「名言との対話」 8月25日。朝比奈宗源「雑念や妄想はなくならない。なくならないものをなくそうとするからまたひとつ煩悩になる」

朝比奈 宗源(あさひな そうげん、1891年(明治24年)1月9日 - 1979年(昭和54年)8月25日)は、臨済宗の禅僧。

京都妙心寺などで修行し、鎌倉浄智寺住持をへて、1942年円覚寺貫主となり。1945年には円覚寺派管長となる。1963年賀川豊彦、尾崎行雄らと世界連邦日本仏教徒協議会を結成し会長となった。1979年、88歳で死去。

朝比奈源と向き合うことになり、 中国の偉大な禅者・臨済

もっとみる

【おすすめ見所】さらりと巡る東京近郊の国宝建造物

先日は、全国の国宝建造物を訪問して制覇する夢を語らせていただきました。

国宝建造物は全国に227件あります。時間を掛ければ(一生涯かけてとか)全部巡れそうではあるものの、「でも、なかなか時間取れないよな~」というのが実情です。

そういう時は、手っ取り早く首都圏の国宝建造物を巡ってみるのがよいでしょう。まず首都圏を制覇することで次なるステップが見えてくるはずです。

その件数、たったの4件(東京

もっとみる
ありがとうございす!とても嬉しいです!
7

将来に迷って老師と話した日、わたしはサンダルを手放した

※予定表どおりならば「岸田奈美のちょっと言えない話(仮題)」を先にnoteで書く予定でしたが、編集スケジュールの都合上、順番を入れ替えて公開します。

臨済宗円覚寺派 管長・横田南嶺老師にお招きいただき、Youtubeで対談させてもらうという、とんでもないことがありました。震えてしまう。

わたしが老師を前にしてもなお、無計画に喋り倒してしまったので、ぜんぶで五話もあるのです。

一話から三話まで

もっとみる
スキに圧倒的感謝
349

【そうだ北鎌倉、行こう。】北鎌倉紫陽花散歩 鎌倉五山第二位、円覚寺の境内散策 20.06.10 09:20

先週の極楽寺長谷の散歩に続いて再びの鎌倉。でも今回は北鎌倉。
古刹が並ぶ静寂の街。
関東地方も明日6月11日に梅雨入りの予報。そろそろ本気な紫陽花見物。

まだまだ県をまたいだ移動が奨励されない社会情勢。
明日から天気も崩れるらしいので、在宅ワークを有給休暇にして訪れた北鎌倉。
まずは鎌倉五山第二位、北鎌倉の駅前、円覚寺から参拝。

コロナ禍過ぎて訪れる場所はすべてが懐かしく、ありがたく思えてしま

もっとみる

自#091|取り敢えず、東洋大の印哲に行けと、昔は言ってました(自由note)

石原慎太郎さんのインタビュー記事を読みました。石原さんは、現在87歳。7年前に脳梗塞を起こして入院されています。一時期は、文字と云うものをすべて忘れてしまっていたそうです。今は、毎日「今日も無事に一日が過ぎた」と振り返り、就寝中に急死した友人のことを脳裏に描きながら「今晩あたり、寝ている間に死ぬかな」と、目を閉じるそうです。「こういう実感は、死線を越えた人間でなければ、味わえません」と、語っていま

もっとみる
65歳でも書き続けます。
3

お経に書いてあることがわかるようになってる自分にびっくりした。あとはひたすら信じる力をつけること。そう言われてる。

嬉しい〜♡
スキ❤️ありがとうございます❗️嬉しい…(感涙)