ブッチャーズ

17夜の話

17夜の話

タイトル     kocorono    僕はずっと彼女の鷲鼻が好きだったのだけれど、本人はその賢そうな鼻を好きではなかったみたいだ。彼女のことは出会ったときからずっと好きだったけれど、彼女は1度も僕のことを好きだとは思ってなかった。さみしいことだが、感傷的な話をしたいわけではない。あのとき僕はひどく若くほとんどなにも分かっていなかった。自分が心の底から求めているものすら……。   祖母は東京でホステスをやっていたのと話す彼女は、たしかに目を引く美人であの冬、【魔の山】と

スキ
3
【吉村秀樹さんと僕】

【吉村秀樹さんと僕】

僕にとってブッチャーズの吉村秀樹さんはとても大切な人だ。同時代を生きている人の中で心から共感できたただひとりの人だからだ。 ブッチャーズのライブには何回か行った。いつでもそれは素晴らしかった。轟音なのに繊細な響きのギターサウンド。決してうまいとは言えない歌唱力。商業的には全く売れない悔しさを抱えながら、何かを伝えようとする誠実さは200%のバンド。まるで、現実の厳しさの前でもがく自分を見ているようだった。ライブで熱狂しながら、彼らを応援する自分。ブッチャーズを応援しているのか

スキ
6
Bloodthirsty Buchers「デストロイヤー」
再生

Bloodthirsty Buchers「デストロイヤー」

2013年5月27日の吉村秀樹さんの急逝により自然消滅してしまったブッチャーズ。この曲は最後のアルバムの代表的な1曲です。僕らはもうブッチャーズの新曲を聴くことができないのです。

スキ
3
Bloodthirsty Buchers「Banging the Drum」
再生

Bloodthirsty Buchers「Banging the Drum」

ブッチャーズのアルバム「Banging the Drum」のタイトル曲。ライブハウスでの演奏は、曲の後半になるほどにパワフルさを増していきます。素晴らしい演奏です。

スキ
3
Bloodthirsty Buchers「Yeah#1」
再生

Bloodthirsty Buchers「Yeah#1」

ブッチャーズのアルバム「ギタリストを殺さないで」のオープニングを飾る1曲。吉村秀樹と田渕ひさ子のツインギターという最強タッグの時代の演奏です。素晴らしいです。

スキ
2
Bloodthirsty Buchers「Story」
再生

Bloodthirsty Buchers「Story」

ブッチャーズのアルバム「ギタリストを殺さないで」に収められている名曲。轟音なのに、ギターのサウンドが切ない。ちなみに、ジャケットの絵は画家の奈良美智さんの作品です。

スキ
2
BloodthirstyButchers「ジャックニコルソン」
再生

BloodthirstyButchers「ジャックニコルソン」

この動画に描かれている「めがね男」。きっと共感する人がいると思います。がんばれサラリーマン。

スキ
3
bloodthirsty butchers の『kocorono』を聴いてみた編

bloodthirsty butchers の『kocorono』を聴いてみた編

こんばんは、内山結愛です。 今回は bloodthirsty butchers の『kocorono』を聴いてみた編をお届けします。 轟音ギターと表現力豊かなベース、躍動感のあるドラム、どこか不器用げな歌声が心惹きつけて離さない。 感情を大きく揺さぶり、ノスタルジーに胸を掻きむしられるようなアルバムです。 是非読んでみて、聴いてみてください! 1. 2月/February:親愛なるアレックスさんへ 晴れてる日曜日みたいなイントロ。頼もしさがある。温かいアコギの音。何

スキ
81
「七月」

「七月」

  七月になりました。七月,夏。私だけでなく,誰しもたくさんの,様々な思い出があるかと思います。七月になると,私はいつもある曲を思い出し,たびたびその曲を聴き,もの思いにふけります。  その曲は,Bloodthirthty butchers の「七月」という曲です。  はじめて聴いたのは,中学生の頃だったでしょうか。当時アジカンに衝撃を受け,はまりにはまり,音楽というもの自体のことが大好きになった私は,アジカンのボーカルのゴッチ(後藤正文)が影響を受けたと言っている(wi

スキ
2
#30Daysong challenge Day25~26

#30Daysong challenge Day25~26

オサボリしてしまった昨日分も共に。。。本当によく無いな。 少しずつ息抜きで呑みに行く事を再会し始めたけど、、次の日後ろめたさみたいなものしかない。禁煙も失敗。 昨日1日最低な過ごし方をした分今日は最高の日にしてやる。。。 バーのオーナーが「酒と映画と旅はひとり」って言っててそうだなぁと思った。 Day25 早くに亡くなったアーティストの好きな曲 襟がゆれてる。 / bloodthirsty butchers  伝説。吉村秀樹。昔のおらはあまりこういう曲を聴かなかっ