青森市

全国屈指の充実度!土偶も土器も熊形だってー青森県立郷土館[JOMOSEUM]

縄文のメッカの一つである青森県には、三内丸山や是川などの遺跡に作られた博物館を始めとして素晴らしい縄文の遺物を見られる施設がたくさんあります。その中でも青森県全体の遺物を幅広く集めて展示しているのが青森県立郷土館です。

常設展示もいいのですが、まずは風韻堂コレクションに行きましょう。風韻堂コレクションは大高輿氏から寄贈された1万点以上のコレクションから優品を展示していて、狭いスペースですが、本当

もっとみる
泥炭層が好きです。
1

収蔵品は膨大、展示は精鋭?ー青森県埋蔵文化財調査センター[JOMOSEUM]

青森県は縄文の遺跡もたくさんあれば博物館もたくさんあります。じゃあその本拠地であろう青森県の埋文はどうなのだろうと訪ねてみました。

こちらのセンターは基本的には発掘・調査・保存のための施設ですが、見学者のために展示もしています。ただ、今回行ったときは改装工事中(2021年3月まで予定)ということで、展示はほんの少しでした。

それでもなかなか行けないような地域から出土した素晴らしい土器や土偶があ

もっとみる
いい土偶に出会えますように!
1

青森市カネ長武田 懐かしのコマーシャルソング(今陽子 B型)

作詞者:北津青介 作曲者:いずみたく 歌:今陽子

00:00 | 00:30

昭和43(1968)年4月に録音されたコマーシャルソングのオープンリールテープが手元にきました。再生してみたら、今も青森市中心商店街で営業中のさくら野デパートの前身であった、カネ長武田のコマーシャルソング。耳を澄ますと、歌手がなんと、今陽子ではありませんか!種々調べると、今陽子=ピンキーが人気歌手になる前の録音です。オーデション録音とあったので、恐らく実際には使用されなかった「幻のCM」と思われま

もっとみる

青森市に行ってきました

同級生の結婚式で、1泊2日で行ってきました。

・つじ製麺所のラーメンが美味い
・青森センターホテルは風呂が良い
・わたくし結婚式2次会で松坂牛当たる

こんな収穫がありとても楽しかったー。
地元なので今度は年末年始に帰ります。

#旅 #青森 #青森県 #青森市

もっとみる

行進曲青森市民歌

作詞:岩村芳麿 作曲:古関裕而

00:00 | 00:30

「和製スーザ」と呼ばれた古関裕而さん作曲の行進曲が、青森市にあるとは、びっくりです。それを編曲した木村繁さんもなかなかですね。
三上伸さんにデジタル化していただきました。記して、感謝申し上げます。

市民の歌(愛市の歌)ー楽譜添付版

作詞:横山武夫 作曲:木村繁 歌:萩野昭三 ピアノ:鹿内芳正

00:00 | 00:30

昔からの青森市民には、馴染みのある歌のようです。横山武夫さんの歌詞が素晴らしい。
この後、青森市民歌と名称変更されたようです。
さらには、平成の市町村合併後、新しい市民歌が制定されています。
三上伸さんにデジタル化していただきました。記して、感謝申し上げます。

1.
千古水すむ 十和田湖いだき
聳えて高し 八甲田山
空は北国 紺碧ふかく
日輪あまねく 輝くところ
おお 栄えゆくわが市
かぐわし 

もっとみる

市民の歌(愛市の歌)

作詞:横山武夫 作曲:木村繁 歌:萩野昭三 ピアノ:鹿内芳正

00:00 | 00:30

昔からの青森市民には、馴染みのある歌のようです。横山武夫さんの歌詞が素晴らしい。
この後、青森市民歌と名称変更されたようです。
さらには、平成の市町村合併後、新しい市民歌が制定されています。
三上伸さんにデジタル化していただきました。記して、感謝申し上げます。

1.
千古水すむ 十和田湖いだき
聳えて高し 八甲田山
空は北国 紺碧ふかく
日輪あまねく 輝くところ
おお 栄えゆくわが市
かぐわし 

もっとみる

青森市長島小学校児童歌(戦前録音)

歌:沢雅子 演奏:日本エジソン管弦楽団

00:00 | 00:30

戦前の78回転レコードの音を、最新技術でノイズなどを取り除き、70余年ぶりに復元しました。復元してくれたのは、三上伸さんです。記して感謝申し上げます。

青森市長島小学校校歌(戦前録音)

歌:水上純 演奏:日本エジソン管弦楽団

00:00 | 00:30

戦前の78回転レコードの音を、最新技術でノイズなどを取り除き、70余年ぶりに復元しました。復元してくれたのは、三上伸さんです。記して感謝申し上げます。

二宮尊徳像のこと 松井義男(元青森市立長島小学校教頭)

長島小学校の正門右側には二宮尊徳の石像が建っている。これについて昭和三十八年三月、故工藤直三郎先生が「君は今、長島にいるそうだが一つ聞かせたい話がある。あの長島小の二宮金次郎像のことだ。あれについて本当に知っている人は何人もいない、何時か機会があったらあれについて伝えてほしい。」といわれた。そんなことで本年は創立百年に当る意義をも考えて、つぎに記してみることにした。
 昭和十五年十二月工藤先生(当

もっとみる