Houdini

Houdini18.5 Solaris(USD) トレーニング Part3    Solarisについて
+29

Houdini18.5 Solaris(USD) トレーニング Part3    Solarisについて

はじめに YouTubeに説明動画をUPしておりますので、併せてご覧ください。 今回のパートは、演習を含んでおります。 下のファイルが該当データとなっておりますので、 ぜひダウンロードしてご活用ください。 ■この記事を閲覧される対象の方 ・Solaris(USD)について体系的に学習したい方 ・Houdini Solarisの導入を検討している方 ・ライティング、ルック開発、レイアウトに携わるアーティスト ■記事作成時の情報について Houdini18.5.462、2

スキ
2
ジグソーパズル

ジグソーパズル

「ジグソーパズル」 久しぶりにジグソーパズルのアニメーションを作ってみた。 こんなやつ。 https://youtu.be/QRCiDL4a1wc 演出もなにもつけてないけど。 以前に作ったやつはこれ。 https://youtu.be/W3Cd0lbB1wE ジグソーパズルは昔から好きで、毎年、お正月には、家族で組んでいた。 フレームに収めて、代わる代わる、家の中に飾っている。 母は、いわさきちひろの絵が好きで、これだけは、飾りっぱなしだ。 年中明るいと

スキ
2
Houdini18.5 Solaris(USD) トレーニング Part2                  Houdiniでのレンダリング&Houdini18.5でのビューポート
+18

Houdini18.5 Solaris(USD) トレーニング Part2                  Houdiniでのレンダリング&Houdini18.5でのビューポート

はじめに YouTubeに説明動画をUPしておりますので、併せてご覧ください。 ■この記事を閲覧される対象の方 ・Solaris(USD)について体系的に学習したい方 ・Houdini Solarisの導入を検討している方 ・ライティング、ルック開発、レイアウトに携わるアーティスト ■記事作成時の情報について Houdini18.5.462、2021年9月に作成 -----------------------------------------------------

スキ
1
次のファンタジア
+1

次のファンタジア

「次のファンタジア」 先日弾いた、シマノフスキの難しい曲に絵をつけようと思っている。 できるかどうかわからない。 そして、その手法は、水の反映や、月の光や、パスピエでやった、「音楽が描く絵」の手法を使おうと思っている。 というわけで、楽曲の数値的な分析をしていた。 この絵は、その分析結果を絵にしたもの。 上下方向が音の強さ、左奥方向は音の高さ、右奥方向は時間。 ちいさな球の大きさは音の強さを表していて、色は音の強さと高さでつけている。 音の高さを絶対温度、音の

スキ
1
Houdini18.5 Solaris(USD) トレーニング Part1 USDについて
+23

Houdini18.5 Solaris(USD) トレーニング Part1 USDについて

はじめに YouTubeに連動した説明動画をUPしておりますので、併せてご覧ください。 ■この記事を閲覧される対象の方 ・Solaris(USD)について体系的に学習したい方 ・Houdini Solarisの導入を検討している方 ・ライティング、ルック開発、レイアウトに携わるアーティスト ■この記事の目的 本記事は、「Houdini18.5 Solaris(USD) トレーニング」は全5パートに分かれた記事を通して、SideFX社Houdini 18.5に搭載されたS

スキ
3
イラスト制作に3Dツールを取り入れる実験➀
+16

イラスト制作に3Dツールを取り入れる実験➀

先日、以下のような絵をかきました。水の部分は実験的に3Dソフトで制作しています。 大まかな流れとしては ➀人を描く ➁水を作る ➂上記二つをマスクで合成 というよくある手法です。今回は3D部分を中心に、上記のフローを簡単にご紹介できたらと思います。 使用したツールは以下の通りです ・CLIP STUDIO ・Houdini(indie) ・Blender (2.9) 人体イラスト【クリスタ】 まずはラフです。ここは3Dで作成して~こっちから光が当たって~という簡単な設計

スキ
5
RenderMan for Houdini 23.6
+1

RenderMan for Houdini 23.6

はじめに RenderMan 24にまだアップグレードしてない人の為のメンテナンスリリース、RenderMan 23.6がリリースされた。 上記のリンクを読むと、対応するHoudiniのバージョンが以前の18.5.351から18.5.633、18.5.672、18.5.696まで拡充された。RenderMan の最新バージョンは24ではあるがまだ未対応な所もあるので、安定して業務で使いたい人は23.6を使うのも一手だ。 インストール方法 インストール方法はいたって簡単。す

RenderManの学習リソース

RenderManの学習リソース

はじめに 自分がRenderMan を学習していく上で役に立ったサイトなどを紹介する。残念ながらRenderMan の学習リソースはほぼ英語のものがほとんど。これを機会に英語を学ぶのも良いかも。 Learn RenderMan 下記のリンクに全てまとまっているが、それだと不親切すぎるのでちょっとだけ説明する。 Learn|Tutorials Pixarが紹介するチュートリアルサイトのリンク集 Learn|ResourcesRenderManで使用できるマテリアルサンプル

スキ
1
Houdini SwitchSOP
+13

Houdini SwitchSOP

Houdiniでswitchを使ってsubnetに接続がある場合とない場合で処理を分けようとしたときに、色々と教えてもらったり、新しく分かったことがあるのでまとめます。 Switchの基本 複数の入力を入れて、Select Inputで分岐できます。 この場合は、0 sphete/1 box/2 tube で指定できます。 自動的に分岐させるにはエクスプレッション関数を使うと便利です。 $FF % 3 現在のフレーム数に従って0,1,2を繰り返します。(余剰の周期性

スキ
3
Why Linux?

Why Linux?

HoudiniはWindows版、MacOS版、Linux版とあり、RenderManやNukeも同様にWindows版、MacOS版、Linux版が存在する。Windows版、MacOS版を使用すればこれまで投稿してきた記事にあるような面倒なことをやらなくてもソフトウェアのインストールは簡単に済むかもしれない。それではなぜ私が自分の制作環境にLinuxを選んだのか。その答えの一端が下記の記事にある。 Houdini Benchmark Cores vs Clockspee