川嶋ぱんだ/Re dot

📚大阪から愛媛へ移住📚紅茶職人🌱俳句同人誌「里」🏃陸上競技から俳人に🕴不器男記念館プロデューサー/ときどき分かち書きをします/鬼貫青春俳句大賞優秀賞/愛媛新聞青嵐俳談第一回青嵐大賞/俳句交流スペース「IRORI」https://bit.ly/3nq3sTj(参加自由)

メンバーシップに参加

「樹色」では、万葉調、芝不器男、ライトヴァースをテーマに俳句の文体や表現を研究します。口語も文語も研究します。なぜならばどれかを否定すると必ず片手落ちになるからです。樹色ではすべてが射程です。 ご自身の俳句ネクストプレイス(作品を次の段階へ進める場)としてご活用ください。 【樹色に参加してできること】 ・参加者限定のLINEオープンチャットへ参加できます。 ・活動の主体性により個人的に勉強会にお誘いします。 ・種句会に参加できます。

マガジン樹色

¥500 / 月

川嶋ぱんだ/Re dot

📚大阪から愛媛へ移住📚紅茶職人🌱俳句同人誌「里」🏃陸上競技から俳人に🕴不器男記念館プロデューサー/ときどき分かち書きをします/鬼貫青春俳句大賞優秀賞/愛媛新聞青嵐俳談第一回青嵐大賞/俳句交流スペース「IRORI」https://bit.ly/3nq3sTj(参加自由)

メンバーシップに加入する

「樹色」では、万葉調、芝不器男、ライトヴァースをテーマに俳句の文体や表現を研究します。口語も文語も研究します。なぜならばどれかを否定すると必ず片手落ちになるからです。樹色ではすべてが射程です。 ご自身の俳句ネクストプレイス(作品を次の段階へ進める場)としてご活用ください。 【樹色に参加してできること】 ・参加者限定のLINEオープンチャットへ参加できます。 ・活動の主体性により個人的に勉強会にお誘いします。 ・種句会に参加できます。

  • マガジン樹色

    ¥500 / 月

ストア

  • 商品の画像

    まつちの和紅茶 30g

    愛媛県松野町は84%が森林。 四万十川源流に位置し、豊かな自然で溢れています。 その中でも蕨生真土地区では 朝夕の寒暖差 川から発生する霧 赤土の土壌 お茶を育てる三つの条件が揃い、お茶の栽培に適しています 栽培も山の落葉を茶畑に撒き少量で上質なお茶づくりをしています。 4月に収穫した新茶を贅沢に和紅茶に仕上げました。 渋みが少なく華やかな香りと上品な甘みが楽しめます。 【内容】 新茶の和紅茶 原材料:茶(愛媛県松野町産) 内容量:30g 和紅茶
    648円
    蕨生スタイル オンラインショップ
  • 商品の画像

    まつちの手揉茶 50g

    愛媛県松野町は84%が森林。 四万十川源流に位置し、豊かな自然で溢れています。 その中でも蕨生真土地区では 朝夕の寒暖差 川から発生する霧 赤土の土壌 お茶を育てる三つの条件が揃い、お茶の栽培に適しています 栽培も山の落葉を茶畑に撒き少量で上質なお茶づくりをしています。 4月に収穫された新茶を釜炒りし、手揉みで仕上げました。 香ばしさと爽やかな後味が楽しめます。 【内容】 新茶の手揉茶 原材料:茶(愛媛県松野町産) 内容量:50g 釜炒り茶 手揉み仕上げ
    1,080円
    蕨生スタイル オンラインショップ

マガジン

  • つくえの小部屋(日常と思考の記録)

    日々の日記やエッセイや文章を書き綴ります。

  • つくえの部屋

    俳句を中心とした企画を発信するマガジンです

  • オープンチャットIRORIの広場 ※IRORIメンバーの記事

    「つくえの部屋」が運営する俳句オープンチャット「IRORI」のメンバーが書いた記事をまとめました。

  • 商品の画像

    まつちの和紅茶 30g

    愛媛県松野町は84%が森林。 四万十川源流に位置し、豊かな自然で溢れています。 その中でも蕨生真土地区では 朝夕の寒暖差 川から発生する霧 赤土の土壌 お茶を育てる三つの条件が揃い、お茶の栽培に適しています 栽培も山の落葉を茶畑に撒き少量で上質なお茶づくりをしています。 4月に収穫した新茶を贅沢に和紅茶に仕上げました。 渋みが少なく華やかな香りと上品な甘みが楽しめます。 【内容】 新茶の和紅茶 原材料:茶(愛媛県松野町産) 内容量:30g 和紅茶
    648円
    蕨生スタイル オンラインショップ
  • 商品の画像

