フェチズム

『死神の右手』

彼女の右手に恋をした。
その真白い指が首に触れると、
あまりの冷たさに身を固めた。

ねぇ、私を愛してくれる?

勿論さ、と嘯く俺は
彼女の目を見れないから
その右手に恋をしたのだ。

彼女と何かやり取りをする度
ほんのちょっと触れた右手に、
鼓動が速くなる。

精緻な石膏細工を思わせるその手は、
雪の様に柔らかく
溶けてしまいそうだった。

冷たいはずのその手から、
熱をもらってしまった様で、

もっとみる
コッコォォーーー
4

人妻・熟女専門ライブチャットの「CHATPIA(チャットピア)」事務局が
今まで誰も明かさなかったライブチャットの裏側を毎週お届けします。

今回の目玉は「現役チャットレディたちが語った珠玉のチャットエピソードを紹介」

\\毎週金曜日更新//

***
こんにちは。CHATPIA事務局のザキです。

このラジオは現在トークイベント「アナタの知らない人妻ライブチャットの世界2」までの軌跡を追うドキ

もっとみる
ありがとうございます!ひ妻ぶし!

質問返し

来たことないです。自撮りを上げてることと既に坊主だから来ないのではないでしょうか。
漫画の内容で明白なのですが起承転結は愚か会話は支離滅裂、自分しかわからない文章を他人が共有できると思って作品を発表してる時点で常人だと思われてない説もあります。
変なお題箱は割と貰います。
変差値上げていこう☆~(ゝ。∂)

新規の質問はこちらから

https://zabuu.site/user/detail/1

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
1

そして私は友人に怒られる

体重が減った。

想像していたよりも がくん、と。 すっきりする為に入ったお風呂から出て、私の血の気が引いていく。 両脚を乗せた体重計には久しぶりに見る数字が表示されていて、私の脳裏に怒る友人の姿が浮かんだ。 やってしまった、これこそ油断だ。 3日間3食ラーメンを食べ続けたら、少しは戻るだろうか? それともジャンクフード? 焼肉? どれも胃にダメージを与えるだけで、あまり役に立たない気がする。 悲

もっとみる
わたしもすきです。
15

私の考えるフェチズムとパラフィリア

どうも、みなさま、こんばんわ。
藤紗です。
今日も変態創作が頭の中にてんこ盛りです。
でも、私は今眠い。
やらなきゃいけないことばかり増えて。
でも、やる気だけは起きない。
本当に、傍に人がいた方がなぜかやれる。
そんな感じ。
こういう時に、ぜひ、傍にいてくれるだけの人が欲しい。そんな夜。
私は考えたりする。
でもなにを?
先ほど、売り子のことについて考えたけれと。
まだなにか、考えたりない。

もっとみる
大好きです。
3

あなたが優しいのは、私がアジア人女性だからですか

ベルリンの街を一人で足早に歩いていたら、知らない男の人にドイツ語で話しかけられた。

ドイツ語話せません、すみません、と断ると、

「英語なら話せますか?」

という。

私は東京にいた時も、シドニーにいた時も、そしてベルリンにいる今でもよく道を聞かれる。また道を聞かれるのかな、と思いスマホを握りしめる。

男は恥ずかしそうに目を逸らしながら話す。

「実は…なんて言ったらいいのかな。つまり……、

もっとみる

人生を切り売りするからにはそれなりの話をする

わたくしはアラフィフですがある意味変態です。変質者ではありません。
そういうお店でしか変態な部分は出しません。

どんな変態なのかと言うとラバーフェチです。ラバーフェチというのはゴム製の服を着て、シリコンで作られた液体を塗って、人とヌルヌルすることで興奮するフェチズムで、阿呆な女が「くるぶしフェチなんですぅ❤」とか言っておきながら、くるぶしで性的興奮はしない、というやつではありません。フェチズムの

もっとみる
沖縄では服を着たまま泳ぐべし
1

【ほぼ日妄言】《匂いフェチと身体とフィクション?》

かなり纏まってない。

匂いフェチなる趣向の人々の存在は多種多様なフェチズムを自己表明する現代そんなに珍しい話でもなくなった。

ここで生殖判断における「匂い」の言説がある。
『主観的に嫌悪感のある匂いの体は遺伝子が近く、好意的な匂いは優良な生殖対象である。』
という常套的説だ。

つまり僕は「匂いフェチ」は「生殖本能」なのか、ということを考えたい。

で、匂いと身体の話である。

現代の人々は大

もっとみる

「うなじ」で選ぶ。おススメ映画2選

あなたはどうやって観たい映画を選ぶだろう。

好きな監督、俳優や女優。もしくは、原作やジャンルなどで選ぶことが多いとは思うが、うなじで映画を選んでしまったことはないだろうか?

きれいな うなじで 飯がうまい

「うなぎ」ではない、「うなじ」である。

どうして綺麗な顔は見惚れないのに、綺麗なうなじは見惚れてしまうのだろう。

人はそれを「フェチズム」と呼ぶが、誰しもそんな一面あるでしょう?

もっとみる