非正規の力をどう生かす

「特殊スキル武器に」【日経新聞連動テーマ企画】#非正規の力をどう生かす

「特殊スキル武器に」【日経新聞連動テーマ企画】#非正規の力をどう生かす

正社員と、同じ仕事をしている非正規社員。両者の間で待遇格差をなくす「同一労働同一賃金」が大企業を対象に4月にスタートしました。しかし、正社員と非正規社員を隔てる壁はなかなかすぐには埋まらないようです。 こうしたなか12日付の日経朝刊「働き方イノベーション」面は、社員を業務範囲や勤務時間の条件によって「社員」(正社員)「スマート社員(限定正社員)「パートナー社員」(パートタイマー)に分けるりそなグループの取り組みを紹介していました。事情にあわせてこうした区分を転換できるように

スキ
21
「フリーエージェント社会」

「フリーエージェント社会」

 上手く制度設計と価値観をつくることができればイノベーションの担い手として活躍できる雇用形態ですが、"非正規"という呼び方からなんとか脱却させることができないだろうかと思います。あわせて、正社員の新しい呼び方も社会をアップデートしていくためには必要だと思います。  過去の記事でインディペンデントコントラクターという呼称を引用しましたが、多くの人にとっては馴染みのない言葉ですよね。スポーツでいうフリーエージェントの方がイメージのわきやすい雇用契約かもしれません。スキルを持つプ

スキ
16
雇用には開示と冒険が必要だ

雇用には開示と冒険が必要だ

米国における派遣雇用は、景気の先行指標の1つです。雇用者数の増減が景気循環に連動しやすい事は米国経済の特徴ですが、なかでも派遣雇用は雇用全体の動きに半年から1年程度、先行して動く傾向があります。将来の景気や業績をいち早く知りたい投資家や政策当局にとって、派遣雇用は貴重な判断材料です。 新型コロナによる雇用危機では能力のある従業員を失う方が、長期的に競争力が落ちるとの考えが投資家の間に広がる。 さて近年、投資家の関心が企業の長期的な成長力に向かっています。雇用重視の経営姿勢

スキ
30
リモートワークが広がれば非正規の待遇もきっと良くなる

リモートワークが広がれば非正規の待遇もきっと良くなる

今までの日本的な正規雇用の働き方と非正規雇用との関係性が、コロナウィルスの影響でより変化していくと思います。そな中で今回の #日経COMEMOテーマ企画 である #非正規の力をどう生かす を考えてみたいと思います。  日経COMEMOについては、公式noteをご覧ください。 個人的には非正規雇用で勤務をしたのはアルバイトをしていたときしかないですが、非正規雇用の現状をまずは確認してみます。 非正規雇用は増えているのかどうか 厚労省によると正規雇用への転換や待遇改善を積

スキ
47
非正規は若年層だけの課題か。統計データより #非正規の力を生かす 方法を労働市場、働き方、企業の視点から考える

非正規は若年層だけの課題か。統計データより #非正規の力を生かす 方法を労働市場、働き方、企業の視点から考える

非正規の働き方は自由で、カッコイイとされた時代もあった。それは、バブル景気の頃であった。しかし、1990年代以降の失われた30年を経て、未だに停滞を続ける日本経済においては、非正規は悪であるという印象すら与えられるようになった。 日経COMEMOでは #非正規の力をどう生かす というテーマで意見募集をしていた。 本文では統計データから非正規労働者の現状等を確認した上で、非正規の力を活かす方法について考えてみることとしたい。 1. 正規・非正規労働者数の推移等について

スキ
23
「雇用区分」から企業の個性が見える時代に?これからの在り方を考えた

「雇用区分」から企業の個性が見える時代に?これからの在り方を考えた

入社8年目のOLが考える、COMEMOのテーマ企画。 今回のテーマはこちら。 私は正規雇用者。 大学から普通に就職活動をし、今の会社に入社しました。 ある意味これが当たり前だと思っていて、特に何も考えていませんでした。 社会人になって、新たな世界に入り、世の中の流れが変わってきていることも感じています。 これからどんな働き方をしていこうかな…そんなことを考えているなかで、今回、雇用区分という観点で考える機会をいただいた気がします。 「非」の言葉の重み 今回のテーマを見

スキ
19
「非正規」は正しいアジェンダか?

「非正規」は正しいアジェンダか?

今回もCOMEMOのお題「非正規の力をどう生かす」に乗っかって、色々考えてみたいと思います。 「非正規の力をどう生かす」というお題設定から感じ取れることは、この背景に「業務は原則的に正規=正社員で回すもの」という含意・前提が何とは無しにあるのではないか、ということです。 ところで、この前提は合理的でしょうか? 正規であろうと非正規であろうと、雇用の最小単位は人です。人x期間という理屈で戦力をカウントしていく訳ですね。 もし「スキルのサブスク」というサービスが登場したと

スキ
35
「正規社員」より「規格外」の「歪規社員」を目指そう #非正規の力をどう生かす

「正規社員」より「規格外」の「歪規社員」を目指そう #非正規の力をどう生かす

日経新聞連動企画の「#非正規の力をどう生かす」というテーマ。僕自身も組織や働き方の実験を色々としているのもあるのでその経験も踏まえ考えたことを書きたいと思います。 日経新聞のこちらの記事から。 正社員と非正規社員の不合理な待遇差を禁じた「同一労働同一賃金」の適用開始が4月に迫り、大企業が対応に追われている。非正規社員に正社員と同額の手当の支給や賃上げなどを決める企業が相次ぐが、対応が決まらない企業も少なくない。非正規社員の働きがいを高めることで、生産性向上や消費の押し上げ

スキ
37
オペラに学ぶ、非正規の力

オペラに学ぶ、非正規の力

日経COMEMOで、 #非正規の力をどう生かす という、テーマ企画があったので、私もこの機会に、なぜ現在、フリーターを選んでいるのかを考えてみたいと思います。 オペラって、正規と非正規のハーモニーですよね  私は、オペラが好きで良く見に行きます。東京なので、初台にある新国立オペラ劇場に年に数回行きます。このオペラという芸術、歴史がありますよね。そして、マネージメント的に言えば、近代企業より、多くの時間を経験して、総合芸術を今に残して、私たちを楽しませてくれています。  

スキ
23
非正規の力をどう生かす

非正規の力をどう生かす

本日はこちらです。 非正規の力をどう生かす・・・うーん「活」かす?・・・「生」かす?・・・。 さておき、本日はこのテーマで書いていきたいと思います。「非正規雇用で働く人の力を組織にどのように生かしたらよいでしょうか」について書いていきます。 同一労働・同一賃金など存在しえない 僕は以前からこの考え方には無理があると思っている。 同一労働など存在しない。 そんなことは日本社会において当たり前すぎる事実だ。 ある会社の営業部をのぞいて見ればわかる。新入社員が入ってく

スキ
22