    まつちの手揉茶 50g

    愛媛県松野町は84%が森林。 四万十川源流に位置し、豊かな自然で溢れています。 その中でも蕨生真土地区では 朝夕の寒暖差 川から発生する霧 赤土の土壌 お茶を育てる三つの条件が揃い、お茶の栽培に適しています 栽培も山の落葉を茶畑に撒き少量で上質なお茶づくりをしています。 4月に収穫された新茶を釜炒りし、手揉みで仕上げました。 香ばしさと爽やかな後味が楽しめます。 【内容】 新茶の手揉茶 原材料:茶(愛媛県松野町産) 内容量:50g 釜炒り茶 手揉み仕上げ
    1,080円
    蕨生スタイル オンラインショップ
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

川嶋ぱんだについて

こんにちは。 川嶋ぱんだです。 ここは川嶋の簡単なプロフィールです。 フィールド(主な活動場所)愛媛県松野町について 愛媛県松野町は愛媛県の南部にある愛媛県のなかでも人口がいちばん少ない町です。四万十川源流の松野町は森林率が84%。景勝地の滑床渓谷を有し、伊予と土佐を繋ぐ要所の町として発展しました。 不器男記念館について 大正末期から昭和初期の約5年間で珠玉の作品を残した松野町出身の俳人「芝不器男」の生家を記念館として展示しています。松野町の旧庄屋邸だったこの家で育っ

    • 2022.11.20(日)パワーマイムをもう一度

      この記事はメンバーシップに加入すると読めます

      • 2022.11.19(土) 小学2年生との俳句づくり

        今日は昨日の続きで小学校での授業づくりの話です。 昨日は「秋の雨」と「秋の空」を比較するところまで書きました。 今日は実際に俳句をどのように作ったのかを書きます。昨日2年生に紹介した例句は「朝起きて山本先生秋の空」でした。 今日はこの型を中心に作っていきます。 型と言っても最終的には「朝起きて」も「秋の空」も使わない俳句を目指します。 俳句づくりのテーマは「気持ちを季語で表現する」です。 「秋の空」は「秋の雨」よりも気持ちがいいというのは確認しました。 次は「朝起き

        • 2022.11.18(金) 小学二年生における作句の限界

          毎月、地元の小学校で俳句の授業を行なっています。 先日も俳句の授業で学校に行ったところ、3年生の授業だと思って向かったのですが、実際は2年生の授業の日でした。 この10月〜11月は紅葉を題材に紅葉の種類と「紅葉」という言葉が持つ印象について小学四年生くらいまでを対象に授業をしていました。 そしてこの方法が3年生でも通用するのかなと思って行ったらすでに3年生では2週間前に授業が終わっていました(ということは3年生でも通用したということでしょうか。。) 概ね「照紅葉」と「薄紅

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • つくえの小部屋(日常と思考の記録)
          川嶋ぱんだ/Re dot
          ¥500 / 月
        • つくえの部屋
          川嶋ぱんだ/Re dot
          ¥500 / 月
        • オープンチャットIRORIの広場 ※IRORIメンバーの記事
          川嶋ぱんだ/Re dot
        • 蕨生スタイル
          川嶋ぱんだ/Re dot
        • 俳句は入門できるのか(俳句をはじめる人に与える書)
          川嶋ぱんだ/Re dot
          ¥500
        • 個人誌「つくえの部屋」NOTE 作品や私論
          川嶋ぱんだ/Re dot

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 種句会12月ご案内

          【種句会】 12月9日(金)21:00〜23:00 会場:オンライン 定員10名(定員に達し次第締め切ります) 【種句会とは】 種句会は、席題を中心で事前の準備がい…

