医療通訳

医療通訳について

二十年ほど前、私の父はボストンで心臓発作を起こして入院後一ヶ月ほどでなくなりました。その時の強烈な経験は私が医療に興味を持ったきっかけとなりました。

私は数年後ちょっとしたコースを受けてmedical transcriptionist (医療トランスクライバー?)になりました。ドクターが口述した患者記録の音声を聴いてそれを文字に起こすと言う仕事です。

さらに何年も後、お友達になった人はスペイン

もっとみる

ワーホリさんは必ず保険に入るべき

ほとんどの国が、ワーホリの人たちに保険の加入を義務付けていると思います。
大病を患うことも大怪我をすることも、よくあることではないので、この保険料をケチる友人を何人も見ました。
結論から言います。
治療・救護は無制限のものに入ってください。

ここで私がカナダでの生活中に病院にお世話になった話をしたいと思います。

そもそも私は、渡航前からある厄介な病気を抱えていました。
便宜上病気と言いましたが

もっとみる
励みになります♡
8

高血圧・不整脈編(動画7)

こんにちは、礼以子です。

今日のトピックは循環器です。このエピソードでは、インターンのサラを追って病院へ移民捜査官のエージェントが現れ、皆でサラをかくまうべく奔走します。サラは手術中だと嘘をつき、エージェントをベイリーの部屋で待たせているという場面での対話です。まずは動画をどうぞ。

全訳

Bailey: Stomach trouble? 
胃の調子が悪いんですか?

Officer: Alw

もっとみる

多胎児編(動画16:産婦人科)

こんにちは。毎日とんでもない暑さですが、stay hydrated していますか?

「めちゃくちゃ暑い!」と言いたいとき、”It's very hot." だけでは寂しいですよね。例えばこんな言い方があります。

It's burning hot. 燃えるようにあつい

It's deadly. (暑いね、に対して)致死的だ 

It's brutal.  猛烈だ/残酷だ 

This is i

もっとみる

自発性〇ーガズム編(動画23:問診)

こんにちは。覗いてくださりありがとうございます!

動画解説記事2本目は、UPしたての動画#23 自発性〇―ガズム(伏せ字の意味ほぼ無し)に悩まされている女性に対し、産婦人科医のアディソンとインターンのイジーとジョージが問診を行う風景です。まずは動画をどうぞ。

全訳

Addison: Spontaneous ograsms... are you sure? 
自発性オーガズム・・・ほんとに?

もっとみる

『医療通訳』使う?使わない?

『医療通訳』を使うか?使わないか?
私の住んでいる国は医師は英語での診察が可能です。
患者側が英語での診察でも構わないという事ならば、英語で診察が行われます。

アジア諸国は日本もそうですが、それぞれの国の言葉があります。日本語、中国語、韓国語、ベトナム語、タイ語、ラオス語、ミャンマー語、マレー語、インドネシア語etc.....

日本にもその国の言葉を話せる日本人や日本語を話せる各国の人が『医療

もっとみる
ありがとう😊ございます
2

医療英語を話すひと

こんにちは、覗いてくださりありがとうございます。メディカリンガール!の中の人、礼以子(れいこ)です。

私と英語、そして医療との付き合いについて少しお話したいと思います。

動画やnoteをご覧頂いている皆様の中にも作者は一体何者なのか?と思われている方もいらっしゃるかと思いますので。

経歴

高校卒業まで普通に日本で生まれ育ちました。高校卒業と同時に単身渡米し、短大から4年制の州立大学へ編入、

もっとみる

頭痛編(動画3: 脳神経外科・神経内科)

こんにちは!覗いてくださりありがとうございます。

記念すべき一つ目の記事は、グレアナの登場人物のなかでも個人的に好きな脳神経外科医 アミリア・シェパードのクリップ(動画3 S14E3)の解説記事です。激しい頭痛を訴える十代の男性を診察するシーンより。

まず全訳、その後にキーポイントを細かく解説していきます。それぞれのポイントで沢山の例文をぶっこみながら行きますね!

注意すべき発音については最

もっとみる

今後に向けてCovid-19対策

医療現場での経験

私は医療や健康にも興味があり、マンハッタンのデンタルオフィスで4年間働いていました。海外生活で特に日本との違いを感じたのは「医療制度」です。生活の中で欠かすことの出来ない私たちの健康。

アメリカは最先端の医療や研究が進んでいますが、
医療費は非常に高額です。

保険証を持参すれば当たり前に医療が受けられる国ではありません。そんなシステムもきちんと勉強してみたい。デンタルオフィ

もっとみる
Have a nice day!
4

医療通訳ってなに?

異国の地で病気や怪我に見舞われた時、あなたならどうするだろうか。誰かに助けを求めたり、救急車を呼んだり、いかなる措置を取るにしても立ちはだかるのが言語の壁だ。

たまたまその国の公用語に精通していたり、手を差し伸べてくれる現地の知人がいれば話は別だが、このようなダイレクトに生命に関わる問題を運任せで済ませる訳にはいかない。そこで必要とされる役職が「医療通訳」だ。

外務省勤務時代に、100カ国以上

もっとみる
スキありがとうございます!
21