人と地域を元気にする地産地消の給食改革!【第1弾=岡山県笠岡市②】

地産地消で病院食が美味しい!②

【この連載について】
この連載は、総務省地域力創造アドバイザー/食環境ジャーナリストの金丸弘美さんが、地産地消の給食に取り組む日本全国の画期的な事例を取材したルポルタージュです。
第1弾は、岡山県笠岡市の医療法人緑十字会笠岡中央病院で取り組む給食を
全4回でまとめていきます。
第1回  /  第3回(10月30日UP)  /  第4回(11月6日UP)

もっとみる

産学連携で開講!地域の学生と社会人が共に学ぶ、第5回プレゼンテーション講座を開講しました。

はじめに

地方は都会に比べて人材不足が深刻です。課題は日々増えますが、解決に向けて動ける人材はごくわずかです。

「なんとかしなければいけない」

そんな想いから久留米工業大学と株式会社サンカクキカクで話し合いを重ねて、学生も社会人も分け隔てることはせず、地域で課題解決人材を育てるプログラムを作りました。

それが『地域連携I』という取り組みです。

10/21(水)には、第5回目となる「プレゼ

もっとみる
よろしければシェアも宜しくお願いします!
8

「地域活性化・創生」浦幌町の食材、何があるの?

こんにちは!Kです!
世間は4連休ですが、皆さんは以下がお過ごしですか?
僕は買い物に行ったり、友達の新規事業?出店計画を立てたりしています( ´∀`)

さて、今日は浦幌の食についてです!
どんな食材には何があって、どのように活かせかについて
考えておりますが、その入り口、網羅の考え方について
簡単に書きたいと思います。

食・食材と言っても色んなもの、「要素」があると思いますし
それぞれ、「ア

もっとみる
好き嬉しいです!:)

#8 地域の人々の「やってみたい」を実現する場所づくり②【岩手県洋野町/松田直美さん】

読んでいただきありがとうございます!

松田さんのインタビュー記事後編です!!
洋野町の人がもっとやってみたいことにチャレンジしてほしい!と考えた松田さん。
それを実現できる場所として「hironoba」を作ります!
松田さんの想い、hironobaのこれからについて感じていただきたいと思います😊

それでは~~~Let's talk!!!

hironobaのイメージは??

カフェとしてオー

もっとみる

「地域活性化・創生」新しい教育とはなんぞや・・

こんにちは!
東京は急に雨だったり落ち着かない天気ですが、
皆さんのところはどうでしょうか?

今日は昨日の続き、教育について一人ぼやきをしたいと思います…(´・ω・`)
新しい教育ってなんぞや?というところですね。
どんな要素があったら、どんな形だったら、どんな内容だったら
新しい教育になるのでしょうか。

形?、場所?、実施方法?
教える人?その教えを受ける人?
発信者と内容?シェアする人と内

もっとみる
僕も読みに行きますねー!
3

井戸端コミュニティの復活を!

物事を決める手続きとして、どんな組織にも会議(かいぎ)があります。組織によっては、形骸化している会議もあれば、組織や事業の活性化に大いに機能を発揮している会議もあると思います。皆様が所属する企業・団体等で行われている会議は、どうでしょう。充分に機能していますか。組織の活力の源泉になっていますか。

 昔の日本には、井戸があり、主婦の方々が井戸端に集まって「井戸端会議」が日常的な、主婦の交流や情報交

もっとみる
嬉しいです!
4

人と地域を元気にする地産地消の給食改革!【第1弾=岡山県笠岡市①】

地産地消で病院食が美味しい!①

【この連載について】
この連載は、総務省地域力創造アドバイザー/食環境ジャーナリストの金丸弘美さんが、地産地消の給食に取り組む日本全国の画期的な事例を取材したルポルタージュです。
第1弾は、岡山県笠岡市の医療法人緑十字会笠岡中央病院で取り組む給食を
全4回でまとめていきます。
  第2回     第3回(10月30日UP) 第4回(11月6日UP)

▼毎月

もっとみる
ありがとうございます。
3

#6 海と共に生きる、地域の未来をつくる③【岩手県洋野町/眞下美紀子さん】

さて!眞下さんへのインタビューもついに最終回です😢

洋野町さまざまな活動をしている眞下さん!
眞下さんが感じている課題や、これから挑戦したいことは??

それでは~~~Let's talk!!!

「北三陸ファクトリー」と「ひろの屋」とは!?

ひろの屋HP:http://hirono-ya.com/

元々、北三陸ファクトリーはひろの屋の1ブランドだった!
→ひろの屋が新しい水産のかたち・地

もっとみる

「今、羽ばたいてんねん」キラキラ輝く69歳の小田静男さんってどんな人??

今回の記事のテーマ

「御杖村をもっと良くしたい」という熱い思いで活動をしている小田静男さん。いったいどんなことをしているのか聞いてきました!
※静男さんが活動されていることは非常に多く、記事は2113字あります
 パワフルな静男さんをぜひ、感じてみてください!

インタビュアー紹介

小田静男さん(68)
・双美屋自動車の社長
・村おこし団体「こおちく社中」のメンバー

①村おこしを始めたきっか

もっとみる
スキありがとうございます!
18

地域情報サイト「nerimakko」を作ったきっかけを話します。

2017年夏にオープンした、今や練馬区民にお馴染みの情報サイトですが、私が会社を辞めフリーランスになったきっかけである練馬区地域情報サイト「nerimakko」を作ったきっかけを初めてネット上で話そうと思います。

練馬区地域情報サイト「nerimakko」とは?

練馬区の女子的情報マガジン☆若者~ママ世代へイベントや美味しいお店、おしゃれなお店をレポートやインタビューで紹介!練馬区で活躍するグ

もっとみる