能動

塾でキャリア教育を始めた理由①

塾の仕事を始めてから、中高生の会話に違和感を感じていた。

改めて自分が大人になって客観的にそれを聞くようになってから気づいたことだが、休み時間の教室から愚痴や文句が聞こえてくる。(決して四六時中というわけではないが)

もちろん、これは今の中高生だけに限った話ではなく、過去の自分もそうだったと思う。

例えば、どんな会話かというと
「体育祭練習、面倒くさいよね。」
「修学旅行の班最悪だよね。」

もっとみる
最高です!!^ ^
4
ありがとうございます! お目が高いっ♪
7

イデオロギーは悪なのか〈18〉

個々の時代、あるいはその個々の時代を生きる人々と、その個々の時代の「支配的なイデオロギー」との関係において、まさにその関係を支配するイデオロギーに促され導かれた、個々のイデオロギー的諸活動の主体として、彼ら現実に生きる人々自身が、その個々の現実の中で現実的な具体性を持っているのだ、あるいは持つことが「できる」のだということ。
 この「イデオロギー的なトラップ」に、人々の誰もが引っかかってしまってい

もっとみる

マンガの一コマから垣間見える、隠れた言葉の考え方。:僕のヒーローアカデミア

不思議なものです。

少年ジャンプの漫画と、図書館で見つけたフランス語の文法書を読んで

意外な共通点を見つけてしまうのですから。

My hero academia

そもそも私が、「僕のヒーローアカデミア」を外国語で読もうと思ったことが、意外にもこの発見につながっていたのかもしれない。

私が次に読もうとしたのは、

「My hero academia」 から

「Mon héro acadé

もっとみる
文章が少し長いのはご愛敬ってやつ。
6

【エピソード記憶】と【意味記憶】

ミニマリスト数学教師 Ryo です。

先日、記憶力に関する記事を書かせていただきました。

記憶力と引き換えに手に入れた力|Minimalist Teacher Ryo #note https://note.com/minimalteachryo/n/na14ec6acbe55

今回はそれに関連して、「記憶」について記事を書かせていただこうと思います。

いきなりですが、ここで一つ質問です

もっとみる
今後ともよろしくお願いいたします!
3

"サイコロ"を振ることができない人間

1. 「神はサイコロを振らない。」かつてアインシュタインが言ったとされる言葉だ。彼は量子力学においてその量子の観測が確率的に決定される、つまり観測前までは不確定であることに対して、懐疑的であった。彼の思想の中心には、この世界は確定的に動いている、またはそういった原理が必ず存在するという考え方があったのかもしれない。この"サイコロ"という表現はいわば確率的概念を象徴しているといって良いだろう。

2

もっとみる

味覚と嗅覚の話

五感の内、どれかひとつを残せるとしたらどうするか──。哲学の授業でそんな話題が出た。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。どれかひとつを選ぶことは、当然、残りの四つを捨てることを意味する。

これまでに「視覚と聴覚のどちらを選ぶか」という質問ならされたことがあるけれど、さすがに五感に序列をつけるというのはやったことがない。自分なら、上に書いた順番で、視覚が一番、最下位には嗅覚を選ぶ。

そのとき扱ったのは

もっとみる
Danke schön!
10

小さい頃のわたし

子供の頃のことは割とはっきり覚えている。
楽しかったことよりも、いたずらして怒られたり、誰かを困らせたりしたことの方を思い出す。
ちょっとした出来心の大半は好奇心だと思う。
私から好奇心を取ったらおそらく何も残らなかったんじゃないだろうかというくらい、身の回りの大人たちをよく観察していた。
こっそり水飴をなめたり、梅酒の瓶を開けて中の梅を食べたり、張りたての障子を破ったり。
サボテンに触ってみたり

もっとみる
イヤイライケレ
11

女の子『今から1時間半で作ります!』

こんな人と一緒に 
仕事したいなと思った話。 
  
  
  
昨日、 
僕が業務委託で入っている会社で 
広告運用に関するミーティングがありました。 
  
  
  
あるサービスのLP(ランディングページ。 
サービスを紹介しているWebページのこと)の 
改善の話になりました。 
  
  
  
今よりさらに問い合わせを獲得するためには、 
ある程度メスを入れる必要が出てきたのです。 

もっとみる

意思ってなんだ?

自分の意思が他人に影響されていることはよくある。

自分が楽しい、心地よいと思って選択していたことが

誰かの欲求を満たすことだったり
意識的にか無意識か、誘導されていたり。

「嫌なときは嫌と言おう」

分かっている。だけど、自分でもそれが嫌なのか、嫌じゃないのか、よくわからないのだ。

嫌じゃない、自分も心地よいと思うから選択するけど
ふと、考えるときがある。

これって自分の意思なのか?意思

もっとみる
きっといいコトありますよ♪
14