小日向文世

感情に蓋をすることで、現実を避けるバイアスがかかる。犯罪は感情そのもの「MIU404(第8話)」

今回は、綾野剛演じる伊吹の過去と本質に迫ってくる。伊吹というキャラクターそのものを明確にすることが、最終章に重要なことなのだろうと思う。

ドラマの中盤で星野源がいうように、ここでの綾野剛は「いいやつ」である。あくまでも、感情で動き、悪を許さない。その単純明快な部分がいつ構築されたのかというのが、今回のドラマの種明かし。まあ、それが、グレて、今回の主人公になる刑事(小日向文世)に助けられたというこ

もっとみる
読んでいただきありがとうございました
1

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」いい話ですね。と日本的人情話に納得してしまった。

夏のお盆の始まりの三連休。シネコンは久々に賑わっていたが、ハリウッドの大作がない夏休み映画状況である。今週から「ドラえもん」が始まり、それとTV繋がり二本が営業的に主力なのだろうが、席数半分状況では上映回数を増やす状態で、いいのか悪いのか?TV繋がりの「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の入りは席数半分で6割程度、なかなか厳しい興行と言っていいと思う。

その映画は、一言「いい話だった。」とい

もっとみる
読んでいただきありがとうございました
4

【映画の感想#42】コンフィデンスマンJP プリンセス編

なかなか見に行くタイミングが合わなくて行けなかったけど、やっと見に行ってきた。何となく気になっていたけどテレビドラマを見ていなかったので、この映画を見るためにドラマ版を全部見たんだけど、本当にどの話も面白くて今回の映画も見ようと決めていた。ドラマは毎回単発もので、必ずそこそこ豪華な役者さんがゲストで出てくるのも楽しみで、映画版になるとこのゲストがチョイ役で出てくれるのが結構楽しみどころだ。毎回短編

もっとみる
ありがとうございます!頑張ります!
4

#66 映画を観てきた。

「近本が記録を更新した日、私は甲子園にいた。

でもその日、私は少し遅刻をした。

私が観たのはただただ8点取られた阪神だった。」

by R

こんな感じで各話が始まるシリーズ、「コンフィデンスマンJP」の映画を観てきました。
何気にドラマシリーズから観ていて、映画に関してもロマンス編もプリンセス編も制覇です。ただ、テレビスペシャルの方はことごとく見逃しております。

…脚本の古沢良太さんの作品

もっとみる

コンフィデンスマンjp プリンセス編

今日は映画の話です。

※ネタバレはありません

今の映画館(109シネマズ)はコロナウイルス対策で、入場口は検温、席は両サイドを必ず空けて販売など、すごく徹底されていました。。

そんな中、久々に観た映画が『コンフィデンスマンjpプリンセス編』です♪

実は見始めたのは最近で・・・ドラマ再放送があってたり、Amazon primeで『コンフィデンスマンjpロマンス編』があったりしていたのでその影

もっとみる
ありがとうございます♪
4

【おうちシネマで映画を見よう!】   『清須会議』

2013年 日本 BS[WOWOWシネマ]
7月30日(木) 21:00
出演:役所広司 大泉洋 小日向文世 佐藤浩市
監督 脚本 原作:三谷幸喜
大泉洋は秀吉にそっくりと言われ複雑な心境だったという。対する柴田勝家演じる役所広司もイメージに合ってて、他役者さんも当てぶりを見るのも楽しい映画です。
https://www.wowow.co.jp/detail/105675/-/01

天正10年、

もっとみる
うれしいっす!!
4

【おうちシネマで映画を見よう!】 『ステキな金縛り』

2011年 日本
BS[WOWOWシネマ] 7月29日(月) 21:00
出演:深津絵里 西田敏行 阿部寛 竹内結子 中井貴一
監督 脚本:三谷幸喜
対する検事・小佐野(中井貴一)はまったく“霊”は信じない男なのだが…。余談ですが、三谷監督の中井さんはやっぱり面白いです。

https://www.wowow.co.jp/detail/100745?m=01

 ここのところ、弁護士の宝生エミは弁

もっとみる
感謝!感謝!!
5

7/25(土) 目に見えるものが真実とは限らない…

みなさんこんばんは!!!!73日目になりました。

今日はテンション高めです。

なぜかというとそれは………

コンフィデンスマンJPを見てきましたーー!!!!!!

(パチパチパチパチ)

この興奮からも伝わると思いますが、「ほんとに面白かった」です。

いつもの映画の感想は「見れたら見てー」みたいな感じですが、今回は違います。

「まじでみんな見て、明日必ず見て! 四連休最終日、家でゴロゴロし

もっとみる

ビビアン・スーの美少女感が溢れていた『コンフィデンスマンJP プリンセス編』

【基本情報】

製作年:2020年
製作国:日本
⠀ 配給:東宝

【個人的順位】

鑑賞した2020年日本公開映画ランキング:60/94
⠀ ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★☆☆
    映像:★★★☆☆
    音楽:★★★☆☆

【あらすじ】

世界的な大富豪フウ家の当主レイモンド・フウ(北大路欣也)が亡くなった。

遺産相続で火花を散らすブリジット(ビビアン・

もっとみる
拙い文章を読んでいただき光栄です!
1

【映画館】コンフィデンスマンJP プリンセス編

シンガポールのランカウイ島に大富豪レイモンド・フウの三人の子供たちが集結した。長女のブリジット・フウ、クリストファー・フウ、アンドリュー・フウの3姉弟だ。
 今回彼らがランカウイ島に集まったのはある儀式のためだった。それは彼らの父親であるレイモンド・フウの遺言により、相続者として指名された『誰も知らなかった』末子「ミシェル・フウ」への遺産継承の儀式だった。
 面白くない顔をして歩く三人の後からおず

もっとみる
スキありがとうございます!
6