黎明進学会

本日のお便り(2020年12月4日)

黎明進学会では毎授業ごとに生徒の皆さんから感想やコメント・小ネタを書いてもらっています。それに対して私からもメッセージを返しています。

本日のお便り。

「先生はアンジャッシュの渡部さんの会見見ましたか?」
「先生はアンジャッシュ渡部さんについてどう思いますか?」

※「お便り」およびメッセージは、生徒からのコメントを参考にしながら編集しています。

もっとみる

本日のお便り(12月2日)

黎明進学会では毎授業ごとに生徒の皆さんから感想やコメント・小ネタを書いてもらっています。それに対して私からもメッセージを返しています。

本日のお便り。

「先生は6年に一度しか怒らないって本当ですか?」

※「お便り」およびメッセージは、生徒からのコメントを参考にしながら編集しています。

もっとみる

本日のお便り(2020年10月14日)

黎明進学会では毎授業ごとに生徒の皆さんから感想やコメント・小ネタを書いてもらっています。それに対して私からもメッセージを返しています。

本日のお便り。

「群数列は夏休みに猛特訓したつもりでしたが、今日の問題の解説を聞いて、まだまだだなと思いました。どの群に入るかまでは求められるようになりましたが、その先でミスが多発します。」

※「お便り」およびメッセージは、生徒からのコメントを参考にしながら

もっとみる

本日のお便り(2020年10月13日)

黎明進学会では毎授業ごとに生徒の皆さんから感想やコメント・小ネタを書いてもらっています。それに対して私からもメッセージを返しています。

本日のお便り。

「自分で『毎日~をしよう』と決めていた内容が達成できずに、自己嫌悪に陥っています。自分は本当に意志が弱い人間だと思うと情けないです。」

※「お便り」およびメッセージは、生徒からのコメントを参考にしながら編集しています。

もっとみる

大学に行って良かったこと

もう10年も前になるが、何とか入学できた東京大学で、華やかではないが親密な友情を育むことができた友人たちに恵まれた。東大に入ってよかったと思うことの一つに、これらの友人に非常にコアな話題が通じることが挙げられる。

例えば、教養学部時代に男同士で『源氏物語』の”推し”について話したこともあった。

私「ボクは六条御息所」
Aくん「俺は紫の上!」
Bくん「お前wwwベタだろwww」
Aくん「いいじゃ

もっとみる

直訳と意訳

ふと「訳」について考えてみた。

大学時代に受けた中国語中級の授業で、ビジネス文書に書く結びの「祝工作順利!生活愉快!」を訳すよう指示された。直訳すると「仕事がうまく行きますように。生活が楽しくありますように。」という決まり文句なのだが、直訳では日本語として変なので、「貴社のご発展と、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。」と訳して課題を提出した。教授からは手放しで誉められた。

そういえば、と、高3

もっとみる

エスカレーターとの戦い

誰しも苦手な物というのがあるはずだ。私の場合、それはエスカレーター。

まず何が難しいかといえば、第一歩を踏み出すタイミング。足が板の真ん中に着地すればうまく乗れるが、板と板との間に足を乗せてしまったときには、エレベーターが進むとともにかかとが浮く形となり、前側に重心をかけた形を取らなければならない。微調節しようにも、私にはそれだけの余裕もない。

そして降りるときの恐怖。足踏みしながら降りるリズ

もっとみる

あれから、もういくつ寝たことか

もういくつ寝るとお正月。心新たに新しい1年を豊かに過ごそうと決意をする一日だ。本来は喜ばしく、楽しい一日になるはずだが、私が中学三年生のときだけは違った。父方の祖母が亡くなったのだ。

亡くなったといっても、長いこと病気をしていたわけでもない。むろん、餅をのどに詰まらせた、ということでもない。持病があるわけでも、風邪をたまたま引いていたわけでもない。見事なまでの心不全だった。

祖母は晩年痴呆の症

もっとみる

小脳の訓練

私は幼いときから「くすぐり」に弱い。Wikipedia先生によれば、くすぐったいと感じる箇所は一般に動脈が皮膚に近いところを通っている部位らしい。こうした部分は万一怪我をすると多量の出血を伴いかねない危険部位で、そのため付近には自律神経も集まって、外部からの刺激に対しては特に敏感になっている。この自律神経と密接な関係にある小脳では、こうした危険部位への刺激に対する予測と、それに対する感覚の制御を行

もっとみる

生きてさえいれば

年の瀬の忙しさとは裏腹に、宮城道雄作曲ののどやかな「春の海」が聞こえてくる時期になった。宮城道雄は盲目の作曲家だ。盲目でありながら洋楽の要素を邦楽に取り入れ、見事な曲をいくつも残した。

障害を抱えながらも、類稀なる才能に恵まれる人物の話をいくつか耳にしたことがある。盲目ながらも古典を分類した塙保己一。全盲・全聾のヘレンケラー。車椅子の博士、ホーキング。世界的な著名人は尊敬と羨望の眼差しを集めてい

もっとみる