プロダクトバックログ

明日試したいこと

すごくざっくりしたタイトルになってしまったが、若干ネタ切れ感もあるので明日試したいと思ってることを書いておく。

課題

プロダクトのロードマップを見える化するためにプロダクトバックログを作ったが、課題の優先順をどうやって決めるかというところで、明確な指標がないことに気付いた。

ということで、指標になりそうなものはないか調べたところ、以前調べたけど上手く使えなかった狩野モデルに行き当たった。

もっとみる
嬉しいです!
3

TECH:EXPERT【VScode】プルダウンメニューをマルチカーソルで効率よく書く【83日目】

【学習内容】

・プルダウンメニュー
・VScodeのマルチカーソル

現在、メルカリトップページ「カテゴリーから探す」のプルダウンのマークアップを行っており、ひとまず見た目だけ整える方向で開発を進めています。

①親カテゴリにマウスオーバー ⇒ 子カテゴリ出現
②子カテゴリにマウスオーバー ⇒ 孫カテゴリ出現

みたいな感じです。

これを実現するには「どの言語」の「どんな技術」を使うか、を考え

もっとみる

TECH::EXPERT【rails】ツリー構造(多階層構造)のカテゴリを作る【82日目】

【学習内容】

・階層型DBとは
・ancestryを使う
・seeds.rbの編集

【階層型DBとは】

DBは大きく3種類に分類されます。
①階層型データベース
②ネットワーク型データベース
③リレーショナル型データベース

今回は①について学習します。

①階層型データベース
名前の通りデータを階層型に格納する仕組みをもったDBです。

データはツリー構造で表し、ある1つのデータが他の複数

もっとみる

【チーム開発】いよいよ始まるよ【80日目】

ここ1週間はnote更新をお休みしておりました。

なにをしていたのかというとアニメ見たりサッカーを見たりしていた(つまり遊んでいた)のですが、基本的に読書は毎日続けていました。

読み進めていたRails本を読了した後、DB設計絡みの本を読んでいたのですが、読み物としてだいぶ面白くないということもあって見て見ぬフリをしていました。。

さて、明日からは最後の山場であるチーム開発が始まるのですが、

もっとみる

LeSS(Large Scale Scrum)の実践手引

Scrumは、基本的に1チームを前提に定義されています。Scrumを組織や会社全体(数十名~数千名規模)にスケールするには、ちょっとした工夫が必要です。私自身は、それぞれ60名、120名の組織でしか、LeSSを実践したことがありませんが、それでも「経験したことがある」ことは強みになると思います。ここではLeSSを実践するためのポイントと注意点をまとめました。

LeSS is Scrum !!

もっとみる

プロダクトバックログリファインメントの進め方

スクラムで、軽視されがちなプロダクトバックログリファインメント。このセレモニーは非常に重要です。よく、スクラムをはじめると、見通しが見えなくなる、中長期の計画がわかりづらい、などと言われることがありますが、そのようなケースはプロダクトバックログリファインメントを適切に行っていないケースが多いようです。

プロダクトバックログリファインメントの目的

 プロダクトバックログリファインメントの目的は、

もっとみる