結婚詐欺

#18 なぜやめられなかったのか

許すとか許さないとかで言えば絶対に「許さない」「許せない」んですよ。
それは間違いないんです。

元号が変わるとき、刑務所内は恩赦で盛り上がったようですが結局何も起きず、変わらぬ毎日。

私は私で、面と向かって喧嘩も出来ず、一方的に怒りをぶつけるだけ…。
喧嘩って、間を開けずに時間をかけずにダイレクトにやり合うから喧嘩になるのであって、こっちの怒りに対しての言い訳や答えが2週間後に手紙で届く、なん

もっとみる
わーい😍
3

#17 発覚した悪行(まさかの再び)

昔の遠距離恋愛カップルのように、順調に文通を続ける二人でしたが、またしたも発覚してしまうのです…。

まだ塀の向こうへ入る前に、魔が差して私のクレジットカードを勝手に使った彼ですが、翌月の引き落としにも身に覚えのない、というか、その名前は聞き覚えあるけど、私が支払った覚えのないものがありました。
金額からして確実に彼の仕業です。

『私なら、そもそもそんな事はしないけど、百万が一そんな事を一度して

もっとみる

#16 会えない時間が愛育てるのさ

今までより近くに移送されて、最初の手紙が届きました。
前の場所でOKだったヒートテックや暖かシリーズの下着が全て使用不可だと怒りの内容。
私がドン・キホーテなどで買って差し入れたものですが、それが全滅。
今度のところでは、そこの売店で購入するものしか身に付けられないルールだそう。
分かりやすい抱き合わせ商法‼️
結局、中にいる本人よりも待つ方が経済的にも精神的にも苦しくなるシステムなのね。

受刑

もっとみる
ありがとうございます😊
1

#15 移送

一時は高裁への控訴を希望していた彼ですが、諸々の経過や相手の性格を考えて、得策ではない、下手すると長くここにいる事になり兼ねないと判断しこのまま刑の確定を受け入れる、と伝えてきました。
これで彼は完全な受刑者になります。
私服も脱ぎオレンジの制服に着替えます。手紙の送信は週1回、面会に至っては月2回になります。

刑が確定したので、拘置所からこの先刑期満了までの滞在先(でいいの?)となる刑務所へ移

もっとみる
❤️❤️❤️

#14 雪の日

一度面会に行ってからは、「やっぱり顔を見て話すの大事!」「レスポンスが早いのいいわ」とチャンスを見つけては行こうとします。
が、そうそう仕事の都合がつく訳でもなく、2回目は仕事納めの日。
前回から3日後です。

その日は午後からの大掃除に間に合えばいいので、朝から電車で彼の元へ。生憎途中から雪ぐ振りだして、バスに乗り換える頃には道路も真っ白に。
急に思い立った面会だったので連絡も出来てなくて、1日

もっとみる
照れちゃうな😋
2

#13 受話器はなかった

しばらく普通にやり取りが続きます。

この時の彼はまだ高裁に上訴するチャンスを残している未決囚状態で、手紙も週末以外は毎日出すことができました。
当時私は実家で生活していたため、ポストに届く味気ない茶封筒を両親がどう思っているのか、ヒヤヒヤしたものです。
彼が向こうへ行ってしまう少し前に、私の両親に紹介する予定があったのですが、彼の体調が悪くなり実現せず終い。でもお付き合いしている事は伝えてあった

もっとみる
照れちゃうな😋
1

憎しみを背負って生きることにした

許すって、具体的に
憎しみの相手にどんな心持ちを抱くことなんやろう。

行動だけで、「咎めない」
言葉だけで、「許します」
とすることだけで、心のわだかまりは解けるもんじゃない。

許せない、その中身は
何とか裁かれてほしい…罰が当たってほしい、因果応報人にやったことは返って欲しいと、
どうか、幸せにならないでください
許せないって、こんな思いがドロドロと心を冒している状態だと、私は感じる。

もっとみる

#12 刑務所のルールを変えた『100のこと』

「何やらパンフレットが届いている、と刑務官からお知らせがあった。が、パンフレットって何だ?何を送ったの?」
何通目かの手紙でやっときました。私が最初に送った『一緒にしたいこと100』と思われる荷物です。

もはや彼の目に触れることはないと諦めていたし、それならそれでいいよ、と彼に対して多少投げやりな気持ちにもなっていたので、どっちでも良かったのですが、どうやら見ることは出来そうな予感です。

私が

もっとみる
わーい😍
3

#10 留置所からの告白(卑怯なやつ)

居場所を知らせるためだけの電報が届きます。

彼が手錠をかけられるまでの一週間を、ほぼ毎日一緒に過ごしていたせいで彼の不在は相当大きな穴となり、仕事をしていてもふと涙が出てしまう不安定な日々でした。
『悲劇のヒロイン』的な気持ちが全くなかったと言えば嘘になる、かと言って誰かに話せる事でもない…。

思い返せばこの時の私は、現実世界にいなかったかもしれません。
どこか別の世界で、それこそ映画『待つ女

もっとみる
ありがとうございます😊
4

ホストがどれだけビジネスとして優れているのか (スカウト時代の話し)2

僕「そりゃそうなるでしょ。で、どうすんの」

ホス狂「とりあえず知り合いのスカウトが風俗紹介してきてくれて明日体入」

僕「そうかとりあえず頑張れよ」

電話「ツーツー。ブチっ」

とりあえず典型的な風俗堕ちでした見事なまでのW

色恋って言って相手を惚れさせて売り上げにつなげる商売って特に女の子は周りになんて言われてもその人しか見えてないのでアドバイスって言って聞いたりしていても本心は揺るがない

もっとみる
ありがとうございます!
6