        • 『谷さやん句集』を読む

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 種句会11月ご案内

          【種句会】 11月11日(金)21:00〜23:00 会場:オンライン 定員10名(定員に達し次第締め切ります) 【種句会とは】 種句会は句会のルールを確認しながら…

        • 種句会12月ご案内

          【種句会】 12月9日(金)21:00〜23:00 会場:オンライン 定員10名(定員に達し次第締め切ります) 【種句会とは】 種句会は、席題を中心で事前の準備がい…

        • 『谷さやん句集』を読む

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 種句会11月ご案内

          【種句会】 11月11日(金)21:00〜23:00 会場:オンライン 定員10名(定員に達し次第締め切ります) 【種句会とは】 種句会は句会のルールを確認しながら…

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          2022.11.19(土) 小学2年生との俳句づくり

          「マガジン樹色」に参加すると読めます

          今日は昨日の続きで小学校での授業づくりの話です。 昨日は「秋の雨」と「秋の空」を比較するところまで書きました。 今日は実際に俳句をどのように作ったのかを書きます。昨日2年生に紹介した例句は「朝起きて山本先生秋の空」でした。 今日はこの型を中心に作っていきます。 型と言っても最終的には「朝起きて」も「秋の空」も使わない俳句を目指します。 俳句づくりのテーマは「気持ちを季語で表現する」です。 「秋の空」は「秋の雨」よりも気持ちがいいというのは確認しました。 次は「朝起き

          2022.11.3(木) 石蕗と『広島』

          「マガジン樹色」に参加すると読めます

          松野町では文化祭の真っ最中。 多くは『里』10月号に出した作品です。

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2022.11.17(木) 新傾向俳句とはなんだったのか

          先週の金曜日に樹色の種句会を開催しました。 参加者が揃うまで河東碧梧桐の『新傾向句集』を読みました。 河東碧梧桐の『新傾向句集』は大正四年に発行された碧梧桐の新傾向俳句の成果をまとめたものです。客観写生を深めるために三千里の旅をした碧梧桐がたどり着いた新傾向とはなんだったのか。 前回の種句会では次の2句を読みました。 冬来るや尚乗り締むる馬五頭 出羽人も知らぬ山今朝の冬  一句目、尚乗りということはそのまえにも乗っていたのでしょうか。その「乗り締むる」は馬五頭に掛かる

          十一月のIRORIカピバラ温泉句会のご案内 

          IRORIカピバラ温泉句会のご案内 夏雲システムを利用し、気軽に投句・選句していただけます。 選句期間終了後にZOOMでの振り返り合評会も行いますので、皆さま奮ってご参加ください。※ZOOMへの参加は必須ではありません 投句締切:11/20 23:59 選句締切:11/22 19:00 Zoom合評会:11/22 20:00 ※俳句アナザープレイス「IRORI」への参加はカピバラ句会の参加が必須です。 参加には、夏雲の句会ログイン情報が必要です。(先月までご参加されていた

          2022.11.10 (木)『谷さやん句集』(朔出版)を読む「五七五は言葉の絵」か

          『谷さやん句集』が届きました。 谷さやん句集「○○」ではなく、谷さやん句集というのが本のタイトル。 そこがシンプルにいいなと思いました。 軽み主体で言葉のもつ明るさが際立っていて(元)船団会員の句集の中で坪内調を越えていそうな俳句がいくつかありました。 船団会員は坪内稔典さんリスペクトが強く、使用する語彙や表現技法が坪内稔典さんの俳句に似通うので「坪内稔典の金太郎飴」と評されることが多く、船団にいた私としても聞かされるたびに心が痛かったのですが、『谷さやん句集』のいくつか

          2022.11.3(木) 石蕗と『広島』

          松野町では文化祭の真っ最中。 多くは『里』10月号に出した作品です。

          =IRORIの入口はこちら IRORIカピバラ温泉句会=

          IRORIは、つくえの部屋が運営する結社でも同人誌でもないもう一つの俳句空間です。 IRORIでは、参加者が主体性を持ち寄って句会や勉強会を行なっています。 IRORIは、ひとりひとりの俳句アナザープレイスです。 ですから、IRORIの参加者は肩書きに「IRORI」を使うことを禁止しています。 IRORIについてもっと詳しく知りたい方は以下のNOTEを参照ください IRORIに参加するには 以前は誰でも参加できたIRORIですが、荒らしが発生したため現在はパスワー

