守田英正

【2019】 第14節 浦和レッズ戦 レビュー

『監督が代わって、選手のモチベーションも高かったと思う。』(レアンドロダミアン)

最後の最後に同点弾を許し失った勝ち点2。大槻監督の初陣ということもあり、浦和は迫力あるサッカーを展開してきていた。中々、難しいゲームではあったが、1−0のまま90分を迎えることができていた。ただ、それでも最後の最後で浦和の迫力にやられてしまった。

だからといってもう終わったことをズルズルと引っ張るわけにもいかない

もっとみる

【2019】 第13節 大分トリニータ戦 レビュー

平日に開催されたACL。4−0と敵地で勝利を飾ったが、2位上海上港に勝ち点1届かずグループリーグ敗退という残念な結果になってしまった。乗り越えたい大きな壁であったが、それは持ち越しに。

ただ、リーグ戦とそれはまた別の戦い。勝たなければいけない試合は続いていく。

今節は前日に首位FC東京が破れていたため、是が非でも大分との上位対決を勝利で飾りたかったところ。

『ACLアウェイからJリーグアウェ

もっとみる

【2019】 第12節 名古屋グランパス戦 レビュー

金曜日であるにも関わらずチケットがソールドアウトになった等々力。

試合はお互い拮抗した試合を展開し、結果は1−1と勝ち点を分け合う形になった。1試合を通してクオリティーの高さを両チームとも発揮していて、周囲からは「素晴らしい試合」との評価まであった。こういった試合が増えていくことで様々な側面においてJリーグが発展していく糧になっていくはずだ。

さて、今回のラインナップはこちら。

①『このクオ

もっとみる

【2019】 第11節 清水エスパルス戦 レビュー

『今回の試合もたくさんのサポーターが駆けつけてくれて、アップのときからテンションが上がった。本当にありがたかった。そのなかでチームが勝つことができて、初ゴールも決めることができた。』(脇坂泰斗)

アウェイの地で多くのサポーターが駆けつけた中で2009シーズン以来の5連勝を狙っていたフロンターレ。前半の展開としては中々難しいところはあったが、セットプレーから先制点を奪取して流れをこちらのものとし、

もっとみる

【2019】 第10節 ベガルタ仙台戦 レビュー

ゴールデンウィークの満員の等々力。これ以上ない最高な条件で仙台を迎えいれたフロンターレ。試合は順調な滑り出しであまり引っかかることなく3−1で幕を閉じた。だが、1点を与えてしまったことに対して谷口は『相手を勢いづけるような失点はしてはいけない。』と振り返った。

奈良が負傷により長期離脱を余儀なくされたが、『今は奈良が安心して足の治療に専念できるような結果を届けることが大事。そういう意味でも勝てて

もっとみる

5/4の朝食 | ワクワクのチカラ

□レタスと豆乳のスープ
□食パン
□コーヒー

鶏の唐揚げを食べた時に作った、黒酢のたれを利用した酸っぱいスープ。豆乳がいい感じで固まっておいしい。

‐‐‐‐‐

5/3は、J1リーグ、川崎対仙台を見に行った。川崎は、主力のメンバーに怪我人が多く、今節は、ボランチが守田と田中碧、トップ下に脇坂と、プロ2~3年目の若い選手達がスタメンに名を連ねた。

若いメンバーが中心だったこと、また、攻撃の両翼

もっとみる
❤️🧡💛💚💙💜
1

【2019】第6節 C大阪戦 レビュー

前節行われた松本戦で見事今シーズン初勝利を飾り、勢いそのままにホームに帰還したが結果は引き分け。リーグ戦、ホームで未だ勝ちがないフロンターレだがここは耐えなければいけない時期であるのだろう。

しかし、一方で知念がプロ入り初の2戦連続弾を記録した。

これには『2試合連続はやはり自信にはなる』と言いつつも『自分がもう一本決めていればという悔しい思いが強い。』もう一度あったチャンスを決めきれなかった

もっとみる

【2019】第5節 松本山雅FC戦 レビュー

『勝てなくなったら確かにみんなうーんとなるが、こういう風にひとつ勝つと変わってくると思う。』(中村憲剛)

長い長いトンネルから抜けれたのかもしれない。そんな雰囲気が中村の言葉から見て取れる。

スロースタートになってしまった今シーズン。ロスタイムなどの失点が度重なり勝利や勝ち点を逃す回数が多かった。そんな中で迎えた松本戦。リーグが中断期間ということもあり、頭の中はクリアになっていたはずだ。そして

もっとみる