2019年『新聞歌壇』掲載短歌

【東京歌壇】

東直子選

とある時代とある真夜中きみの手が差し出すトマトのやさしき裸体  
1・13

自らの死をフライングゲットする跳躍力を僕は持たない   
2・10

ばらばらな気持ちで座る食卓にサラダが夜を散らし始める 
《三席》
3・10

後悔は声を失くした異邦人ソリストっぽく爪先立って
《特選二席》
3・17

新聞紙ベンチの上で夕風にしんなりめくれ あなたはばかだ  
3・24

もっとみる
万里片雲無し!
11

村弘氏穂の日経下段 #60(2018.6.2)

虚ろなる化粧を終えて君のいない世界の風に晒すくちびる
(下野 海老原愛子)

 今すぐに此処でキスしてくれる君なき世におけるメイクの仕方。一行に漂う椎名林檎的哀愁が読後も離れない。君がいる世界といない世界では<私>の作り方が異なる。その例としてルージュの種類もメイクアップの方法も全く違うということだろうか。そして何より、気合が違うんだろう。君がいない世界では、ツルツルのプルプルの唇で勝負する必要が

もっとみる

村弘氏穂の日経下段 #59(2018.5.26)

くるくると傘を回して飛び散った雨粒みたいに卒業をする
( 東京 やすふじまさひろ)

 くるくると回した傘は黄色くて持ち手には名前が書かれてた。いったい最後に傘を回したのはいつだったんだろうと今、ふと思い出してみたら遠く昭和まで雨垂れのように滑り落ちた。ぼくの場合は幼稚園か小学校の低学年だったと思う。まあ、女子高生あたりが肩のうしろでくるくる回してるくらいだったら可愛らしいけど、いい大人になってか

もっとみる

村弘氏穂の日経下段 #58(2018.5.19)

ああ壁よ扉よ床よ天井よ 今日もひとりっきりをありがとう
(名古屋 古瀬葉月)

 この作品は、ひとり暮らしの小さな部屋で何もしなかった一日という読み方もできるんだけど、何かをした、もしくは何かをしようとした、という読解も可能だ。そのどちらだったとしても、結果として、何もふれあいがなかった一日ということだ。壁、扉、床、天井は部屋を出た先の建物にだって存在する。この一日に主体が何をしたのかは全く書かれ

もっとみる

村弘氏穂の日経下段 #57(2018.5.12)

たまごかけごはんみたいな陽だまりの道路に銀色のおばあさん
(枚方 久保哲也)

 枚方の久保氏の欄に久方と書きそうだったほどに久しい。イギリスの絵本作家のような描写で詠い上げる久保氏のファンとして心待ちにしていた一首だ。それにしても、なんてやさしい歌なんだろう。目にする世界のあらゆる対象と愛情を経由して繋がりを持つ作者の本領発揮といったところか。ほぼ平仮名で綴られた上の句は、平坦で穏やかな春の日の

もっとみる

村弘氏穂の日経下段 #56(2018.5.5)

営業で手にした名刺を怪人とライダーに分けホルダーに挿す
(東京 織部 壮)

 名刺を手にする機会っていうとほぼ初対面時だから、そうそう長い商談時間は設けられないだろう。つまり熟々とした本当の戦いは次回以降ということになる。営業戦士はそれまでの限られた時間内に戦略を練らなくてはいけない。その第一段階での、一目瞭然のファイリング術は大きな武器となることだろう。それは脈アリと脈ナシの仕分けか。それとも

もっとみる

村弘氏穂の日経下段 #55(2018.4.28)

時間とはをんなのこゑにふりつもり光を消してゆくものと知る
(東京 本多真弓)

 ここには書かれていない『をとこ』を登場させて、まだ明るい寝室の長い枕に一首を置いて全体的に艶っぽく読ませてもらうこともできる作品なんだけど、想像が膨張しすぎて弾けて消えてしまったので、もうひとつ浮かんだもう少し真面目なほうの読みを公開します。ひとことでいえば時間の定義。だけどその独自の解釈による時間の概念の捉え方が至

もっとみる

村弘氏穂の日経下段 #54(2018.4.21)

寄せる波風に吹かれる黄水仙君の鼓動の香りを放つ
(横須賀 新倉由美子)

 水仙っていう花の名前は水辺に佇む仙人のようだから付けられたらしいんだけど、ここではそれがさらに『君』に喩えられている。故に『君』がそれほど尊い存在であることが伝わってくるのだろう。黄水仙は匂い水仙なんて呼ばれたりもするくらいだから水仙よりもずっと強い芳香がある。植物でありながら動物的な匂いを強く放つ品種だ。そして『鼓動』と

もっとみる

村弘氏穂の日経下段 #53(2018.4.15)

送られた写真に映り込む影の耳が長くてうさぎだと思う
(札幌 石河いおり)

 写りこんでいた影がいったい何であるのかも気になるが、メインの被写体が何であるかも作中では一切触れられていない。そうやって読者のイマジネーションをくすぐる技法だ。さらに誰なのか判らないが、誰かから送られてきたということは作者が写っているのかもしれない。もちろん野山で撮った草花の向こうに本物の野兎の影が映りこんでいたという可

もっとみる

村弘氏穂の日経下段 #52(2018.4.8)

美容師の花粉症への怨念が鋏に移る春の散髪
(国分寺 西口ひろ子)

 花粉症に悩まされる美容師さんも気の毒だが、マスクの中に鬱積したその行き場のないルサンチマンが、あろうことか鋏へと流れ込むなんてお客さんもとんだ災難だ。スウィートの3月号に載っているうっとりカワイイ春の新作のニットの情報を読んでいると見せかけて、実際には上目づかいで鏡の中で暴れ狂う鋏の乱反射を追いかけていることだろう。頼んでもいな

もっとみる