起立性調節障害が東洋医学で改善した話 ⑤闘病中の改善策

起立性調節障害が東洋医学で改善した話 ⑤闘病中の改善策

今回は、闘病中に気を付けていたこと・やっていたことなどを綴っていきます。 1. 自律訓練法これは前回もさらっとご紹介したのですが、ここで詳しく説明しますね。 自律訓練法とは、自己催眠により意識的にリラックス状態をつくり、自律神経のバランスを回復させる最も基本的な治療法です。心身の疲労回復、気持ちが穏やかになる、集中力が増し、勉強や仕事の能率が上がる、身体的・精神的な苦痛を和らげる、寝つきが良くなる、などの効果が得られます。 それではやり方の説明に移ります。 ・まずは部屋を

スキ
4
幸福ニュース第890号「内観で心穏やかに、楽に生きられるようになった」
+1

幸福ニュース第890号「内観で心穏やかに、楽に生きられるようになった」

「内観で心穏やかに、楽に生きられるようになった」 1ヶ月のEメール内観ありがとうございました。 私が内観を知ったきっかけは、自分と言うもの知りたくて、メンタル心理学を学び始めた際に知りました。 自分から離れて相手の目から客観的に観ることで自分を知ることができるとはどういうことなのか。内観で自分を知ることができるならば、変われるかもしれないとすがる思いでした。 内観をするには今しかないと、ネット検索をしていました。残念ながらコロナ禍の為集中内観はされていないとの事で

スキ
33
幸福ニュース第889号『未熟児』
+1

幸福ニュース第889号『未熟児』

『未熟児』  今まで父に対すること、母に対することについて、普段感謝の心を持って一緒に生活してきたつもりですが、この1週間改めて内観をすると、いろんなことで自分に対する親の愛情気配りがあったことを思い出させられました。  まして自分一人では何もできなかった事にも改めて実感し、自分に対して、生まれてから今までの成長を無事に出来たのも、両親のやさしさ、そして大事に育てられた事が、内観を通じてすごく鮮明に目に浮かんできました。  逆に自分が親の心をわかっていなかったように

スキ
16
幸福ニュース第888号「複雑な家庭の悩みが解けた」
+1

幸福ニュース第888号「複雑な家庭の悩みが解けた」

「複雑な家庭の悩みが解けた」  内観を終え、これまで知らなかった自分がある事に喜びを感じております。ここ数年の私は、家族や親戚、それ以外でも問題が多く、悩みが尽きませんでした。  内観初日は、母に対する自分について調べましたが、最初から涙が止まりませんでした。母の愛がどれだけ深かったのかを知った上で、中学1年時の私を振り返ると、何とも情けなく申し訳ない気持ちで一杯になりました。  その後、父の内観が始まりましたが、小学校時代を振り返る場面で、前へ進めなくなりました。

スキ
26
幸福ニュース第887号「不登校児の回復(音楽大会に出場できた)」
+1

幸福ニュース第887号「不登校児の回復(音楽大会に出場できた)」

「不登校児の回復(音楽大会に出場できた)」 子供の不登校で、子育てのトレーニングを受講しており、子供の持っている力を見つけ、それを子供に伝えて気づかせると言う「コンプリメント」と言うことをしておりましたが、なかなかうまくできておりませんでした。 その指導を受ける中で、指導者の方からうまくいかない人は「見調べ(内観)」をしてみると良いと聞きました。自己流で一旦はやってみてわかった気になっていましたが、そのうち体調が悪くなり鬱のような状態になっていきました。そして、自分の

スキ
14
幸福ニュース第886号【父との争い】
+1

幸福ニュース第886号【父との争い】

【父との争い】  今回初めての内観研修での感想は、母親への感謝の気持ち、父 親、兄、すべての自分を支えてくれた人々への感謝の気持ちで一 杯になりました。  今までは当たり前のように、また日常的に思えてたものが、部屋の隅の屏風の中で、幼少期より時期を区切っての内観で、自分を深めていった。  そして、どれだけ多くの人々に支えられ、今までの人生を送ってきたのかを、自分を調べていき、特によく深まったのが母親への内観でした。  私が幼い時、大きな火傷を負い、母が病院で看病し

スキ
17
幸福ニュース第884号『子供の非行(母親の内観)』
+1

幸福ニュース第884号『子供の非行(母親の内観)』

『子供の非行(母親の内観)』  本当にあっという間の7日間でした。正直もう一週間時間をいただいて内観を続けたいという気持ちです。  ここに来る前の私は、家庭内の母と弟の不和を見るに耐えず、逃げ回っていた状態でありました。また、今春高校を卒業した娘のまさかの受験の失敗、そして何より、長男が昨年秋少年院送りとなってしまいました。  夫の浮気で離婚し、今まで子供の為に一生懸命頑張ってきた私の人生は一体何だったのだろう。情けない無力な自分のせいで、最愛の長男を少年院に送り込

スキ
22
幸福ニュース第883号「摂食障害、三度目の内観」
+1

幸福ニュース第883号「摂食障害、三度目の内観」

「摂食障害、三度目の内観」  内観』とは、身近な人々、母または母親代わりの人、父または父親代わりの人、配偶者などに対する本当の自分を見つめるために、 ①していただいたこと②してさしあげたこと③迷惑かけたこと、について、 具体的な事実を過去から現在まで調ベる中で、色々な気付きや発見により悩みの解決ができ、より楽しく、より良い人生を過ごせるようになる方法です。  また人だけでなく、物に対しても同じように3つのことを調べることができます。例えば、自分の目や胃や足について、また

スキ
19
幸福ニュース第882号【 人生が楽しくなった 】

幸福ニュース第882号【 人生が楽しくなった 】

【 人生が楽しくなった 】  内観を初めて体験することとなった。内観する前は怪しく思えていたのだが、いざ屏風の中に座り、独り様々な事に想いをめぐらせてみると、とてもとても大切な発見があり、気付きがあり、 悩みの原因が解ってきたように思う。  初めての内観の対象としたのは、母についてだったが、最初という事もあり、どうもうまくいかないというか、思い出した事を羅列して言ったり、当たり障りのない一辺倒なことしか内観できなかった。  しかし、次の対象である父について内観したこ

スキ
18
幸福ニュース第881号「母からの独立」

幸福ニュース第881号「母からの独立」

【 母からの独立 】  内観を知ったのは、大学の人間学という授業の中でした。当時から何か生き辛さのようなものを感じていたので、私にも内観が必要なのではないかという思いを抱いていました。しかしながら、日々の忙しい生活の中で逃げの気持ちも働いて、今回のような機会を持つには至りませんでした。  まず母親に対する自分を調べました。以前から気付いていました通り、母をどこかで嫌い憎む思いがありました。それは父を捨て、違う男性を好きになって離婚したことを許していなかったからです。

スキ
18