古い契約書の更新の勧めver.2土地関係

どれだけの方に関係することかはわかりませんが、よくある悩みの一つに古い契約書を放置したままに、全く知らない方が住んでいるということがあります。

ちょっと纏めてみようかなと思いノートを作ってみます。

今回は土地を事例にして、、

よくあるケース① 
おじいさん、おばあさんが兄弟や親戚のために貸した。。。がそのうち疎遠になり全く知らない人が住んでいて、近隣から苦情が出た。

よくあるケース②
土地

もっとみる
ありがとうございます!!引き続きご期待ください!
3
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
3

5年前と変わらない「連携」の課題

全国各地で展開されている、訪問リハビリテーション実務者研修会は大阪では2017年度開催分が3月に終了した。

今回で8回目、他の都道府県でも同じでしょう。

各都道府県からPT、OT、STの代表者が東京に集められ、都道府県ごとに実務者の養成を開始する旨の話し合いが行われ、私もその会議に参加し、第1回目の大阪の実務者研修会から運営に関わっている。

そのころから多職種連携や多事業所連携は、リハビリテ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2

生活機能向上連携加算で実は期待していたことと次期同時改定

2017年まではフリーの非常勤掛け持ち作業療法士、2018年からは個人事業主作業療法士の私が、実は2018年の同時改定でちょっとだけ期待してたことがあります。

通所介護事業所や訪問介護事業所で算定される

生活機能向上連携加算

のリハ専門職の所属先のことだ。

通所介護事業所と訪問介護事業所には理学療法士と作業療法士、言語聴覚士の配置義務はありません。

だから、この加算はリハスタッフが配置さ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4

書類は共通化したけど、リハ専門職の考え方はどうなんだ?

同時改定という割には、びっくりするような大きな改定はなかった。

訪問看護ステーションのセラピストは看護師の関与の件でヒヤヒヤしている人も多いだろうけどね。

リハマネが4段階になったり、回復期リハ病棟も基準が変わったりしたけど、まあ既定路線。この程度でびっくりしているセラピストは、よっぽ何にも情報収集できていないってことだ。

そんな同時改定で、私が最も注目しているのは診療報酬でいうところの入退

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
3

訪問看護からのリハビリは看護師としっかりとした連携をすべきなんだ!月1回を目指すほうがいい

ようやく介護報酬改定に関するQ&Aが出てきました。
【厚労省のサイト紹介】平成30年トリプル改定のページ

前から書いていますが、

訪問看護ステーションは看護師がメインの事業所なのです。

本来は看護師がする業務の補完的立場としてリハビリテーション専門職が働いているのです。

それはリハビリテーションが看護師の補助っていうわけではなくて、訪問看護ステーションにおけるリハ専門職はそのような位置付け

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
1

訪問看護からのリハビリ「定期的な看護師の関与」に関して様々な意見がSNSに出ているいることに対しての個人的見解

2018年トリプル改定において、訪問看護ステーションからのリハビリ職の訪問に対して改定がありました。

「リハビリのみの訪問はダメですよ、看護師の定期的な関与が必要ですよ」

というものですね。

2018年3月13日現在で埼玉県のサイトに解釈通知がなぜか記載されていますが、他の都道府県には掲載されていません。埼玉のサイトを見ると「月1回」等の記載はありません。

埼玉以外では解釈通知などは出回っ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
1

ケアマネさん「マネジメント」は有料ですよ

「助言が必要ならマネジメント加算をとってください」

ってことを堂々と言ったら、どうなるだろう?

誰も言えなさそうだから、コラムを書いてみることにした。

リハビリテーションマネジメント加算は2018年診療報酬・介護報酬同時改定で2段階から4段階の加算に変更されました。

そのうえ、要支援の対象者にも算定することが出来るようになりました。

これは、

リハビリテーションのマネジメントをもっと積

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます

〈経済論壇から〉株価と長期金利の先行きは、ドイツ、医療・介護改革

本日の日経新聞朝刊の「経済論壇から」(毎月最終土曜日に連載)では、今月の論考として、

・株価と長期金利に関する論考(櫻川昌哉・慶應義塾大学教授、大村敬一・早稲田大学教授、松林洋一・神戸大学教授)
・ドイツの新たな大連立合意と70年代の不況下の付加価値税増税の経験に関する論考(マルセル・フラッシャードイツ経済研究所長、嶋田崇治・下関市立大学講師)
・今回の診療報酬・介護報酬同時改定から医療と介護の

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです。
1

加算を算定することの意味とか強みとか

トリプル改定で強調されていることに気づいていますか?

毎回そうだけど、今回のトリプルではあからさまにその方向が目立っている。

基本報酬を下げて、新たな加算を算定させると言うパターンが目立ちすぎる

訪問リハビリ
通所リハビリ
児童発達支援&放課後等デイサービス

そこそこの基本報酬でサービスに対応する事業所を増やす。そのサービスに対応する事業所が増えすぎてきたら、基本報酬を下げることで質の悪い

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2