Flutter

Flutter やってみる (1) Win10 開発環境構築
+32

Flutter やってみる (1) Win10 開発環境構築

はいはろー、たか@ゼロナナです。 Flutter とはなにかGoogleがリリースしたモバイルアプリフレームワーク。 Androidと iOS(ウェブアプリも)をまとめて開発できるらしい。 PHP+MySQL で開発しているCLUDウェブシステムを Flutter でアプリに移植できたらいいなって思っています。 まだよくわからないので、どんどん追記します。 本noteに関してiPhoneなどのiOSアプリの開発にあたっては開発環境としてMac+Xcodeが必要みたいですが

スキ
2
【Mac】flutterの環境構築
+1

【Mac】flutterの環境構築

初めましてblueです。 現在、ITベンチャー企業でflutterを使用したスマホアプリ開発を行っています。 自分のMacをクリアインストールして、改めてFlutterの環境構築をする必要があったので、それについて記事にしてみました! ローカル環境MacBook Ari  macOS Big Sur バージョン11.6 Flutter公式サイトFlutterのインストール下記から自分の環境に合わせて、インストールします。 ①目的の場所に抽出します。 公式サイトではd

スキ
3
flutterとは

flutterとは

flutterを使うとクロスプラットフォームでアプリを製作できる、アンドロイドiphoneともに開発できる画期的なシステムです!

開発日記:2021/10/12 Riverpodへのアプローチ

開発日記:2021/10/12 Riverpodへのアプローチ

わからなくなった。 Riverpod公式を触ってみたがどうにもエラーが治らず。 ))が重なるのが見づらかったので改行しても自動的に改行が消されてしまう。VSCodeの設定をイジったら改行が全て削除されるようになってしまい、コピペすると改行が一切無視されて貼りつけされるようになってしまい結局VScodeをアンインストール。 エディタから見直す事になってしまった。 エディタというのは不正確でRiverpodである必要があるのか、Flutter である必要があるのかまで見直

flutterでトースト表示
+1

flutterでトースト表示

初めましてblueです。 現在、ITベンチャー企業でスマホアプリ開発を行なっています。 今回はflutterでトースト表示する方法について記事にしてみました! トーストとは?トーストとは、主にデスクトップアプリケーションの機能で、情報通知用の小さなウィンドウをディスプレイの下方から一時的にポップアップ表示すること こんな感じのやつです。 使用するパッケージ導入方法pubspec.yamlに下記を追加 dependencies: fluttertoast: ^8.0

スキ
2
Flutterの静的解析を使ってみる
+3

Flutterの静的解析を使ってみる

「静的解析」ってご存知ですか? 今まで知らなかったのですが、使ってみたところとても勉強になったのでメモしておきます。 Flutterの静的解析で何ができる?(ど素人目線) ・相応しくない書き方を教えてくれる ・推奨される書き方を学ぶ機会になる 独学でやっているため、独りよがりな悪いコードになってしまうリスクがありました。静的解析を使うとそのリスクを軽減できます。 具体例よくないコードがあると、Dart Analysisのところにヒントを出してくれます。 該当箇所に行く

【Flutter/ コピペで動く】複数のボタンがアニメーションで登場するActionButton
+3

【Flutter/ コピペで動く】複数のボタンがアニメーションで登場するActionButton

FloatingActionButtonにピッタリのアニメーションボタンをつくりました! クリックすると↓のようにアニメーションしながらボタンが展開されます。 画像だとわかりにくいと思うので、サンプルをご確認ください。 ↓のような感じで使います。 AnimatedFab( buttonColorActive: Colors.lightBlue, items: [ FloatingActionButton( heroTag: 'home', onPr

スキ
1
有料
800
家計簿アプリ製作を通して Riverpod を理解する
+1

家計簿アプリ製作を通して Riverpod を理解する

Webデベロッパーの jiyuujin (Yuma Kitamura) です。 半年ぶりのハンズオン企画。第 1 回以来久しぶりにオフライン会場を解禁しており、今後オンライン開催と併用するひとつのモデルを築けたものと自負しています。 今回扱ったテーマは Google スプレッドシートを簡易データベースと見做して、アプリ上で家計簿管理できるようにしたアプリを製作した。 スタッフを始め運営に携わった皆さまには改めて感謝を申し上げます。 今回も大西優司先生(通称・先生)企画

スキ
3
開発日記:2021/10/3 重い所に目処つけないと

開発日記:2021/10/3 重い所に目処つけないと

どうにも動けない。 今日はコーディングでmainファイルでProvider scopeでルートを指定したあとにProvider の宣言をしようとしていたら詰まった。 とりあえず作るProviderが定義し終わってない。 機能の他の項目はすぐ終わったがスケジュールの項目が終わらない。 結局Flutterで既に搭載されていないか調べた。 Riverpodと連携する例はなさそうだがパッケージはあった。 ホッとしたが文章書いているときに機能削るのもありかと思えてきた。 とりあえず風呂

スキ
1
Flutterで処理を待つ

Flutterで処理を待つ

初めましてblueです。 現在、ITベンチャー企業でFlutterを使用してスマホアプリ開発を行っています。 今回はFlutterで処理を待つ方法について記事にしてみました! 実装コード//インポートするライブラリimport 'dart:async';//処理を待つメソッドawait Future.delayed(Duration(seconds: 3));//awaitが無くても大丈夫ですFuture.delayed(Duration(seconds: 3));//

スキ
2