Designship2018

Designship 2019が「物語」にこだわる理由

Designship 2019が「物語」にこだわる理由

こんにちは、一般社団法人デザインシップ代表の広野(@hajipion)です。 去年に引き続き「Designship 2019」もオーガナイザーとして、仲間たちとわいわい運営しております。 (↓「Designship 2018」の背景・カンファレンスの様子はこちら) デザインシップ運営事務局は非営利団体のため、いくらかのお礼やご飯代などをのぞき基本的にはボランティアなのですが、だからこそといっていいのか物凄い熱量とプライドをもって運営に臨んでくれるスタッフしかいません。

スキ
41
from bookmark to favorite - 2018.12

from bookmark to favorite - 2018.12

これは、日々の Web 制作で生まれたブックマーク集です。時事的に新しい記事もあれば、そうでないものもあります。引き出しやすいようにメモも付けておきます。 JavaScript web speech API - たった 17 行のコードで音声自動文字起こしを実装する - Qiita JavaScript の web speech API で Chrome で動く自動文字起こしの実装。 optimize third party script - サードパーティ Java

スキ
3
デザイン体操をやってみた(2019.3.23)

デザイン体操をやってみた(2019.3.23)

Designship2018で、偶然知った阿部雅世さんの『デザイン体操』。話を聞き終わり、試したくなったので、同じタイミングで同じことを思ってた同士5人と新宿御苑へ。 <今回の私たちのルール> ルールはシンプル。 2〜3人のグループで、自然の中からアルファベットを探す。 【OK】 落ちている木々同士がたまたまAに見えた(人間の手で加工していない有機物の集合) 【NG】 「フェンスの金網がAに見えた」(無機物) 「木々を拾ってAを作った」(有機物の人間による加工)

スキ
9
デザイン体操ABCワークショップをやってみたお話

デザイン体操ABCワークショップをやってみたお話

デザイナーのわなみんです。3月下旬、桜が咲き始めた新宿御苑にて「デザイン体操」というデザインの屋外ワークショップをやってみたので、そのフィールドワークのプロセスと学びを記録しました。 デザイン体操とは デザイン体操とは、ブルーノ・ムナーリなどの著書を翻訳しているデザイナーの阿部雅世さんが考案されたデザインエクササイズ「自然の中からアルファベットに見える部分を見つける」屋外で行うワークショップのことです。 デザイン体操のワークショップをやったきっかけ 私がデザイン体操と

スキ
21
“I”と“We”の壁を壊せるか——Takramの「越境」が生むデザイン駆動型のイノベーション #Designship2018

“I”と“We”の壁を壊せるか——Takramの「越境」が生むデザイン駆動型のイノベーション #Designship2018

2018年12月1日、2日の2日間にわたり、デザインカンファレンス「Designship2018」が開催された。あらゆる業界から第一線で活躍するデザイナーが集い、2日間でのべ20名以上のデザイナーがセッションをおこなわれた。 1日目の最終セッション『越境するデザイン』に登壇したのは、Takram代表の田川欣哉氏だ。Takramはアプリやプロダクトのデザインにとどまらず、ブランドデザインや空間デザイン、さらには未来を考えるビジョンデザインまで、多種多様な領域のデザインを切り拓

スキ
90
“デザイナー”を切り拓く——Basecamp坪田朋氏が挑み続けるキャリア #Designship2018

“デザイナー”を切り拓く——Basecamp坪田朋氏が挑み続けるキャリア #Designship2018

2018年12月1日、2日の2日間にわたり、デザインカンファレンス「Designship2018」が開催された。あらゆる業界から第一線で活躍するデザイナーが集い、2日間でのべ20名以上のデザイナーによるセッションがおこなわれた。 2日目、ゲストスピーカーとして『エクスペリエンスデザイナーとしてチャレンジしてきた俺の屍を越えてゆけ』と題したセッションに登壇したのは、Basecamp代表の坪田朋氏だ。 様々な規模の組織でプレイヤーからマネージャー、経営者までを経験してきた同氏

スキ
44
Designship グラレコの舞台裏、大公開!

Designship グラレコの舞台裏、大公開!

2018年12月。今回始めて開催された日本最大級のデザインカンファレンス「Designship(デザインシップ)」。コンセプトの斬新さと名前を伏せたスピーカー選抜、エモいストーリーテリングスタイルから多くの注目を集め、その日のトレンド3位に入るという、快挙を成し遂げました。 そして、このDesignshipに一つの花を添えた、グラフィックレコーディング。黒地に白文字という斬新さと、参加者が書き込むポストシステムにより、これまでにない新しいグラフィックレコーディングとして、話

スキ
41
音声をライフスタイルメディアに! Voicyが提案する”豊かな生活”について妄想してみた #Voicy #Designship2018

音声をライフスタイルメディアに! Voicyが提案する”豊かな生活”について妄想してみた #Voicy #Designship2018

こんにちは、えのちゃん(@ayaka_enmt)です。 #Voicyファンラボ の第1期生として活動して、あっという間に4ヶ月が経過。それから、Voicyに入社しよう!と思い切って決断。 私自身、ファンラボの活動を通して、Voicyについても考える機会が増えていました。そこで、今日は #Designship2018 に登壇された、VoicyのUI/UXデザイナー 京谷さん(@mi___ko120)のお話をもとに、”豊かな生活”を妄想していきたいなぁと思います。 「これから

スキ
7
「Designship2018」にビジュアルシンキングパートナーとして参画しました

「Designship2018」にビジュアルシンキングパートナーとして参画しました

2018年12月1日〜2日の2日間、東京ミッドタウン日比谷内にあるBASEQにて「業界の壁を越えた、日本最大級のデザインカンファレンス Designship」が開催されました 。 グラグリッドはこの新しい試みの場に、ビジュアルシンキングパートナーとして参画しました。グラフィックレコーディングを活用した、「ビジュアルボード」を用いて、参加者とのインタラクティブなコミュニケーションや、場の活性化を行いました。 この記事では、私たちのイベントでの取り組みや、活動についてご紹介します

スキ
9
【Designship2018】トイレの美しさに向き合い続けて考えた事

【Designship2018】トイレの美しさに向き合い続けて考えた事

12/1、2の二日間、日比谷ミッドタウンで開催されたデザインカンファレンス「Designship」に登壇しました。当日のスライドとスクリプトを、公開します。いろんなデザイナーの方に役立てれば幸いでございます! こんにちわ おおつかかずきと申します。 東京でデザインを学び、 今は、インハウスのプロダクトデザイナーとして働いています。     ひと昔前は、手榴弾が街中に落ちているとニュースが度々やっていたといわれる。北九州という辺境の地からやってきました。 今日皆さんへお伝え

スキ
42