本上まなみ

本上まなみさんが今月買った10冊の本

名作再発見

外出を控えめに、家でじっくり本を読む、そんな夏です。

まずはターコイズカラーのカバーが印象的な『こんぱるいろ、彼方』。

主人公は40代半ば、スーパーの総菜売り場でパートをしている主婦真依子。彼女には子どもたちに話していない秘密があります。それは、自分がベトナムからやって来たボートピープルであるということ。でも5歳で日本に来たため、彼の地での生活はほとんど覚えてはいません。

そん

もっとみる
ありがとうございます!
23

(映画レビュー)そらのレストラン

※この記事を見てのサポートはご遠慮願います。
収益を目的とした記事では御座いません。
映画を文字で楽しくしてみたいだけで御座います。

~冒頭~

こんにちは。

2020年3月から白血病の治療をしております。
病人が暇なので映画を観ています。

今回は「そらのレストラン」。
大泉さんの主演で北海道映画シリーズというものがありまして、
第1弾が『しあわせのパン』、第2弾が『ぶどうのなみだ』。
そし

もっとみる
┏○)) アザ━━━━━━━━ス!
17

キネ坊主の映画人生を紐解く23

関西の映画シーンを伝えるサイト「キネ坊主」を運営しているぐっちょんです。

昨日あたりから、ようやく所謂”リモート映画”をいくらか見るようになりました。結局、会話劇映画がベースになってきますが、その中で狭い空間の外側にある世界を如何に想像させ、飛び道具を登場させてストーリーをハネさせるかが重要でしょうか。

さて、CM出身監督による美しい作品『tokyo.sora』(2002)を取り上げてみます。

もっとみる
スキありがとうございます!どんな映画がスキですか?

本上まなみさんが今月買った10冊の本

人と人の繋がり

『ツナグ 想い人の心得』は吉川英治文学新人賞受賞作の、続編。一生に1度だけ死者との再会を叶えてくれる使者〈ツナグ〉。一族に代々受け継がれるこの役割を、祖母から託された青年・歩美。前作で高校生だった彼が、今回の続編では社会人2年目という設定に。それだけで胸がじんとしてしまう。

死者と生者の邂逅にはルールがあり、依頼を受けた使者が相手方と交渉、両者の合意があって初めて対面が叶います

もっとみる
ありがとうございます!
25

【全文公開】笑い、感動、ぞくり 本上まなみさんの「わたしのベスト3」

女優・エッセイストの本上まなみさんが、令和に読み継ぎたい名著3冊を紹介します。

 笑える本、感動する本、怖い本の3冊を紹介します。

『太陽の塔』は京都の冴えない男子大学生の日常がこれでもか! と詰め込まれた愛すべき小説。名言は多数、〈我々の存在によって発生する経済効果は、冬眠熊の経済効果とほぼ等しい〉、〈我々の日常の90パーセントは、頭の中で起こっている〉、〈大学生が赤ん坊の次によく眠る人種で

もっとみる
ありがとうございます!
11

本上まなみさんが今月買った10冊の本は?

寛容な空気の中で

『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』はヒョウ柄に金の箔押し(題名めちゃ読みにくい)、書店でもダントツの濃ゆーい目立ち方をしていました。そう、近鉄の「いてまえ打線」って感じ。「やっちまえ」みたいな意味ですけどね、いいね。カバーを取ると本体はゼブラ柄だし、中身は濃い人ばっかり出てくるぎゅっと詰まった336ページ。大阪文化への愛溢れる、どこから読んでも惜しみなく笑わせてくれる対談集

もっとみる
ありがとうございます!
8

松坂桃李 主演映画~「居眠り磐音」はスマッシュヒットできるのか?~

【松坂桃李 主演映画~「居眠り磐音」はスマッシュヒットできるのか?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

人気俳優の松坂桃李さん。
チャレンジFBモデル2008オーディションでグランプリを受賞。
2009年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第33作「侍戦隊シンケンジャー」で主演を演じ、ブレークを果たしました。

5月17日公開の主

もっとみる
今後もエンタメの殿堂をよろしくお願いします。
1

「そらのレストラン」

監督:深川栄洋
制作国:日本
製作年・上映時間:2018年 126min
キャスト:大泉洋、本上まなみ、岡田将生、鈴井貴之、風吹ジュン、小日向文世

 取り立てて違う視点から何かが描かれているところはなかった。ある一点を丁寧に描いているでも、心情の機微に迫っているのでもなくステレオタイプの設定と陳腐な台詞が観ていて辛かった。
 冒頭と岡田将生演じる北海道在住者ではない人物が生活に疲労し或いは「挫

もっとみる
読んでくださってありがとう
1

第6回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第3週)

【第6回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第3週)】

今週のランキングは「マスカレード・ホテル」VS「劇場版 Fate/stay night Heave's Feel Ⅱ. lost butterfly」VS「ボヘミアン・ラプソディ」。
「マスカレード・ホテル」の初登場1位か?
「劇場版 Fate/stay night Heave's Feel Ⅱ. lost butterfly」のV2

もっとみる
今後もエンタメの殿堂をよろしくお願いします。
2