♪ 深海の底で唄う歌(オリジナル曲)

WaterBlueに続いて、海をテーマにしたオリジナル楽曲作品です。
こちらは歌も入っています、少し何かの劇中歌のような雰囲気の楽曲です。

この曲、ならびにWaterBlueという楽曲は若干「海のタバルサ」という題で描いている漫画作品とゆるくクロスオーバーした音楽作品だったりします。。(実際の漫画と雰囲気が異なりかなりしっとりとした作品となっていますが)

よければぜひお聴きください。

ありがとうございます!面白い投稿続けられるよう頑張ります
4

nekyuIA__IAver

sheeplibra

00:00 | 00:30

∇nekyuIA∇

>オリジナル曲「nekyuIA」VOCALOID「IA」ver
https://www.vocaloid.com/products/show/v3l_ia

∇Lily ver ニコニコ動画∇
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37422292

貴方もマニアックですね☆
1

残照-Afterglow-

夏の暮れ時をイメージした様な曲です。
以前作っていた曲をリメイク・アレンジしたものになります
ややロック楽曲調です

少し物寂しい・物憂げな雰囲気が強調されてけたたましくもしっとりとした曲です
良ければお聴きください

ありがとうございます!これからも色々描いたり作ります
3

VTuberユニットフェス「VILLS」IA&ONE セットリスト予想の答え合わせ

公演前に書いた、セットリスト予想の答え合わせです。

公演後、VILLS公式アカウントからセットリストが公開されました。

公演前に書いたセットリスト予想は、こちら。

1. アスノヨゾラ哨戒班
2. (VTuberファンも知っている有名曲)
 本命:おねがいダーリン
 対抗:チルドレンレコード
 大穴:DAYBREAK FRONTLINE
3. (ARIAer向けのライブ定番曲)
 本命:てるみ

もっとみる
ありがとう!
6

VTuberユニットフェス「VILLS」に出演する IA&ONE のセットリスト、過去公式ライブ曲などから予想してみる

7/19(日)に、VTuberユニットフェス「VILLS」がオンラインで開催されて、そこにIAとONEがユニットとして出演します。

他の出演者がVTuberばかりで、VOCALOID&CeVIO(公式的にはバーチャルアーティスト)なIAとONEにとってはアウェイ気味な出演ですが、2人のファンの私としては楽しみです。本当は、リアルのライブ会場で他の観客に混じってアウェイな空気も含めて楽しみたかった

もっとみる
嬉しいです!
1

分類したあとは、ちゃんと繋げることが必要だ!

IAという肩書きで活動をしているが故に、様々な情報を整理したり分解したりする癖が付いているのですが、片方でやればやるほど、「所詮」感が出てしまいます。

その「所詮」とは

世の中のいろんなことは所詮人がわけたものであり、全部繋がってる。

分類するというのを壁を作ると同義に捉えてしまっていては意味がありません。 IAの文脈で語ればそれは、「情報」というものになりますが、少し考え方を広げてみれば「

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!!
4

【ボカロ】雨、傘をなくして【オリジナル】

この自作曲。

で、最初に出来たのがこのアルペジオ。
曲中には一切出てこないですけどね。

なんとなくサビの感じはあるかと思いますけど。

ピアノメインのアレンジになったので、ギターはほとんど出番無しと言うか、Bメロとサビに入ってるんですけど、あまりにたいしたことをしていないので曲中のtab譜は無しです。

最初がギターから作っても、最終的にはこんな曲になったりするよ~みたいな特に誰に向けるでも無

もっとみる
おみくじ売り切れ
3

IA/UXプラクティスを読んで

本日はIA/UXプラクティスで学習したことをまとめていきたいと思います!

はじめに

そもそもUI/UXという言葉は多く聞くと思いますが、IAという言葉はあまり聞き馴染みがない方も多いのではないでしょうか?(私は初耳でした…)

IAとは・・・情報アーキテクチャとも呼ばれ、「情報をわかりやすく伝え」「受け手が情報を探しやすくする」ための表現技術です。

今回はCapture3の「モバイルにおける

もっとみる

パンの詳細ページにアクセスしたくなるサイト設計を考える。(UXライティングとかを駆使して。)

会社でお手伝いしている松本市のパン屋スイートのサイト。

4月にサイトリニューアルし、アクセス数やコンバージョンといったデータ系に加え、リアルにいただく声もとても好感触でございます。(とりあえずほっとしています)

課題:パン詳細ページの人気がない

ただ1つ、ここの伸びが足りないなと思っているページがあります。

それは、「パンのページです」。

『パン屋さんのサイトなのにパンのページのアクセス

もっとみる
嬉しいです!
6