不登校児の親

③家庭訪問のやり方を間違えると不登校が長引く

今回の記事は「②学校に行き始める子供たち」の続編です

意外と続いているので【不登校ネタ】マガジンにまとめています。

話が通じない学校は家庭訪問の仕方に注意!

いま、私の子供たち2人が不登校である。

息子は給食登校をしていて、

娘は一時期、学校の先生方にお迎えに来てもらって学校に行くようになった↓↓

けれど、

たまに娘が1日2日休んだ翌日に

「どうして昨日学校に来なかったの?ずっと待

もっとみる
感謝感激!!
6

プロフィール

みなさん、こんにちは。

ここへ来てくれてありがとう。

私には2人の子供が居て、2人とも不登校の経験があります。私自身は、強がったり頑張ったりするタイプではないので、そこまで深刻にならずに、割とのほほんと育児をしていました。

影では色んな本を読みまくり、検索しまくり、ブログ読んだり色々調べたりでしたが、勉強は新しい事を知れるので苦ではなく、むしろ、昔から好きだった心理学や哲学系の簡略した本を読

もっとみる
サンキュー!
5

長尾 瞳(LGBT龍画家)と申します。

noteを始めて2年。

とはいえ、無料ブログに浮気したりで記事数は少ないw

けれど、何故か居心地のいいnoteというプラットホームに戻ってきてしまうのも事実。

ならば、ここらで少しnoteもきちんと整えてみたくなり、今更ながらの自己紹介。

自己紹介になりそうな過去記事リンクもありますので、

よろしければ併せてお読みいただければ幸いです。

長尾 瞳

◆1981年7月2日生まれ。

◆埼

もっとみる
ありがとうございます♡(´˘`๑)
17

【我に還る(カエル)】note*不登校児を持つ保護者へ贈る〜心の保ち方 *前編

こんにちは。

ここに来てくれて、ありがとうこざいます。

私は、不登校児を持つ親が、どれだけ孤立して苦しんでいるのかを、TwitterなどのSNSやブログなどで観ると哀しくなります。

そんなに苦しまないで。

大丈夫だから。

今は辛いだろうけど大丈夫だから。

と、側で声を掛けたい。

私には、二人の子供が居て、二人とも不登校の経験があります。

自分の経験したことと、その間や後に沢山学んだ

もっとみる

不登校。一緒に休んで他の勉強しまっせ。

小5のおチビは去年春先にお友達と壮大な喧嘩して、不登校半年してました〜でもまあ今は楽しく復活!当時はそれはもう心配で先生とも話し合ったり相手のお子さんのことも聞いたりしたけど、どーにもなりようがないわ。むりむり。考えるだけムダ、暗っ!!辛気臭っ。

休むんなら有意義に別の人生勉強すればいっか!わたしも夜勤ちゃうしいける!仕事やーすもっ。都会に行こ!

てことでいつもながら謎のポジティブシンキング❤

もっとみる
ありがとー!気ままに書き連ねるからまた読んでっ!😆
11

不登校になった息子にトドがしたこと その①~息子への事情聴取~

現在中学2年生、5年生からの
息子の不登校 →行きたい学校見つけて通うままで綴っています

         ✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄
息子が学校へ行かないと毎朝
「〇年〇組の★★です。お世話になります
   今日も行けそうにないのでお休みします」
と学校へ電話をしなければならない

そして夕方決まって担任の先生から
「どうですかね?どんな感じですか?」

もっとみる
励みになります♪
7

海を見つめる日々〜死んでいった子たち

前回からの続きです。

その海のみえる病院は、10代から20代後半くらいまでの今で言う 不登校、引きこもり、発達障害の人が40人位は入院していました。私も、その中のひとりでした。いわば、異端者ばかりでした。誤解のないように言うと〇〇ヨットスクールとは関係ありません。

15歳で、今まで家から出たことのない私は 最初は寂しくて夜になるとありったけの10円玉を持ち、玄関にある公衆電話から母親に泣きなが

もっとみる
スキありがとうございます😊嬉しいな
1

海の見える病院へ〜15歳登校拒否といわれて

母に連れられて、自宅から3時間かけ ある病院を受診しました。

私は特に自分が学校が嫌いとは思ってはおらず、友達もいて、別段いじめにあっていたわけでもなく ただ「お腹が痛くなる」「人前に行くとガスが出そうで苦しくて恥ずかしい」それを治せるんだったらと思っていました。

Drと何を話したかは 全く覚えていないのですが、そのまま入院することになりました。学校に行けないなら入院するしかないと思ったからで

もっとみる
スキありがとうございます😊嬉しいな
4

はじめまして 私、臭いですか?

まるちゃんです。あまり、人がしない体験をしてきたのかとおもうので、私の体験がどなたかの役にたてばいいなぁと、ポツリポツリと書いていこうかと思っています。昭和40年代生まれのいわばバブル期を経験したアラフィフです。                       私は、子どものころ 両親、二つ違いの弟、祖母、身体障害者であった伯母の6人家族で育ちました。            

その頃には珍しく、母親

もっとみる
スキありがとうございます😊嬉しいな
11

「want to」でラクに目標達成できる!

他人に認められたいから、ああしたい、こうしたいと、私はすぐに自分の考えを他人に言っちゃうのかな・・・と思ってた。
しかし実は、こうすることで、自分で自分にプレッシャーをかけていたとは!

だから私は、不登校の下の子の担任の先生に、
「うちの子は、楽しんでる」とか「学校に関心がない」などと言って、私は心配してないってことを、自分に言い聞かせてたのだ(;^_^
 
これって、頑張る人がやりがちなことで

もっとみる
感謝です!
40