでしょうね。

なかなかお昼まで寝るとかできないですねぇ・・・・。

部屋で8時ころまでウダウダして、朝ご飯でも食べようかと外に出ました。

エビワンタン(ギョウクン)のタイラーメンを食べたかったんですが、近所にないので久々にマックに行きました。

うん、たい

もっとみる
好き、ありがとうございます
6

How to疑似恋愛:オジサンが日本とASEANで夜嬢と疑似恋愛をするにには?

◆夜のクラブ活動の区分

まず、夜嬢と出会うためにどんな場所があるのか、日本とASEANにある夜のクラブ活動の場所を整理してみましょう

日本にもあるもの
1.キャバクラ
2.ナイトクラブ
3.お風呂系
4.置屋

ASEANにしかないもの
5.Go Go BAR
6.KTV(カラ置屋)
7.Beer BAR

オジサンからすると夜のクラブ活動の最大の利点は、取りあえずお店に行けば女子と知り合える

もっとみる
好き、ありがとうございます
2

KTVは1番の英会話教室

二郎さんと森さんと1年ぶりの再会でした。

出会った頃はハッチャケてましたが、一周してお二人とも綺麗で若いステキなフィリピン人女性と結婚して充実した毎日を送っています。

それも関係なく、僕は独身なので大先輩方お二人を無理矢理KTV(フィリピンカラオケ)に誘いました。笑

ステージカラオケハマります。

女の子指名して、お酒はビール、焼酎飲み放題でなんと1時間1300円くらいです。

やっす!!

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!また是非記事を読んでくださいね!
6

中国夜の店事情 上海KTV編①

これから中国に旅行される方、中国駐在が始まり夜の接待も控えている方、中国の夜の店を知りたい方向けにご紹介します。

KTVとは

中国の代表的な夜の店としてにはKTVというジャンルがあります。KTVとはカラオケTVの略称なのですが、実際はセクシーな服を着たお姉ちゃんと一緒に部屋の中で飲んで歌って騒ぐ。所謂キャバクラです。中国の法律上は「脱がない・隣に座らない・性的サービスをしない」条件で適法なので

もっとみる

空白の感情の正体

前回記事はこう触れた。

中国研究短期留学にて、半ばで大きな興奮を味わった結果、留学を終える3日前だというのに特に何も感じることがない。経験はポジティブなものだから、成長の果の完全燃焼なのだろうか、と?だとしたら、なんだか悲しい。欲しかったのはこの空っぽ感とは違う、むしろ対局にある充実感だったのに。

おそらくこのこと自体は何ら珍しいことではない。たぶん過去にもあっただろうし、文化祭の後の退屈な日

もっとみる
ありがとう!!
8

エモい夜を生きている

ここ最近、ほぼ毎週末飲んでいます。

4週間前の週末は金曜日に焼鳥屋で飲んで、カラオケ行って、朝5時に同僚2人を引き連れて帰宅。ひとつのマットレスで川の字になって寝て、翌日の土曜日に起きて、夕方ごろから家でまた飲んで、その晩も川の字就寝。2連泊。そのまた翌日、日曜日の昼にラーメン食って解散。

3週間前は飲みに行くかー、という話になったものの、いったん家に帰ったら寝ちゃった(結局人が集まらずバラシ

もっとみる