Pythonでやってみた2:株価取得/可視化

概要 Pythonを使用した株価分析をします。具体的には下記の通りです。 ●株価データの取得:APIを利用してデータを取得 ●データ加工:移動平均値を作成したり、Dateのソート ●可視化:箱ひげ図の作成 あくまで練習用のため、実際にトレードする場合は証券会社のツールを使用する方がよいです。 1.株価データ取得:pandas_datareader株価データの取得はpandas_datareaderを使用します。 pandas_datareaderでは下記複数のサイトのA

スキ
5

株価データ5分足10年分(2010年1月4日~2020年7月22日) 【集約版】の販売

現在、株価データ5分足10年分(2010年1月4日~2020年7月22日)を有料記事として販売しておりますが、こちらはデータが年毎にファイル分割されております。 今回、1銘柄のデータを1ファイルに集約したものを販売いたします。 東証銘柄すべての取得には数日かかりました。分足データは情報量が多いため取得できなかったものがあるようですが、概ね取得出来ているようです。データが欠落している銘柄については下記にある銘柄リストを参照してください。 分足データを提供しているところは恐

スキ
1
有料
20,000

かっこ:4166

S級IPOとして注目されていたかっこ。けれども寄り付き当日からずっと下がりっぱなしで止まることを知らない。IPOの痛い教訓を教えてくれたかっこだが一体どこまで下がり続けるのか?そもそもかっことはどのような企業なのか?将来性はあるのか?ということについてまとめた記事。かっこがどのような企業か知りたい方におすすめの記事です。 有料部分は自分の相場観や買い時の考察について書いています。無料部分で完結している記事ですので気にすることなくお読みください。 社長勝手にお顔を拝借してし

有料
100

Q3の初日は負けにくいというアノマリー

米株式市場において、第三四半期初日のリターンは75%くらいの確率で上がる、と聞きましてSPYで試してみました。(1993年以降) 結果ですが、確かに7月の第一営業日の成績はいいですね。 なんでかな?期初はポジション持つために買う機関投資家とかがおおいのかな?でも第二四半期の第一営業日はかなり成績悪いんですよね。むー。わからん。夏だからかな? たいしたコードじゃないけど、colabで公開してますのでお好きにお使いください。

スキ
1

SP500 は ATH だけど Market Breathは弱くなってるよという話

ISABELNETにこういう記事がありました Market Breathというのは、50日移動平均と現在の価格を比べた指標っぽいですね。50日とか200日とかあるみたいです。 現在、SP500は上場来高値(All Time Hight, ATH)なのですが、各銘柄を見ると50日移動平均を下回ってる銘柄が多いんのですよ、という話みたいなので、実際やってみました。 今年の1月、4月と、今の状況を比べたヒストグラムがこちら。あらやだホントですね。 Colabで作ったので、続

pythonで株価分析⑫【コピペで3秒 RSI(相対力指数)でバックテスト】

※本記事は金額が設定されていますが、全て無料で読めます('◇')ゞ 皆様、こんにちは。 今回は、大人気シリーズ「pythonで株価分析」の第12弾です❕ 表題の通り、 『コピペで3秒。』でRSI(相対力指数)のバックテストができます('ω')ノ 『有名な指標だけど、RSI(相対力指数)っていつ使えば儲かるの❓』という疑問に答えます。 ポチるだけで、バックテストの結果が表示されます!(^^)! 今回も、コピペで行ける様、しっかりとpythonコードの解説をしていき

スキ
1
有料
100