大谷吉継

大谷の使い方&大谷対策まとめ【小納言まで】

小納言。いわゆる非覚醒エリアで1番やっかいなのが大谷だと思います。

江姫・毛利もやっかいですが、浅井・有馬などの後列激励武将を前列に置いておけばある程度対応できる。

のに対して大谷はスキルが軽いことと、重傷が4ターンも続くので放っておくと後列が時間と共に消え去ります…

ということで今回は…

・大谷と一緒に使いたいおすすめ武将

・敵に大谷がいても負けないための3つ+αの対策

を紹介してい

もっとみる

第四巻 第五章 江戸幕府の成立

〇五大老・五奉行
N「秀吉は自らの死に備え、五大老・五奉行の制度を設けて、互いにけん制させようとしていたが」

〇名護屋・波止場
朝鮮から帰国した加藤清正(三十七歳)らを出迎える石田三成(三十九歳)。
三成「まことにご苦労にござった。上洛の折には茶会など開いて、そなたたちをもてなしとう存ずる」
清正「(吐き捨てるように)結構! 我らは朝鮮でさんざん、冷え粥をすすって参った!」
とりつく島もなく

もっとみる

THE・戦国時代。

『国取り物語』1、2、3、4
『新・太閤記』上、下
『関ヶ原』上、中、下
『城塞』上、中、下

司馬遼太郎・著

ーーーーー

全12冊、
THE・戦国時代。

何度も何度も、
繰り返し読んでいる
愛読書です。

今も、再び、、、

#斉藤道三 #織田信長 #明智光秀
#豊臣秀吉 #竹中半兵衛 #黒田官兵衛
#石田三成 #大谷吉継 #徳川家康
#関ヶ原 #西軍 #東軍
#大坂城 #大坂

もっとみる

DVD日記 #1 『関ヶ原』--6時間で描いた大作ドラマ

天下分け目の関ヶ原合戦といえば、歴史の教科書にも載る有名な戦い。
また司馬遼太郎の小説でもよく知られている。
それを原作にした6時間の大作ドラマが、
今回紹介する『関ヶ原』(1981年放送)。
私は大学生の頃に、ビデオで観たのが最初です。

あらすじ

「法が通らぬ時は、戦野で堂々と雌雄(しゆう)を決する。義の旗を立て、あの男と戦う」

慶長3年(1598)、天下人太閤秀吉(宇野重吉)が没すると、

もっとみる
スキ、大変嬉しいですm(_ _)m
4

【戦国】名将 大谷吉継

歴史に名を連ねる大谷吉継。そして盟友石田三成、二人は昔から根強く庶民に愛されている。苦労しながらも天下を取った家康が人々から好かれるのはわかる。だが、この二人が、人々から好かれるのはなぜだろう?

 そこには真の友情の形があったからである。

 石田三成の盟友、大谷吉継は、ある時ハンセン病であることが発覚した。
顔の皮膚が弱ってきたため、布で顔を覆い隠していたらしい。
それでもいくさでは、輿に乗り

もっとみる
励みになります!
7

戦国武将辞世の句ブレスレットがやばい

やばい!!!!!!!!!!!!!!!

akaです。

やばい!!!!!!!!!!!!!!!
これを見てください!!!!!!!!!!!!!!

「戦国武将の辞世の句がつづられたブレスレット」です!!!!

武将ご本人?様のTwitterで発見して目が飛び出そうになりました。
ただの興奮するオタクです。

見てきましたが、めっちゃくちゃオシャレです。
価格は2400円。

「ことばつづりブレス」

もっとみる
ありがとうございます☺️がんばります
5

キャンプファイヤーの焚き火をみながら、そっしーが友情について思ったこと。
色褪せない、歴史に残る信頼の物語に触れる10分間