          2022.10.21『奎23号』を読む

          小池康生さんがお亡くなりになられました。 はじめてお会いしたときには既に病を患っておられましたが、小池さんの周りにはいつも洛南高校出身者を中心に私と同世代の俳人が集まりました。小池さんはとても面倒見の良い大先輩の俳人でした。小池さんを中心に「奎」が立ち上がったのは必然の流れだったといま振り返ると思います。 小池さんとの思い出は、天神橋筋六丁目周辺を吟行したり、黒門市場周辺を吟行したり、枚岡神社の句会に参加させていただいたり。句会の打ち上げは中華料理が多かったと記憶していま

          軽トラサウナ体験をしに行ったら、近所の人々とサウナを神輿のように持ち上げた話

          プロローグ10/10は体育の日! ということなのか分からないけど、三重県と各地の移動式サウナをオンラインでつなぐという企画があって、そこに手揉茶と水出し紅茶を提供することに。 提供する代わりにサウナ体験をしていいよー!と軽トラサウナオーナーの河野亮二さんに呼ばれたので集合時間の12:30に会場に向かっていると、その亮二さんからLINEがきました。 「川嶋くん、何時ごろ来れる? ちょっと困ったことが発生した。」 なんだろう?何か足りへんものとかの買い出かな?と思いながら会

          2022.9.8(木) 正岡子規『歌よみに与ふる書』を読む⑥ ー客観の本意 城壁の歌からの拡大ー

          「五たび歌よみに与ふる書」では、内容にあった叙述や小細工的な嘘がいけないということが書かれていました。つづく「六たび歌よみに与ふる書」は、例示は一旦おやすみして読者のQアンドA的な内容になります。 子規がいいたかった客観とは 子規はいきなり「生は客観的にのみ歌を詠めと申したる事は無之候」といいます。 「客観的に歌を詠めと言ったことはないし、客観に重きを置いて詠めともいったことはないけれども、まぁ強いていうなら客観に重きを置くという方が自分の意見に近いかなぁ・・・誰かが『

          2022.9.7(水) 正岡子規『歌よみに与ふる書』を読む⑤ ー内容と形式の一致 小さな嘘を大きくいうなー

          さて、「四たび歌よみに与ふる書」では、いくつかの実例を出しながら子規が良い歌悪い歌について解説しました。 続きの「五たび歌よみに与ふる書」では、「心あてに見し白雲は麓にて思はぬ空に晴るる不尽の嶺」の批評からはじまります。 心あてに見し白雲は麓にて思はぬ空に晴るる不尽の嶺の歌のダメなところ 子規は章題のこの歌について「面白き歌と一時は思ひしが、今見れば拙き歌に有之候」といいます。どこが不満なのかというと。まず雲がかかるのは、よくよく考えてみれば半分ぐらいの高さまでで、「麓

          2022.8.22(月) 正岡子規『歌よみに与ふる書』を読む④ ー理屈を離れるー

          歌(短歌)について批評をここまで並べてきた子規ですが、「四たび歌よみに与ふる書」では「空論ばかりにては傍人に解しがたく、実例につきて評せよとの御言葉御尤と存候」と持論だけではなくその根拠となる作品を示していきます。 読者に過激なことを言いながらも、読者からの反論を代弁し、なだめるように答えを示していく書き振りは子規ひとりでディベートをやっているかのようです。 もちろん実例を示しても反論が出てくるのは当然なのでここで示されていないような例があれば「御思ひあたりの歌ども御知ら

          オータムナル収穫にむけて

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          2022.8.22(月) 正岡子規『歌よみに与ふる書』を読む③

          ここまで『歌よみに与ふる書』を読んできて子規はすごいと改めて実感しています。文章の巧みさというか狙いがはっきりしていて一行目を読んだら最後まで飽きのこない文章になっています。 子規の文章の一行目はラジオパーソナリティーのように、とても過激な一行のために目が釘付けになってしまいます。 それは「三たび歌よみに与ふる書」でも同じです。 子規は歌よみに与えるといいながら、歌よみをいきなり批判します。 このように結論を最初に言ってから、理由をつらつらと書くのが子規のスタイルのよ