成人発達理論

5980. 本日の中土井遼さんとの対談によって紐解いていただいたもの

つい先ほど、近所のスーパーから帰ってきた。その時に、気分転換として、いや内側に留まり続けているの1つの体験を味わうために、少しばかり近くの運河沿いをジョギングしていた。

買い物にいく前まで行っていたのは、アントレプレナーファクトリーさんの後援のもとに行わせていただいた、知人の中土井遼さんとの対談であった。この対談が自分にもたらしてくれたもの、気づかせてくれたものはあまりにも多く、ここで全てを書き

もっとみる
大変嬉しく思います!
8

5974. 新たな眼差しで胸を高鳴らせて日々を生きること

時刻は気がつけば午後3時半を迎えていた。この日記を執筆したら、近所のスーパーに買い物に出かけようと思う。明日と明後日は雨のようなので、必要なものは今日購入しておこう。

先ほど、イギリスの経済地理学者のデイヴィッド·ハーヴェイの書籍"Limits to Capital (2006)”の中で興味深い指摘を見つけた。ハーヴェイは、現代の金融資本主義における問題解決の方法は、問題を根本から解決しようとし

もっとみる
どうもありがとうございます!
1

5966. 社会との協創によって実現される発達と「発達」という暴力:ヴィゴツキー、ピアジェ、ハーバマスの観点より

時刻は午後4時に近づこうとしている。今、空は晴れていて、太陽の姿を拝むことができている。

先ほど、改めてカート·フィッシャー教授の追悼論文集“Handbook of Integrative Developmental Science (2020)”を読んでいると、色々と考えさせられることがあった。それらについて備忘録がてらまとめておこうと思う。

まず1つには、ヴィゴツキーとピアジェの発達思想と

もっとみる
大変嬉しく思います!
2

5957.「忘れたことと忘れさせられたこと 」:社会実践性を希求する実践霊性学・実践美学・成人発達理論・インテグラル理論

今、時刻は正午に向かっている。今朝は小雨が降ったり止んだりを繰り返していて、今は小雨が病んでいる。今朝はとりわけ気温が低く、今も引き続き暖かい格好をして、温かいコーヒーを飲んでいる。

午前中にふと、評論家の江藤淳の書籍の中に、「忘れたことと忘れさせられたこと 」というものがあることを知った。この書籍のタイトルから、色々と考えさせられることがあった。

1つとして、今の私の関心事項である霊性や美に

もっとみる
とても嬉しく思います!
3

5954. 社会科学に潜む別種の「フラットランド化」:「発達は一概に善ではない」という主張に留まることの問題

時刻は午前11時を迎えたが、依然として肌寒い。今日は厚手の長袖に長ズボンを履いて過ごしている。先ほど、昨日考えていたテーマに対してまた少し考えていた。

イギリスの哲学者デイヴィッド·ヒュームは、「である(is)」から「べきである(ought)」を導き出すことはできないと述べたが、それではそもそも「べきである」という主張はどこから来るのだろうか?ということについて考えていた。

自宅の目の前の通

もっとみる
どうもありがとうございます!
2

5951. 発達科学の研究成果の価値判断について:インテグラル理論の果たす一つの役割

時刻は午後7時半を迎えた。今週も早いもので、明日を終えれば週末を迎える。

気がつけば7月を迎えていて、おそらく気がついたときには今月末のアテネ旅行の日がやって来ているだろう。そして、そこから秋の日本への一時帰国もあっという間にやって来るような気がしている。

昨夜就寝前に、何気なく本棚を眺めていたところ、“Systems Thinking, Critical Realism and Philos

もっとみる
大変嬉しく思います!
6

5948. ロイ・バスカーへの共感・共鳴

時刻は午後7時半を迎えた。7月の最初の日が充実感と共に終わりに近づいている。今日は1日を通して非常に肌寒く、室内では長袖長ズボンで過ごす時間が多かった。明日は今日もよりも気温が低く、雨が降るらしい。

本日は創作活動に並行して、哲学者のロイ·バスカーの仕事を辿っていた。明日か明後日中にバスカーの書籍の大半を購入しようと思っており、早く彼の思想を学びたい気持ちでいっぱいである。

ロイ·バスカーは元

もっとみる
とても嬉しく思います!
3

5947. 対象から離れることと本質に近づくこと:現代の教育や人財育成で喪失してしまった発想

今日は朝からとても寒い。室内では長袖長ズボンを着て過ごしている。

先ほど、ベジブロスで作った具なしの味噌汁を飲んだ。それは毎朝飲んでいるものなのだが、いつも以上に味噌汁の温かさを感じることができた。今日から7月だということが本当に信じら得ず、午前中は温かいカカオドリンクと、自らの手で豆を挽いた温かいコーヒーを味わおうと思う。

先ほどふと、自分と日本語の関係について考えていた。自分の中で日本語が

もっとみる
大変嬉しく思います!
3

5946. コミュニケーションの商品化&ある画家の方との出会い&ロイ・バスカーの哲学思想への関心

時刻は午前7時に近づきつつある。今し方、ふと自宅の目の前の通りを眺めたら、ジャンバーを羽織って自転車を運転している女性の姿を見かけた。確かに今日はそれくらい寒い。

昨日の日記にもこれから数週間の気温について書き留めていたように思うが、数週間を超えて、7月と8月の双方において、暑さを感じる日が今年はほとんどなさそうだということを月間予報から知った。

そこからさらに先の9月についても調べてみると、

もっとみる
大変嬉しく思います!
6

ボクは意識高い系!発言に対するフィードバックで気がついた自分の視野の狭さ

皆さんは「意識高い系」と聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか?ご参考までにWikipediaの解説リンクを貼っておきます。

意識高い系(いしきたかいけい)
自分を過剰に演出する(言い換えれば、大言壮語を吐く)が中身が伴っていない若者、前向きすぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。
大学生に対して使用され

もっとみる
ありがとうございます!フォローはお返しします!
24