我が子に障がいがあるのか事前に知りたいですか?

こんばんは(^^)クマです!

今日は出生前診断についてのお話です。

誰でも、我が子は健康で障がいがなく生まれてきてほしいと願っていると思います。しかし、中には生まれ持って障がいがある赤ちゃんもいます。

事前に障がいがあるか調べられるならあなたは知りたいですか?

出生前診断は障がいの有無を生まれる前に調べる検査です。

先日、ニュースで、出生前診断を認可の受けていない病院で実施していたと言っ

もっとみる
ありがとうございます😊
3

分娩の方法が違うだけ

みなさん、おはようこんにちはこんばんわ。
少しお休みをしておりました。

なんとか記事を書く事はできますので、
忘れないうちに…

というのも、はい!

7月下旬、出産してきました(*´꒳`*)
※産休&育児休暇中なので、記事の更新もすこーしゆっくり目になります。
↓我が子と握手
約10ヶ月、お腹にいたんですね。
本当に我が子はよく頑張りました(*´꒳`*)

お産までいろいろ栄養を摂る上で、

もっとみる

黄色いあいつの圧倒的な存在感

話には聞いていました。あいつの圧倒的な存在感のことは。ほぼほぼみんな、虜になるらしい、と。
うちもそうなりそうな匂いがぷんぷんしていましたので(なんせ食欲が半端ない)、黄色いあいつを所望して泣き叫ぶ事態になったら大変だ、と、今までちょっと距離をおいていました。
しかし1歳半を過ぎ、敢えて食べさせないのもどうなのか、と考えを改め、ついに先日、彼女が黄色いあいつを食す、その時がやってきたのです。

もっとみる
嬉しい^^
2

コロナ禍での出産①

地獄のツワリを乗り越えて、妊娠中の経過は順調だったものの やっと出産~と言う頃に、コロナ。
まさかこんな事になるなんて。人生何が起こるかわからない。

祖母は5人姉妹の末っ子で、お姉さんのうち2人が産婆さんだったそうで。よく その手伝いをさせられたものだ~という半世紀以上前の話を
昨日のことのように話してくれた。

私のお腹を撫で「まるいねぇまんまるだねぇ、これは女の子だねぇ」と楽しみにしてくれて

もっとみる

不妊治療、まずは検査から

2019年2月より、いよいよ不妊治療を開始。初診をしていただいた先生が偶然にも高校の同級生(男)。「イヤなら別な先生に変えますよ」と言われ、少々抵抗ありつつも、同級生だからこそ気軽なところもあるかなと、これも巡りあわせなのだろうと、治療をお願いすることにしました。

治療はまずは検査から。超音波検査はもちろん、
・甲状腺刺激ホルモン精密測定
・卵胞刺激ホルモン精密測定
・遊離サイロキシン精密測定

もっとみる

高齢出産→子供が若いうちから介護

こんにちは。

私は女子大生です。中肉中背顔普通。好きな食べ物はラーメンです。アイドルの女の子が好きです。ギター弾いたり、絵を描いたりするのも好きです。

すごい普通っぽいでしょう?というかまあ普通なんですが私は。

ただ、親の介護に追われてるってだけで。

あとは普通なんです。

私は2001年に高齢の母のお腹から産まれました。

長男は産まれて1週間ほどで亡くなってしまったので、私がオンギャー

もっとみる

36歳初産で双子を出産したときの話

離島に住む双子の母、レモンソルターです。

↑「36歳初産で双子を妊娠したときの話」の続きです。

帝王切開で出産

自然分娩の可能性を残して考えていましたが
最後の健診で双子の位置が、お互いにXの字で横向きになっていたので帝王切開が決定しました。

この時のお腹はかなり重く、手でスイカを抱くようにお腹を持って歩くこともありました。
幸い、子宮口も大きく広がることはなく、帝王切開当日を迎えました。

もっとみる
うれしいです!
3

36歳初産で双子を妊娠したときの話(エコー写真あり)

離島に住む双子の母、レモンソルターです。

高齢出産で初産、多胎妊娠。

母子ともにリスクがあると言われていますが、
同じようなご経験の方は少なからずいると思います。
35歳からが高齢出産と言われるようですが、
今の時代はそんなことも普通ですし、
この言葉自体が時代後れになりつつあります。

現在こどもは2歳ですので、3年前の記憶を遡ることになりますが、
これが意外と覚えているので記したいと思いま

もっとみる
うれしいです!
5

妊娠糖尿病から、奇跡の挽回か?!妊婦検診行ってきたよ

今日は、一週間ぶりの妊婦検診。退院後の診察は初めて。

担当のお医者さんは、入院の時にお世話になった先生。

思わず「お久しぶりです」と伝えたら「あっ、どうも〜」と言われて、なんだか不思議な感じ。

診察によると、どうやら羊水量も安定し血糖値も落ち着いてきたそう。

赤ちゃんの頭も、骨盤にしっかり収まってるとのことで、問題なさそう。体重も2899gで、週数の標準体重ピッタリ。

「よし、あとは陣痛

もっとみる

妊娠初期が楽勝だったワケ

妊娠初期はパラダイスだった

今回は、妊娠初期の体調について書いてみようと思います。そもそも妊娠したことが無い人にとっては、妊娠って本当に神秘的で未知の世界。いつかは自分も…。という憧れはあるにしろ、「つわりは大丈夫なのか?」「切迫流産になって安静にするってどんな感じなのか?」など、情報だけは頭にあって、全く想像もつかなかったりするものです。

ご多分に漏れず私も未知の経験に、少し不安に思っていま

もっとみる