週間少年ジャンプ2020年35号 全作感想

・僕のヒーローアカデミア

総力戦。
芦戸ちゃんの「また皆で 授業受けるんだもんね!」が死亡フラグに見えるけど、大丈夫だよね……?
攻防の中で生徒たちの意図を汲んで協力するマウントレディはプロ感があって良いですね。

・Dr.STONE

千空は一応無事。でもしばらくリタイアかな。お嬢にできるのは応急処置レベルの対応の気がします。
最初の相棒だったのに存在が薄くなりがちだった大樹がここにきて目立っ

もっとみる
ありがとうございます!
1

最近読んだ漫画について【幻想グルメ】

どうも、ていぎです。

最近amazonの期間限定のコミックで幻想グルメという漫画を見つけました。
タイトル名から異世界を舞台にしたグルメ漫画と思い、私の好きそうなジャンルだったので読んでみました。
無料だったのは一巻のみでしたが、とりあえず読んでみてのざっくりとした概要は、異世界転生した主人公が異世界の食材を扱った料理に舌鼓を打つという内容でした。
最近、けっこう扱われている異世界もののグルメ漫

もっとみる

礼儀正しく意地悪に。(『女の園の星』の好きなところ)

こんにちは、返却期限です。

先日、和山やま先生の『女の園の星』がテレビで紹介されているのを見ました。

私が読んでいる感じと違うので、なるほど、そういう風に楽しむ層にもウケているんだなあ、と感じました。

作品の説明は他の人がたくさんやっていると思うので、省きます。
私がここに書きたいのは、個人的に「面白いなあ、巧みだなあ」と思ったところです。

(以下、ネタバレを含みます。)

第4話(「4時

もっとみる

【イエスタデイをうたって】気がついたら何もせずに数か月くらい経ってしまう「先延ばし族」な若者は、今日どう行動するか

何かをしようと決心しても、ズルズルと先延ばしにしてはいないだろうか。
特に、告白などの恋愛がらみのことに関して、延期を繰り返してしまうことに身に覚えがあるだろう。
気がついたら数か月、もしかしたら数年経過していた、なんてこともあるかもしれない。

「イエスタデイをうたって」は、そんな先延ばしをしてしまう人々の言動を描いている。
頭や心の中に自分の気持ちを抱えているものの、実際に行動に移すことは難し

もっとみる
ありがとうございます!スキって言われると、気になっちゃいますよね!
10

ママ友のリアルを書いた話

今話題になっている作品に、ママ友の裏表、リアルを書いた漫画がある。

 野原広子さんが描いた

 『消えたママ友』

 ママ友ならではの、様々なお話が入っている。

 その中でも一番印象に残った話は、いなくなったママ友の話だ。

 最後の結末にあたしは考える。

「わかる、わかるよ。何かがわかる。この世界に描かれている人の気持ちが分かる。ちょっと違う視点だけれど」

 あたしは、この漫画を読んで感

もっとみる

フィギュアスケート漫画『メダリスト』が面白い

アフタヌーンで連載中のスケート漫画『メダリスト』がめちゃくちゃ面白い!

親の言う事をきき、自分に自信がなかった少女いのりが初めて自分の意思でやりたいことを伝え、本気でフィギュアスケートを始める物語。

コーチの司先生は熱血で褒めて伸ばすタイプ。
主人公の母親が「あなたはダメな子」と言うヒステリックなタイプなので、萎縮するいのりと、彼女の才能とフィギュアスケートへの気持ちに気付き支える司先生が頼り

もっとみる
ありがとう!
7

7月に読んだマンガ

先日何かの拍子にコミックスの発売カレンダーを見たら、発売予定のタイトルが細かな文字で一面びっしり並んでいて、世の中本当にたくさんのマンガがあって、何百万部と売れる人気作でも読んだことのない作品がたくさんあるのに、それでさえほんの一握りなのだな、と、何だかとても切ない気持ちになったのでした。

零細マンガ家さんの苦労に思いを馳せると、コミックスを買う閾値を少し下げてもよいのではと思ったりもする。特に

もっとみる
ありがとうございます!
4

週刊少年ジャンプ2020年33号感想

・ONE PIECE

カイドウとマムがワンピースを目指すことを表明したことで、ここではおそらく決着はつかず、今後の争奪戦のライバルになるのかなという感じ。
オロチが死んだのはフェイクっぽい。悪魔の実のなんやかんやで生存かな。
”おでん”が新しい概念になってるのは笑う。

・Dr.STONE

狙撃してきた。相変わらずテンポが早い。千空は負傷かな。
彼不在でどこまでやれるか……みたいな流れになるの

もっとみる
ありがとうございます!
1

「SLAM DUNK」で一番好きな試合

豊玉戦です(異論は認めます)

その理由を説明するために、まずは僕のバスケ話にお付き合いください。

当時、姉も兄もバスケ部だったため、中学校に入ったら僕も自然とバスケ部に入ると決めていたのですが、顧問の先生がいないこと、そして僕らのひとつ上の先輩が3人しかいない(しかも練習に来ない)という状況だったため、バスケ部は廃部の危機に瀕していました。

しかし、僕ら一年生の代の入部希望者が9人も居たため

もっとみる
ありがとうございます。他の記事も読んで頂けると幸いです。
5

オタク、真・オタク向け漫画を読む

良すぎ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

一か月前くらいに買って仕事と銃バンバンゲームに忙殺されてたせいで積んでたもいもいスイスイを読みました。
良すぎ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

良すぎ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

マジで何の情報も得ずに表紙の明るさと絵柄、キャラデザとタイトルからわかるなんとなくの雰囲気だけで買ったけど(俺くらいのオタクに

もっとみる