三銃士

アレクサンドル・デュマ 1844

貧しい田舎貴族の青年「ダルタニアン」は、同郷の銃士隊長を頼ってパリに出て、銃士隊に入ることを夢見ている。銃士隊の名物隊士「アトス」「ポルトス」「アラミス」の三銃士と些細なことで争いになり、決闘することになる。決闘を禁じる宰相「リシュリュー」の命令に従って護騎士隊が彼らを逮捕しようとするが、三銃士とダルタニアンは護騎士隊を撃退し、四人は友情を誓い合う。ダルタニアン

もっとみる
嬉しい限りです。🙂
12