DAW制作

6.ミックス

どうも皆さん
おはこんばんちは。

さて、いよいよミックスです。
ミックスとは読んで字のごとく
各楽器を混ぜ合わせて
一つの楽曲に仕上げる作業ですね。
一番難しく、一番楽しく
一番気持ちがいい作業です。
これまた、これが正解というのは無いです。
モワモワしていようが
ジャギジャギしていようが
ご自身が気持ちがいい音なら
それが正解です。
とは言いつつも
ご自身のCDを作って売ったり
ご自身しか聴か

もっとみる

ディスコ/ファンクで使われる定番のブラスビブラートを無料プラグインで簡単に実現する

ここで言っている「定番のブラスビブラート」とは, ブラス音の末尾が「ビヨヨ〜ン」となるあの音のことだが, 本稿では無料プラグイン+DAWのオートメーションを用いて, できるだけ簡単に実現してみる.

【用意するプラグイン】
■MeldaProduction製「MVibrato」
https://www.meldaproduction.com/MVibrato
フリーダウンロード / Mac(64b

もっとみる

2019年ベストプラグイン10選【楽曲制作】

2019年も残り僅か今年も沢山楽曲を制作しました
そんな中で使用頻度が高かったプラグインを選びました。
参考になれば幸いです。

Synthesizer編

第5位 KORG M1

KORGの名機M1のソフトシンセ版で
主にピアノを中心にSynthwaveや80sを作る時などに重宝しました。
今流行のFuture HouseやHardcoreなどには欠かせないピアノが沢山入っております。

第4

もっとみる

【TIPS】マスタリングの方法/Master Channel Effect【楽曲制作】

今回は自分が普段マスターチャンネルに刺しているプラグインをご紹介します。

ポイント

1.マスターチャンネルは微調整とリミッターのゲインを上げるのみ
を心がける
2.全体のバランスをピークを超えないように作り込むのが大事
3.OTTを薄っすら掛け今風の音にする
4.EQで最終微調整
5.リミッターは多重がけ
6.SPANのIntergrで音量を数値化し調整

使用エフェクト

OTT
Fabfi

もっとみる

【TIPS】EQの基本的な使い方 / テクニック【楽曲制作】

今回はEQの基本的な使い方、テクニックをご紹介します。

ポイント

1.ブーストはあまりせずカットを主に使用
2.音のレンジというのは限りがあるので足りない音を足すより引いたほうがレンジにも空きが出来て音が綺麗にまとまりやすい
3.ダイナミックEQは音全体の質感を変えずに特定の周波数の音量を調整したい時に使用
4.マスターチャンネルには10Hz以下をカット、60Hz以下のサイドをカット

使用エ

もっとみる

"MK&Kanae Asaba - Kiss The Sky"ライナーノーツ&制作話など

MK&Kanae Asaba第二弾アルバムのリード曲"Kiss The Sky"
今回のアルバムのコンセプトはHouse Musicでしたので、その中で特に我々が好きなEDMでメインストリームのProgressive Houseを作ろうということで完成したのが"Kiss The Sky"でした。

とにかくメロディアスでエモい曲が作りたかったのでKanae AsabaのPiano、トップラインに加

もっとみる

【TIPS】厚みのあるリードの作り方【楽曲制作】

ダンスミュージックでとても重要なリードシンセのレイヤーによる厚みを出すコツをご紹介します。

ポイント

1.リードはまず1本で鳴らしてみて足りない帯域、空間などを補うイメージでレイヤーしていきましょう。
2.シンセだけではなくHatやPercussionなどサンプリング音源などもレイヤーするといいアクセントになります。
3.同じ様な音色を何本もレイヤーすると逆に音が濁り抜けが悪くなります。

もっとみる

【TIPS】抜けの良いKickの作り方【楽曲制作】

ダンスミュージックを作る上でかなり上位の質問が
今回のテーマなのですが昨今の販売しているサンプル素材集のKickは音抜けも良く素晴らしいので、そのまま使うのが一番抜けがよかったりします。

ですが、BassやLeadなど様々な音が重なってくるとやはり抜けが悪くなることも多々ありますので今回その解決策の一つをご紹介します。

・使用エフェクト

Transient Master
Transient

もっとみる

【TIPS】Groove感が足らない時にオススメな打ち込み方【楽曲制作】

ダンスミュージックを作る上で最も重要なリズム系の打ち込みでグルーヴ感が足らない時などに効果的なTipsをご紹介します。

今回はBATTERYを使用していますがドラムサンプラーなら何でも大丈夫です。

・使用シンセ

BATTERY

・ポイント

1. メイングルーヴの音よりVelocityは低めに設定
2. Noteを短くしたりPanを振るなどのアクセントを入れてみるとグルーヴ感が出ます
3.

もっとみる

【TIPS】Future Houseなどでよく使われるLeadの作り方【楽曲制作】

今回はFuture Houseなどでよく使われるChord Leadの作り方をご紹介します。なるべく簡単な作り方で解説しています。
Wavetableによって音色が変化するのでお好みの音に変えるのをおすすめします。

・使用シンセ

Serum

・ポイント

1. 今回使用したWavetable
 [oscA] Analog→Basic Mini→Square ユニゾン多め
 [oscB] De

もっとみる