数値で検証 仮想通貨関連株 今週どうなった?

先週の日曜日に、ビットコインの急上昇時に、ビットコイン関連株で利益を獲得する方法があるかどうか、関連株の分析を試みました。

今週は、ビットコインをはじめとする仮想通貨にとっては激動の一週間だったと思います。果たして、関連株がどのように動いたのか、検証したいと思います。

検証結果

先週のノートでは、ビットコインの価格そのものに連動する、影響の大きそうな関連株として、以下を挙げました。

■仮想

もっとみる
リアクションありがとうございます!次の記事も頑張って書けそうです。
3

Can – Monster Movie (1969)

Canの音楽性に決定的な影響を与えたのはOrnette ColemanやJohn Cage、そしてなによりもブルース音楽からの完全な決別だった。それらは彼らの音楽に不安感と謎の高揚をもたらしている。従来のソウルに立脚した歌唱から逸脱したMalcolm Mooneyのボーカルは、まるで呪詛のような表現力を持っていたうえに、Holger CzukayとJaki Liebezeitのリズム隊が生み出すミ

もっとみる

『カン大全』読了

ちょっと期待値が大きすぎたか。

既存のインタヴュー(唇噛み切りそうな表記)のノーカット完全版や、ソロワークのディスコグラフィーの充実ぶりには目を瞠るものがあったが、後世のディスクガイド100なんかは、カンほどの雑食バンドなら幾らでも共通点を捻り出せるわけで。

個人的にはオリジナルアルバムを深く掘り下げてほしかったなあ……などと思っていたら、最後にダニエル・ミラー御大、ヒルデガルド女史、そしてダ

もっとみる
とうとう、押してしまいましたね……!
1

ビジネスにおける「成長」とは?

こんにちは、のりすけです。

今回は成長をテーマに、その定義や成長意欲の源泉についてお伝えしたいと思います。

◆成長とは?

人によって答えは異なると思いますが、私は以下のように考えています。

成長とは、
Will(意志)とMust(業務)を通じて、Can(能力)が増えること

Willとは、「やりたいこと、意欲」
Canとは、「できること、能力/スキル」
Mustとは、「すべきこと、業務」

もっとみる
うれしいです。
5

【基礎英文法】(10)助動詞 can

きむっちです。

今回は基礎英文法として
助動詞の”can”を解説していきます。

今回の中で初めて「助動詞」って言葉が
出てきましたね。

助動詞とは?

そもそも「助動詞」ってなんだんだというと、
言葉のとおりで動詞を助ける役割をします。

もうちょっとわかりやすく例えると、
「~することができる」や
「~してもよい」といったニュアンスのときに
使われるんですよ。

canはいろんな場面で使う

もっとみる
シェアしてくれれば嬉しいです
16

アメリカの郵送投票は候補名を変更できる?

いまアメリカ大統領の選挙がすごいことになっています。

それはジョー・バイデンの不正が明るみに出てきたことで大騒ぎになっている。
#Can I Change My Vote?がトレンドになっているそうです。

アメリカ国民がすでに郵送投票してしまった後で変更をしたいという申し出が、どんどん集まっている。

なんでも2回目のテレビ討論で見た結果とスキャンダルで自分たちが間違った方へ投票してしまった

もっとみる
スキをありがとうございます。励みになります。
12

英単語「can」の語源や由来

英単語「can」は、「~できる」「「~することがあり得る」「~しても良い」という意味で使うことが多い助動詞です。

元々、「方法を知っている」という「kunnana」から来ている言葉で、この「kunnana」は、知る、知っているを意味している「gneh」に由来しています。

つまり、知っているということが、できるという可能性の言葉に発展したわけです。また、「gneh」は注目に値するを意味する「no

もっとみる
スキありがとうございます。
28

「やりたいこと」を探せばいいわけじゃない!

やりたいことは?

やりたいことは?

と聞かれるけど、、

正直本気でやりたいことが今現時点で全くないという人もいるはず。

「やりたいこと」があることは素敵なことだが、

「やりたいこと」だけ見つけたらいいという問題ではない。

・何をやりたいか(will)
・何ができるか(can)
・何をやるべきか(must)

この3つのバランスを考える必要がある。

3つのバランスが取れていて、3つが重

もっとみる
スキありがとうございます♪( ´θ`)
5

Can の『Monster Movie』を聴いてみた編

こんばんは、内山結愛です。

今回は Can の『Monster Movie』を聴いてみた編をお届けします。

危なすぎるボーカルと反復リズムの中でうねり狂うギターやキーボード。

ダウナーでいて野蛮で生々しい、謎めいた魅力に満ち溢れた一枚です。

㊗️記念すべきアルバムレビュー50枚目㊗️

是非読んでみて、聴いてみて下さい!

1.Father Cannot Yell
けたたましいピリピリ音。

もっとみる