地方グルメ

地方の店に隠された、さまざまなヒットの法則

地方の店に隠された、さまざまなヒットの法則

 初めて喜多方に行って喜多方ラーメンを食べてきた。  前泊の場所は会津若松。そうWAGYUMAFIA公式日本酒のGOLD,SILVER,Sの製造元宮泉銘醸に訪問した後だ。宮泉銘醸とも猪苗代で面白いプロジェクトを計画しているので、そちらもお楽しみなのだが、今朝から行ってきた『坂内食堂本店』は、喜多方ラーメンでもラーメン丼を真上から撮影するスタイルを流行らせたと言っても過言ではない肉そばの名物店。喜多方では朝ラーメンが普通だという。朝7時から開店しており、普段は1、2時間待ちが当

75
300
TikTok、グルメ動画を募集する「#TikTokグルメ王」を5月19日からスタート!青山テルマ、大塚 愛×あっこゴリラ、DEEN(※50音順)など豪華アーティストも参加

TikTok、グルメ動画を募集する「#TikTokグルメ王」を5月19日からスタート!青山テルマ、大塚 愛×あっこゴリラ、DEEN(※50音順)など豪華アーティストも参加

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、グルメ動画を募集する「#TikTokグルメ王」を5月19日から開始いたします。 いまTikTokではグルメジャンルの動画が大人気。「#TikTokグルメ」 「#TikTokレシピ」「#TikTokグルメマップ」を付けて投稿された動画の過去半年間の合計再生回数は15億回以上! 「#TikTokグルメ王」ではおすすめの飲食店や地元の飲食店紹介、名産品を使ったレシピなどあなたの地元のおすすめグルメを大募集

2
期間限定 神楽坂で味わえる【青森 つがる】の夏の味

期間限定 神楽坂で味わえる【青森 つがる】の夏の味

本日、神楽坂をさんぽ中、青森つがるの期間限定ショップを発見。 神楽坂なのに、なんだか里帰りしたような懐かしい夏の雰囲気。 期間限定で、つがる産のスイカやメロンが購入でき、店内でも食べることができるようです。 スイカやメロンは一個まるごとでもカットしたものでも買える。 私が買ったカットメロンは400円、カットスイカは300円ほどでした。 営業は11:00-18:00(8月中は無休のようです。) 東西線神楽坂駅のすぐ近く。矢来町のワインショップ付近です。

1
目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

▼〔ワインで育った牛〕 山梨県甲斐市の「小林牧場」で飼育される1200頭の肉牛は、『甲州ワインビーフ』と名付けられている。ここでは生後6カ月頃から、ワインを作る過程で出るブドウの皮や種のワイン粕を醗酵させたものを、飼料に混ぜて与えている。ブドウの皮や種にはポリフェノールなどの成分が多く含まれ、それらが肉質を柔らかくし、臭みの少ない赤身の美しい牛肉にするという。 家族で味わうなら、『バラカルビ焼肉用500グラム』(2743円、税込)。サシが入りすぎない赤身は、きめ細かな肉質

15
目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

▼〔2種類のとり天〕  鶏肉に天ぷらの衣をつけて揚げた「とり天」は、大分県の郷土料理。その発祥の店といわれるのが、大正15年に県内初の西洋料理店として創業した「東洋軒」だ。 厳選した九州産の鶏もも肉を、九州甘口醤油をベースにニンニク、ゴマ油などを合わせて下味をつけ、衣には水を一切加えず、新鮮な卵をたっぷり使って揚げてあるのが特徴。サクサクフワフワの衣に包まれた鶏肉は柔らかくてジューシー。そのままでも、『かぼす酢醤油』(200ml、594円、税込)をかけても美味。柚子の香りが

8
目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

▼〔春の味覚〕 佐賀市でホワイトアスパラガスの出荷が始まり、人気を集めている。グリーンアスパラガスは春と夏に収穫なのに対し、ホワイトアスパラガスの収穫は春だけ。佐賀市では特に太さがあるものを『白い宝石』と名付け、化粧箱に入れて販売(4月上旬まで)。 新鮮なホワイトアスパラガスは、シンプルに塩茹やソテーにすると、独特の甘みが口に広がる。茹で汁を使ったリゾットもおすすめ。ホワイトアスパラガスの本場・ヨーロッパでは、春を告げる野菜と言われている。この時期にぜひ味わいたい一品だ。

7
今日はこちらへ出張。ひつまぶしが食いたい

今日はこちらへ出張。ひつまぶしが食いたい

1
今日はこちらへ出張。良い天気、牛タンも旨し

今日はこちらへ出張。良い天気、牛タンも旨し

1
目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

目・耳・口<今月の”美味しい”情報>

▼〔野趣あふれる料理〕  宮崎県の景勝地・高千穂峡では、古くから、囲炉裏で山鳥の丸焼きを楽しんでいた。  その伝統を今に伝えるのが、「あららぎ乃茶屋」の『鳥の丸焼き』だ。20羽の鶏を丸ごと一度に焼くことができる大窯で、4時間かけてじっくりと焼き上げる。丸焼きなので、モモ肉、胸肉など、いろいろな部位を楽しめる。どの部位もしっとりと柔らかだ。味付けは塩だけなので、鶏肉の美味しさがよく分かる。オーブントースターで温めれば、皮がパリッと仕上がり、いっそう美味しくなる。野趣あふれる

4
目・耳・口<今月の”美味しい”情報>【全文公開】

目・耳・口<今月の”美味しい”情報>【全文公開】

▼〔特産品が合体〕  鮭とチーズは、北海道の代表的な特産品だ。この2つを上手く組み合わせて誕生したのが、北海道標津町「マ印神内商店」の『鮭とチーズのミルフィーユ』だ。  同店は極上のイクラを醤油漬けにした『醤油いくら』で知られる。その調味液に漬け込んで桜のチップで丁寧にスモークした秋鮭と、酪農王国と称される別海町の「なかやまミルク工房」で作る濃厚なゴーダチーズを、ミルフィーユのように重ねた。紅色と乳白色の彩りが美しい。  鮭とチーズがそれぞれのコクを引き立て、旨みが広が

1