中華民国

第一章の続き 2つめ

10月18日。午前7時45分。弾道弾発射30分後 朝鮮半島38度線

 朝鮮人民軍の多くは徒歩で38度線を越えていた。今の文政権になってから親北融和路線に転じており、国境地帯の地雷や歩兵哨所であるGPが撤去されている、そのため韓国軍の防御陣地の多くは塹壕に土嚢の簡易陣地だ。
しかも今は、反撃は禁じられている。韓国軍の多くの将兵は命令に従い、武器や弾薬を持って退却を始めていた。
 朝鮮人民軍は、韓国

もっとみる

負け犬の遠吠え 満州事変6 いい国作ろう満州事変

1931年9月18日午後10時ごろ、満州の都市・奉天近郊の「柳条湖」付近にて、何者かによって満鉄の線路が爆破されました。(柳条湖事件)

この事故は「支那軍の仕業である」と発表され、関東軍は事故に驚いて兵営から出てきた支那兵を射殺し、軍事行動に移りました。

「支那軍によって満鉄本線が爆破された為、目下交戦中」

という前線からの電報を受けた関東軍司令官・本庄繁は「戦闘が終わった後は、国民革命軍の

もっとみる
ありがとうございます。地道にがんばります。

負け犬の遠吠え 満州事変5 関東軍の決断

1927年、北伐を進める蒋介石の国民革命軍は上海、南京を占領しましたが、南京に入場した国民革命軍は在留外国人(日本人も含む)に対して暴行・掠奪を働きました。

この「南京事件」の時の外務大臣は「幣原喜重郎」です。

彼は「協調外交」を重んじ、英米の砲艦が南京に報復攻撃を加えている中で「不干渉」を支持し、日本海軍は日本人居留民が襲われているのをただ見ている事しかできませんでした。

「協調外交」とは

もっとみる
ありがとうございます。地道にがんばります。
3

負け犬の遠吠え 満州事変4 張作霖よ何処へゆく

張作霖は遼東半島の海城市の貧しい家に生まれますが、14歳の時に実父を亡くしてからは継父とそりが合わず、家を出て満州地方へ行き、馬賊に身を投じました。

※馬賊とは、盗賊から村人を守る為に組織された騎馬隊の自衛団ですが、しばしば馬賊自身が盗賊として荒らし回る事もありました。

成長した張作霖はその中で頭目となり、アヘンの密売などを行っていましたが、日露戦争が勃発し満州が戦場になると、張作霖はロシア側

もっとみる
ありがとうございます。応援よろしくお願いします。

負け犬の遠吠え 満州事変3 中華民国という名の「まぼろし」

1914年、孫文は袁世凱の軍事力の前に歯が立たず、日本へ亡命しました。

抵抗勢力を蹴散らした「袁世凱」が大統領に就任し、「辛亥革命」は結局「清」の代わりに袁世凱の独裁政権が誕生しただけ、という結果に終わってしまったのです。

袁世凱は「中華民国をまとめ上げるには強権を振るうことが必要」と考えていたようですが、当時の国内世論は「議院内閣制」のような分権制を支持していました。

そして1915年、日

もっとみる
ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
2

台湾・中華民国

...青は民権主義と正義と空を、赤は民族主義と自由と独立、革命に身をささげた者たちの血を、白は民生主義と友愛と平等を、太陽の光芒は1年をめぐる12か月、時刻の12刻、干支の十二支、占星術における12宮を表わし国家の絶え間ない進歩を象徴するとされる。

...中華は"世界の中心で華やかに栄える国”を意味し、台湾は"外来者”を意味するとされる。

東アジアの東シナ海に位置し、一部、中華人民共和国と国境

もっとみる
ありがとうごっざいまっす!!めっちゃうれしいです!
2

第1章つづき

弾道弾発射10分前 台湾島の東300km太平洋

093B型2隻に12発ずつ搭載された対地巡航ミサイルは500kmを超える射程をもっており、台湾島から東に300kmの公海に展開していた。
2017年から運用開始した台湾軍P-3C対潜部隊の対潜網の中だったが、台湾軍はまだ発見できていない。だが、日本とアメリカはこの2隻の存在を掴んでいた。
093B型は「商型」とも呼ばれる。093B型は093型3タイ

もっとみる

第三次世界大戦(Crazy red dragon)

第1章「美麗島 その1」

航空自衛隊警戒航空団第603飛行隊に所属するE-2C早期警戒機は与那国島上空の日本領空内で警戒監視活動を行っていた。
主な監視対象は福建省にある中共軍航空基地であるが、無論それだけではない。機の背中に乗った巨大なレドーム内にはAN/APS-145と呼ばれる強力なレーダーが装備されており、戦闘機程の大きさの航空機であれば560km先まで探知可能だ。
その上、地上の車輛や海

もっとみる

30年を経て『河殤』を振り返る(2)

前回

「五四運動」の精神、即ち「徹底的非妥協の精神をもって“科学”と“民主”とを追求する」とは何を意味するのか、そしてなぜその精神は中国史上「初めて」なのか。

これを理解する為には、この対極にある“黄”、即ち「黄河の河道に溜まる泥砂のような旧文明の残滓」を理解する必要がある。

「五四運動」の直接的背景として説明されるのは以下である。
●辛亥革命後に皇帝となった袁世凱に代表される軍閥政治

もっとみる
スキありがとうございました。
2